研究所・研究センター一覧

大阪大学核物理研究センター

Research Center for Nuclear Physics, Osaka University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
中野 貴志
Nakano, Takashi
キーワード
原子核物理学、ハドロン物理学、加速器物理学、計算物理学
住所
〒567-0047
大阪府茨木市美穂ケ丘10-1

大阪大学核物理研究センター(RCNP)は、原子核物理学の実験および理論的研究を行うために1971年に設立された、世界中の科学者に開かれた全国共同利用研究センターです。その目的は、精密な実験とその理論的解析により「どのような物質の存在形態が可能か」、「なぜクォークは核子の中に閉じ込められているのか」、「原子核における核子や中間子の役割は何か」、「宇宙はどのように生まれ形づくられてきたのか」というような基本的な問題に答えることです。また加速器を用いた核医薬品開発など応用研究も進めています。2010年度からは共同利用・共同研究拠点「サブアトミック科学研究拠点」として更に研究を発展させています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


サイクロトロン施設(写真参照)にて光速の数十%に加速した水素イオンなどを標的原子核と衝突させ、反応時に放出されるイオンと高エネルギーの光(ガンマ線)を高い精度で同時に測定する実験を行いました。原子核の表面にある中性子だけでできた層が振動する様子を探ることを目指しており、中性子星の性質の理解につながる研究です。国際コラボレーションによる実験で、海外9カ国15機関から42名の研究者が参加しました。レーザー電子光施設では、大立体角の光子検出器を用いて、粒子の質量獲得機構の解明を目指したη´中間子束縛原子核の探索実験を前期まで継続し、後期は、5つのクォークから成るペンタクォーク粒子の研究を目的とした実験に向け、大型電磁石を用いた測定装置の整備を進め、検出器較正のためのビーム照射を開始しました。理論研究では各実験グループとの連携による研究の他、核変換を目指す応用研究と京スーパーコンピュータを使った基礎研究を行っています。後者では、これまでの理論では説明できなかった重いチャームクォークを含む新種のハドロンの正体を明らかにしました。

75-fig1 75-fig2

社会との連携


大型研究施設を抱える核物理研究センターは積極的に施設公開を行っています。高校生が主で大学生や研究者も来ます。海外からの見学者は、以前は研究者が主でしたが最近では高校生や大学生も増えています。月に2~3回のペースで計900名程度を受け入れました。年1回一般公開も行っています。

福島原子力発電所の事故後すぐ福島でスクリーニング作業を分野の研究者の協力をまとめる形で始めました。すぐに文部科学省の事業として推進される様になり、更に土壌の放射線線量の測定も文部科学省の一事業として進めました。福島第一原子力発電所周辺の「放射線量等分布マップ」の作成に中心的役割を果たしました。以下のURLで公開中のデータの一部を写真に示します。

(参照: http://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/dojo/ )

75-fig3

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80