研究所・研究センター一覧

高知大学海洋コア総合研究センター

Center for Advanced Marine Core Research, Kochi University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
佐野 有司
Sano, Yuji
キーワード
国際深海科学掘削計画(IODP)、地球掘削科学、地球環境システム変動、海底資源学、海洋天然物化学
住所
〒783-8502
高知県南国市物部乙200
海洋コア総合研究センターとは?

海洋コア総合研究センターは、科学掘削により得られたコアの保管から、コアの基礎~応用研究までを一貫して行うことができる、国内唯一の施設です。当センターは2000年に学内共同利用施設としてスタートし、改組を経て、2003年に全国共同利用施設となりました。2006年から国立研究開発法人海洋研究開発機構との共同運用体制のもと、全国の研究者や学生に機器を公開し、毎年多数の共同利用研究が行われています。2009年に「地球掘削科学共同利用・共同研究拠点」に、2016年には第2期における「地球掘削科学共同利用・共同研究拠点」に認定されました。本センターの設備・機器を活用した共同利用・共同研究を通じて、地球掘削科学の発展に貢献するとともに、我が国主導の地球掘削科学やその関連分野の拠点化・推進を図っています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


【共同利用・共同研究拠点として】
  1. 令和2年度共同利用・共同研究拠点に係る採択研究課題は138件(令和2年度前期67件、後期68件、随時3件)の採択件数となり、地球掘削科学拠点として、国際深海科学掘削計画(IODP)の研究を中心とする地球掘削科学に関する研究推進に寄与した。
    また、共同利用・共同研究がさらに発展することを企図して、令和2年度共同利用・共同研究成果発表会を完全オンラインで開催した。
  2. IODP研究の一層の推進を図るため平成29年度に制定した「IODP特別支援枠」に令和2年度は研究課題(7件)を採択しており、IODPの研究促進及び若手研究者の育成につながった。
【拠点機能の国際化・高度化、国内外の関連研究機関等との研究活動】
  1. 学術コアキュレーションについて、公開可能な保管コア試料の基礎情報(採取地点の緯度、経度、水深等の情報)データベースである「学術コアレポジトリー」の本センターホームページ内での公開を開始した。
  2. カルフォルニア大学サンタクルーズ校と共同研究を開始した。
  3. 国際ワークショップ「変成岩と鉱床:四国と世界の例」をオンライン併用により開催し、国内外から25名の参加があった。フランス、オーストラリア、日本(2名の外国人を含む。)の8名による四国の三波川変成帯の地質学や流動学、変成岩と鉱床に関する岩石磁気研究に関する講演が行われた。
  4. ボルドー大学(仏)の研究者との国際共同研究の一環として、ノルウェー極地研究所、ビクトリア大学(NZ)、グラナダ大学(スペイン)らの研究者と共同で、南極海における過去2000年間の海氷分布と表面海水温の変動を詳細に復元した。その結果、南極海の海氷分布が熱帯域のエルニーニョ/南方振動(ENSO)や南半球における十年規模変動である南半球環状モード(SAM)と連動して変化していることを明らかにし、英科学誌Nature Geoscienceに掲載された。
  5. 秋田大学国際資源学部との共同セミナーをオンライン併用により開催した。
 

社会との連携


  1. 高知新聞社主催の「高知子ども未来プロジェクト」に協力し、「高知コアセンターで地球のことを学ぼう!」として親子10組に対してセミナーを行った。
  2. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業の一環として、高知小津高等学校から学生・教員合わせて40名を受け入れ、施設見学を行い、併せて講義・実習を実施した。
「高知子ども未来プロジェクト」でのセミナー

「高知子ども未来プロジェクト」でのセミナー

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80