研究所・研究センター一覧

高知大学海洋コア総合研究センター

Center for Advanced Marine Core Research, Kochi University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
徳山 英一
Tokuyama, Hidekazu
キーワード
国際深海科学掘削計画(IODP)、地球掘削科学、地球環境システム変動、海底資源学、海洋天然物化学
住所
〒783-8502
高知県南国市物部乙200
海洋コア総合研究センターとは?

海洋コア総合研究センターは、科学掘削により得られたコアの保管から、コアの基礎~応用研究までを一貫して行うことができる、国内唯一の施設です。当センターは2000年に学内共同利用施設としてスタートし、改組を経て、2003年に全国共同利用施設となりました。2006年から国立研究開発法人海洋研究開発機構との共同運用体制のもと、全国の研究者や学生に機器を公開し、毎年多数の共同利用研究が行われています。2009年に「地球掘削科学共同利用・共同研究拠点」に、2016年には第2期における「地球掘削科学共同利用・共同研究拠点」に認定されました。本センターの設備・機器を活用した共同利用・共同研究を通じて、地球掘削科学の発展に貢献するとともに、我が国主導の地球掘削科学やその関連分野の拠点化・推進を図っています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


【IODP及び先端研究の推進】
  1. 平成31(令和元年)年度共同利用・共同研究拠点に係る採択研究課題は128件(平成31(令和元年)年度前期106件、後期20件、随時2件)の採択件数となり、地球掘削科学拠点として、国際深海科学掘削計画(IODP)の研究を中心とする地球掘削科学に関する研究推進に寄与した。
    なお、国際水準の研究をより一層推進するため、平成31(令和元年)年度共同利用・共同研究成果発表会を開催し、関連研究者間の交流を図る予定であったが、新型コロナウィルス感染予防のため発表会は中止としたが、予稿集については発表予定者全員に配付し、予稿集の完成と配付をもって発表したものとみなすこととした。また、発表予定者以外で予稿集が必要な場合は個別に配付することとした。
  2. IODP研究の一層の推進を図るため平成29年度に制定した「IODP特別支援枠」に平成31(令和元年)年度は研究課題(7件)を採択しており、IODPの研究及び若手研究者の育成につながった。今後は、本支援者の論文成果、学位取得、進路などについての追跡調査を行い、本制度の改善点を検討する。
  3. 平成30年度から採択されている地球掘削科学共同利用・共同研究拠点(JURC-DES)機能強化プロジェクト研究「古海洋コアビッグデータ」では、3つの重点研究領域を設定(5月)、国際公募を実施し(7-8月)、7カ国(NZ・独・英・日・中・台・仏)13機関・研究者の申請が課題選定委員会で承認され(9月)、国際共同研究がスタートした(10月)。本プロジェクト第1回国際ワークショップを開催し(2月20日、Workshop on the Paleoceanographic Big Data: Chronostratigraphic data assimilation)、ニュージーランド・ドイツ・東京とのインターネット生中継にも成功した。
  4. 高知大学の海底鉱物資源に関わる研究論文(第1版:マンガン団塊)著作者分析の項目において、臼井朗特任教授がmost prolific authors(論文数)ランキングで世界6位に位置づけられた。これにより、高知大学での海底鉱物資源(マンガン団塊やクラスト)に関する研究の意義が認められた。
  5. 「JSTさくらサイエンスプラン」を利用し、国際コアスクールを立案、採択された。中国(3名)・台湾(2名)・韓国(4名)から9名の若手研究者を招聘し、11月に国際コアスクールを実施した。
【国内外の関連研究機関等との連携体制強化・拠点機能の国際化・高度化】
  1. 学術コアキュレーションについて「学術コアレポジトリー」と命名、運用体制および内規案を検討し、日本地質学会のブース展示および海洋地質ランチョンを活用してコミュニティーに紹介した。保管レポジトリー(KU-Academic-based Core Repository: KU-ABCR)を立ち上げ、さらに、学術コアレポジトリー運用室(室長・学術コアキュレータを配置)を立ち上げて、現状で既に受け入れている学術コアの保管状況の確認、今後のコア受入状況・受入方法の整備、運営内規の整備・取り纏めを行っており、この整理されたデータを公開することで関係する研究者コミュニティーの活性化を促す基盤作りに邁進している。
  2. アイスランドとのJSPS二国間共同研究と、アイスランド大学との部局間交流協定に基づき、古地球磁場変動の解明をめざし、アイスランド大学に所属する研究者とともに現地調査を実施した(6月)。また、駐日アイスランド大使来訪やアイスランドの日本大使館表敬訪問を通じ、さらなる二国間連携研究環境の強化を図った。
  3. 国立台湾大学・カリフォルニア大学デービズ校との共同研究を開始した。
  4. ブレーメン大学(ドイツ)から博士課程の学生を外国人研究者として、カールスルーエ工科大学(ドイツ)から学士課程の学生を外国人研究者として受け入れた。
  5. Presidency University(インド)から研究者2名を短期共同利用で受け入れた。
  6. 「古海洋コアビックデータによる未来地球の描像」の重点研究C「地球温暖化に対する微小プランクトンの初期応答」に従事するイギリス・フランスの研究者を招聘し、共同研究を開始した。
  7. Korea Institute of Geoscience and Mineral Resources(韓国地質資源研究院, 韓国)から研究者1名を短期共同研究で受け入れ、古地球磁場変動の解明に関する共同分析を実施した。
  8. アジアオセアニア地球科学会(AOGS)2019年大会において、センター教員が海外研究者とともにコンビーナーとして古地磁気学関連セッション(セッション番号SE01)を共同提案し,口頭・ポスター発表により研究交流を深めた。
  9. 秋田大学国際資源学部との連携と協力に関する協定書を更新した。
物部キャンパス1日公開

物部キャンパス1日公開

 

社会との連携


【国内外の若手研究者の育成および学内の研究教育】
  1. 物部キャンパス1日公開において海洋コア総合研究センターを一般に開放し、センターの研究事例などを紹介し1,180人の入場者があった。また、その際に国際深海科学掘削計画(IODP)第385次研究航海(ジョイデス・レゾリューション号)に本センターの助教が研究乗船していたため、ライブ中継を実施し研究航海の状況を一般に紹介した。
  2. 高知みらい科学館との共催による「高知コアセンターサイエンスフェスタ」を開催し、小学生から高校生及び保護者ら約200名が参加した。参加者から「大変面白く、海洋に興味を持った」との好評を得た。次年度以降も高知県の科学教育振興を目的に継続する。
  3. 本センターの視察、見学、体験学習、SSH、職場体験及び講義などの、55団体、延べ約2,600人を受け入れるなど、アウトリーチ活動を行っている。
国際コアスクール

国際コアスクール

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80