研究所・研究センター一覧

東北大学東北アジア研究センター

Center for Northeast Asian Studies, Tohoku University
  • 第3部会

研究所・センターの概要


センター長
高倉 浩樹
Takakura, Hiroki
キーワード
東北アジア地域研究、文理連携、自然史、歴史文化、国際関係、環境資源、応用・社会連携
住所
〒980-8576
宮城県仙台市青葉区川内41

東北アジア研究センターは、従来の東アジアと北アジア地域を併せた新たな地域概念としての東北アジア地域を対象とする研究機関として、1996年、東北大学に設置されました。20世紀末以後、東アジアの中国、朝鮮半島、日本と北アジアのモンゴル、ロシアのシベリアや極東の関係はますます密接なものとなり、地域の文化・社会・経済・資源・環境等のさまざまな問題が共有されるようになりました。今我々には、東北アジアを枠組みとして、歴史的・現代的視点から、自然科学と人文社会科学の手法を駆使した文理諸分野連携の態勢により研究することが求められています。本センターは、東北アジア地域の諸問題を学際的・国際的な共同研究により推進し、その成果を地域社会に還元していくことを目的としています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


自然科学の知見を生かした新しい地域研究の成果が出ました。例えば、ロシア・シベリア分野の高倉浩樹教授(社会人類学)は、地理学や水文生態学らの専門家と共同で、北極域永久凍土地域の自然環境と人類文化史500年史を解明するとともに、現在の地球温暖化が過去にない早さで生態系と地域社会に影響を与えていることを明らかにしました(Anthropolocene, 18)。また地域生態学分野の千葉聡教授の学術図書『歌うカタツムリ:進化とらせんの物語』(単著、岩波書店、写真1)が第71回毎日出版文化賞自然科学部門を受賞しました。これはカタツムリ研究を素材に、生物進化研究史を振り返るもので、ローカルな地域生態系研究がグローバル生態系理解に寄与することを提起しました。所内の共同研究の成果としては『越境者の人類学:家族誌・個人誌からのアプローチ』(瀬川昌久編、古今書院、写真2)など市販学術書5点、『ブロニスワフ・ピウスツキのサハリン民族誌』(井上紘一編)などの学術書(非売品)を3点刊行しました。

写真1

写真1

写真2

写真2

社会との連携


学際災害研究の進展が見られました。東北アジア研究センターに設置された上廣倫理財団による寄附研究部門の第二期(2017-2021年度)活動が始まり(写真3)、歴史資料保全活動及び古文書講座などを行っています。これに関わり東北大学・人間文化研究機構・神戸大学の間で始まった歴史文化資料保全ネットワーク活動に参画しています。また指定国立大学東北大学災害科学研究拠点事業に災害人文学分野としてセンター内の歴史学・文化人類学・宗教学分野研究者が関与しています。2018年2月には「震災復興における民俗芸能の役割と継承」シンポジウムを開催しました(写真4)。

写真3

写真3

写真4

写真4

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80