研究所・研究センター一覧

東北大学東北アジア研究センター

Center for Northeast Asian Studies, Tohoku University
  • 第3部会

研究所・センターの概要


センター長
高倉 浩樹
Takakura, Hiroki
キーワード
東北アジア地域研究、文理連携、自然史、歴史文化、国際関係、環境資源、応用・社会連携
住所
〒980-8576
宮城県仙台市青葉区川内41

東北アジア研究センターは、従来の東アジアと北アジア地域を併せた新たな地域概念としての東北アジア地域を対象とする研究機関として、1996年、東北大学に設置されました。20世紀末以後、東アジアの中国、朝鮮半島、日本と北アジアのモンゴル、ロシアのシベリアや極東の関係はますます密接なものとなり、地域の文化・社会・経済・資源・環境等のさまざまな問題が共有されるようになりました。今我々には、東北アジアを枠組みとして、歴史的・現代的視点から、自然科学と人文社会科学の手法を駆使した文理諸分野連携の態勢により研究することが求められています。本センターは、東北アジア地域の諸問題を学際的・国際的な共同研究により推進し、その成果を地域社会に還元していくことを目的としています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


人間文化研究機構地域研究事業に拠点機関として参画することで、多面的な地域研究を実施しました。その成果の一つは日蒙英語による国際シンポ「モンゴルの都市環境」で建築学・心理学・歴史学・人類学による知見を総合化しました(図1)。また現代中国政治における国家能力についての国際学術図書を刊行しました(図2)。また人類学と生態学、考古学と地質学の融合に係わる二つの研究事業はそれぞれイギリス・デンマークの助成金を確保し研究集会を行いました(図3)。後者に係わり所内の先史考古学者の論文が国際誌Nature Ecology & Evolution (Sano et al 2019)に掲載されました。

図1

図1

図2

図2

図3

図3

社会との連携


気候変動に係わる文理融合の研究成果として、シベリアの永久凍土融解の社会影響評価に係わる、地域社会向けの環境教材(露語)を25名の国際チームで制作し、現地で展示・発表会を行いました。その様子はロシア科学アカデミーシベリア支部のHPでも紹介されました(図4、5)。ロシアの大学におけるアジア研究者との交流を進めるための日露ワークショップを2020年にも行いましたが、これまでのノボシビルスク大学に加えて新たに極東連邦大学から教員と院生を招聘し、東北大学の教員・院生との研究交流会を行いました(図6)。環境保全分野については、特別許可を取って実施された南硫黄島調査の様子について、NHK「ダーウィンが来た!」(8月)で紹介されました。

図4

図4

図5

図5

図6

図6

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80