研究所・研究センター一覧

九州大学生体防御医学研究所

Medical Institute of Bioregulation, Kyushu University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
福井 宣規
Fukui, Yoshinori
キーワード
多階層生体防御システム、トランスオミクス、システム免疫学、がん生物学、発生再生医学、神経生物学
住所
〒812-8582
福岡県福岡市東区馬出 3-1-1
生体防御システムの世界的研究・教育拠点を目指す

本研究所は、1982年に医学部附属癌研究施設(福岡市東区)と温泉治療学研究所(大分県別府市)が統合されて発足し、2017年に創立35周年を迎えました。生体恒常性の維持に重要な「生体防御」を研究テーマに据え、生命現象の本質に迫る基礎研究を展開すると共に、生体防御の破綻による疾患の解明を目指しています。特に、免疫疾患、感染症、がん、発生再生、神経生物学等の研究で世界的な成果を挙げています。2016年より第2期の全国共同利用・共同研究拠点「多階層生体防御システム研究拠点」の認定更新を受けると共に、トランスオミクス医学研究センターをコアに国内の3つの共同利用・共同研究拠点と協力して「トランスオミクス医学研究拠点ネットワーク形成事業」に取り組んでいます。さらに、2018年にはシステム免疫学統合研究センターを新設し、トランスオミクス医学研究に基づく新たな生体防御医学研究を推進しています。このような組織改編に伴い現在は、3研究部門(9分野)、2附属施設(12分野、内1分野は設置予定)で活動を展開しています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


アトピー性皮膚炎の主要な痒み惹起物質であるIL-31が、脳に「痒みの感覚」を伝えるメカニズムを解明しました。IL-31は、主にヘルパーT細胞から産生され、これが脊髄後根神経節(DRG)に発現する受容体に作用すると、そこからニューロキニンB(NKB)が産生されることを発見しました。ニューロキニンBを発現できないように遺伝子操作したマウスでは、IL-31投与による引っ掻き行動が顕著に低下しましたが、他の痒み惹起物質に対する反応性は正常でした。一方、ニューロキニンBはNK3Rという受容体を介して機能しますが、IL-31による痒みは、NK3Rの阻害剤でも抑制できました。以上より、ニューロキニンBとその受容体NK3Rとの相互作用は、IL-31による痒みをコントロールするための、新しい治療標的になると期待されます。

IL-31が、脳に「痒みの感覚」を伝えるメカニズム

IL-31が、脳に「痒みの感覚」を伝えるメカニズム

 

 

社会との連携


先端医学の社会への還元
  1. 日本医療研究開発機構等のサポートを受け、革新的医薬品の創出を目指した研究を進めています。
  2. 知の拠点セミナー、市民公開講座、バイオインフォーマティクス夏の学校等に積極的に貢献し、成果を分かりやすく社会へ発信したり、解説したりしています。
  3. 中高生を対象とした研究所見学を実施することもあります。
生体防御医学研究所本館

生体防御医学研究所本館

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80