研究所・研究センター一覧

長崎大学原爆後障害医療研究所

Atomic Bomb Disease Institute, Nagasaki University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
宮﨑 泰司
Miyazaki, Yasushi
キーワード
放射線影響学、被ばく医療、ゲノム学、腫瘍学
住所
〒852-8523
長崎県長崎市坂本1丁目12-4
放射線健康リスク学、被ばく医療学確立を目指して

「原爆後障害医療研究施設(原研)」は昭和37年に「原爆被爆者の後障害の治療並びに発症予防、及び放射線の人体への影響に関する総合的基礎研究」を目的として設置されました。以後長崎は勿論のこと、1990年代からはチェルノブイリ・カザフスタン、2011年からは福島に活動の場を広げ、平成25年には社会の要請に沿った研究教育活動の推進を目指して「長崎大学原爆後障害医療研究所」へと改組しました。本研究所はミッションを「国内外の大学・研究機関との連携の下、放射線健康リスク管理学を中心とした被ばく医療学を推進し、人類の安全・安心を担う専門家を輩出する」と再定義し、疫学的研究、個体・細胞レベルから分子レベルまで様々なレベルで放射線の影響と障害発生機序解明の研究を展開し、被ばく者の国際的調査や医療協力を推進しつつ放射線影響に関する総合研究施設として活動しています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


原研研究所の拠点

当研究所では、放射線にともなう様々な社会的、医学的問題に取り組むため各所に研究所の拠点を設置し、人員を配置しています。これまでにベラルーシ共和国、福島県川内村、福島県富岡町に拠点を設置すると共に、ウクライナにプロジェクトサイトを、フランス原子力防護評価研究所に交流支援室を設けました。これらを利用して現地の人々と直接の接点を持ちつつ、社会医学的、疫学的、医学的研究と現地の支援を続けています。特に福島県における拠点では避難住民の帰還をサポートしつつ、復興支援活動を行っています。

社会との連携


福島復興支援

福島原発事故後は、いち早く現場に入り、緊急被ばく医療支援、放射線クライシスコミュニケーションに努めてきました。現在は復興期に入っていますが、長崎大からの4名が福島県立医科大学で教員として勤務し、放射線教育・研究に従事しています。また、前述のように全村避難から帰村宣言をした川内村に拠点を置き、教員を1名常駐させ、きめ細かな対応で帰村を促進しています。

放射線健康リスク学、被ばく医療学推進

放射線、特に低線量慢性被ばく・内部被ばくの健康影響は、福島原発事故以来、国民の関心を集め、かつ放射線に対する不安の元凶の1つとなっています。「放射線を正しく怖がる」ことができる放射線健康リスク学、ヒバクシャにきめ細やかな対応をする被ばく医療学を推進するため、社会医学から基礎研究にわたる広範な研究分野から情報を発信しています。また、福島県立医科大学とともに災害・被ばく医療科学共同専攻大学院を立ちあげ、この分野の人材育成に取り組んでいます。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80