研究所・研究センター一覧

東北大学東北アジア研究センター

Center for Northeast Asian Studies, Tohoku University
  • 第3部会

研究所・センターの概要


センター長
岡 洋樹
Oka, Hiroki
キーワード
東北アジア、地域研究、文理連携
住所
〒980-8576
宮城県仙台市青葉区川内41

東北アジア研究センターは、従来の東アジアと北アジア地域を併せた新たな地域概念としての東北アジア地域を対象とする研究機関として、1996年、東北大学に設置されました。20世紀末以後、東アジアの中国、朝鮮、日本と北アジアのモンゴル、ロシアのシベリア、極東の関係はますます密接なものとなり、地域の文化・社会・経済・資源・環境等のさまざまな問題が共有されるようになりました。今我々には、東北アジアを枠組みとして、歴史的・現代的視点から、自然科学と人文社会科学の手法を駆使した文理諸分野連携の態勢により研究することが求められています。本センターは、東北アジア地域の諸問題を学際的・国際的な共同研究により推進し、その成果を地域社会に還元していくことを目的としています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


平成27年度の成果のひとつとして、二つのデータベースの公開を挙げることができます。一つは、特定領域研究やアジア・アフリカ基盤形成事業などで進めてきた研究の成果として、「出版文化資料データベース研究ユニット」(磯部彰教授代表)が公開した「東アジア出版文化研究資料画像データベース」で、東アジアで出版された貴重な宴席資料を画像で見ることができます。もう一つは東日本大震災の被災地域における民族芸能・祭礼・生業などの文化遺産の継承を目指した「災害と値域文化遺産に関わる応用人文学研究ユニット」(高倉浩樹教授代表)が構築、公開したデータベース形式の民族誌「みやしんぶんDATABASE」です。また「東北アジア言語文化遺産研究ユニット」(栗林均教授代表)では、モンゴル語と満洲語を主とする「言語資料検索システム」を構築、ネット上で公開しました。

Fig14_02 Fig14_01

社会との連携


「減災をめざした電波科学ユニット」(佐藤源之教授代表)では、東日本大震災被災地の高台移転予定地域などで行われる遺跡調査における地中レーダ技術を活用した非開削手法の導入による調査の効率化を目指した研究や、被災地域での遺留品の捜索などの活動を行っています。これに対し、福島県警察本部、仙台東警察署などから感謝状が贈られています。

福島県警からの感謝状贈呈

福島県警からの感謝状贈呈

地中レーダによる被災地での遺留品捜索

地中レーダによる被災地での遺留品捜索

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80