研究所・研究センター一覧

北海道大学電子科学研究所

Research Institute for Electronic Science, Hokkaido University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
居城 邦治
Ijiro, Kuniharu
キーワード
複合領域ナノサイエンス、光科学、物質科学、生命科学、数理科学
住所
〒001-0020
札幌市北区北20条西10丁目
従来の枠組みを超えた新学術領域の創成

電子科学研究所(電子研)は「光」、「物質」、「生命」の3つの研究部門と「附属グリーンナノテクノロジー研究センター」および「附属社会創造数学研究センター」からなる研究体制のもと、積極的な異分野融合により世界トップレベルの「複合領域ナノサイエンス」の基盤を構築することで、学内および外部との連携による新たなイノベーションや新学術の創成を目指します。また、東北大多元研、東工大化生研、阪大産研、九大先導研と共に5大学研究所間アライアンスを組織し、大学の垣根を越えたネットワーク型「物質・デバイス領域共同研究拠点」として認定され、最先端のナノテク関連設備群の共用化、人材育成等を通じて、研究所横断的な共同研究を推進することで、異分野融合とマテリアルイノベーションの更なる加速を推進します。

令和2年度の研究活動内容及び成果


プレスリリースされた最近の研究成果

電子研では最新の研究成果を随時プレスリリースしています。2020年度に公開された研究成果の一部を以下に記します。

  • 二次元材料WS2のホットな電子がクールになるまで — 次世代の光エレクトロニクス材料開発に向けて —(グリーンフォトニクス研究分野)
    Nano Letters https://doi.org/10.1021/acs.nanolett.0c00742
  • 深紫外線を透過する透明なトランジスタを実現 — 全く新しいバイオセンサー —(薄膜機能材料研究分野)
    Advanced Electronic Materials https://doi.org/10.1002/aelm.202000100
  • 究極透明ガラスの構造を解明 — 量子通信の実用化への加速に期待 —(光電子ナノ材料研究分野)
    npj Computational Materials https://doi.org/10.1038/s41524-020-00408-1
  • 高導電性酸化還元型レアアースデバイスの開発に成功 — 新たな仕組みによる発光色調変換型デバイス開発への貢献に期待 —(スマート分子材料研究分野)
    ACS Applied Materials & Interfaces https://doi.org/10.1021/acsami.0c13765
  • 過去最高の室温熱電変換性能指数を示す酸化物を実現 — 安定で実用的な熱電変換材料の実現に大きな期待 —(薄膜機能材料研究分野)
    Journal of Materials Chemistry A https://doi.org/10.1039/D0TA07565E
  • SARS-Cov-2 感染者数漸近予測の不確実性を解明 — 感染予測のためには慎重なモデル解析が必要 —(知能数理研究分野)
    CHAOS  https://doi.org/10.1063/5.0008834
  • 脚を失った昆虫は 歩行中の筋収縮リズムを変えて適応する! — 脚からの感覚フィードバックが脚間協調運動の鍵 —(人間数理研究分野)
    Scientific Reports https://doi.org/10.1038/s41598-020-79319-6
  • 常識を覆す!多結晶よりも熱が伝わりにくい単結晶を発見 — 低熱伝導材料を設計するための指針 —(薄膜機能材料研究分野)
    Advanced Materials Interfaces  https://doi.org/10.1002/admi.202001932

 

社会との連携


開かれた研究所をめざして
国際連携

電子研は、世界16カ所の研究所・センターと交流協定を締結し、スタッフや学生の交流、ジョイントシンポジウム、共同研究プロジェクトを積極的に実施しています。様々な領域の国内外研究者が集まって特定のテーマについて議論する場を提供する目的で国際シンポジウムを毎年開催しています。その際、その年のテーマを漢字一文字で表すことにしています。2020年の漢字には「間」を設定しました。新型コロナの感染拡大の影響で、オンラインで開催し、光科学、物質科学、生命科学、数理科学の4つの研究分野の融合領域での議論を深め、新たなネットワークを切り開くことを目的としました。2018年度に台湾国立陽明交通大学(旧 台湾国立交通大学)理学院と共同研究教育センターを設立して以来毎年、台湾の2機関と電子研を含む5大学研究所間アライアンスと合同で国際共同シンポジウム、並びに共同講義3単位分を実施してきましたが、2020年度は新型コロナの感染拡大の影響で、共同講義のみをオンラインで行いました(受講学生90名超)。

国内連携 

電子研は、ネットワーク型「物質・デバイス領域共同研究拠点」において「ナノシステム科学研究領域」の取りまとめ研究所の役割を果たしています。2015年度から、外部機関の若手研究者が研究所に長期滞在して共同研究を実施するCOREラボを設置し、国外を含む他大学や研究所との共同研究体制を強化しています。

地域貢献 

電子研は、毎年1回、研究所一般公開を実施し、市民への研究概要の説明と展示を行っています。特に小中学生向けの研究成果の展示が人気を集め、先端科学に触れる絶好の場として、札幌市民から高く評価されています。来場者数は年々増えており、2019年度は1000名超の来場がありましたが、2020年度は新型コロナの感染拡大により中止になりました。この他、読売新聞札幌支社と連携講座サイエンスレクチャー協定書を取り交わして始めた、主に中高生を対象とした体験型科学講座も中止になりました。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80