研究所・研究センター一覧

東北大学東北アジア研究センター

Center for Northeast Asian Studies, Tohoku University
  • 第3部会

研究所・センターの概要


センター長
高倉 浩樹
Takakura, Hiroki
キーワード
東北アジア地域研究、文理連携、自然史、歴史文化、国際関係、 環境資源、応用・社会連携
住所
〒980-8576
宮城県仙台市青葉区川内41

東北アジア研究センターは、従来の東アジアと北アジア地域を併せた新たな地域概念としての東北アジア地域を対象とする研究機関として、1996年、東北大学に設置されました。20世紀末以後、東アジアの中国、朝鮮、日本と北アジアのモンゴル、ロシアのシベリア、極東の関係はますます密接なものとなり、地域の文化・社会・経済・資源・環境等のさまざまな問題が共有されるようになりました。今我々には、東北アジアを枠組みとして、歴史的・現代的視点から、自然科学と人文社会科学の手法を駆使した文理諸分野連携の態勢により研究することが求められています。本センターは、東北アジア地域の諸問題を学際的・国際的な共同研究により推進し、その成果を地域社会に還元していくことを目的としています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


環境と資源に関わるネットワーク型プロジェクトを人間文化研究機構との連携のもとに開始しました。2016年12月3−4日には、国際シンポジウム「北東アジアの環境:文化的認識と政策的関与」を行い、文化人類学と環境政策の観点から環境破壊における文化の役割、エネルギー問題と環境政策、環境保全のための国際的仕組み作りに関する議論を行いました。このことを通してこの問題に関する国内研究者とイギリスや中国・韓国の研究者と議論を行い、今後国際的に取り組むべき課題を検討しました(写真1)。また所内の個別研究の成果としては『スターリンとモンゴル:1931−1946』(寺山恭輔、みすず書房、写真2)、『地中レーダーを応用した遺跡調査』(佐藤源之ほか編、東北大学出版会)など市販学術書5点、『オイラート文語三種統合辞典』(栗林均編)などの非売品学術書を7点刊行しました。

写真1

写真1

写真2

写真2

社会との連携


東北アジア研究センターには上廣倫理財団による寄付による研究部門が設置されており、災害対応を含めた歴史資料保全活動を行っている。歴史資料学セミナーや歴史産業活性化プロジェクト、古文書講座等を行っている。これに関して宮城県利府町郷土資料館で企画展「村絵図からみた利府の歴史」などを開催するなど、地域社会と密着した活動を行っている(写真3)。また資源環境科学分野は、地中レーダー技術を応用した東日本大震災津波被災者の捜索活動を岩手県・宮城県・福島県の各県警に協力する形で行っている(写真4)。

写真3

写真4

写真4

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80