研究所・研究センター一覧

高知大学海洋コア総合研究センター

Center for Advanced Marine Core Research, Kochi University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
徳山 英一
Tokuyama, Hidekazu
キーワード
国際深海科学掘削計画(IODP)、地球掘削科学、地球環境システム変動、海底資源学、海洋天然物化学
住所
〒783-8502
高知県南国市物部乙200

海洋コア総合研究センターは、海洋底や陸上で科学掘削により得られた試料(コア)の総合的な解析と保管を通し、地球規模の環境変動・地震発生メカニズム・海底下に広がる未知の生物圏などの解明を行うことを目的として、2003年4月に全国共同利用施設へ改組が行われました。当施設は、科学掘削コア試料の保管と共に、基礎研究から関連分野の応用研究まで一貫して行うことができるよう先端の科学計測機器と大型冷蔵保管庫を備えています。これら機器・設備は、国立研究開発法人海洋研究開発機構と共同運用体制のもと、全国の研究者や学生に公開され、共同利用研究が数多く採択・実施されています。2009年6月「地球掘削科学共同利用・共同研究拠点」に認定され、さらに、2016年1月に第2期(平成28年度~平成33年度)における「地球掘削科学共同利用・共同研究拠点」に引き続き認定を受けたことに伴い、地球掘削科学の発展を望む研究者等の要望に応えるべく、本センターの設備・機器を活用した共同利用・共同研究を行い、我が国主導の地球掘削科学やその関連分野の拠点化・推進を図っています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


【IODP及び先端研究の推進】
  1. 平成29年度の共同利用・共同研究に係る課題研究を公募し、外部有識者が過半数を占める課題選定委員会を3月及び9月に開催し、研究課題の採否を選定した。これにより、平成29年度の課題採択件数は、140件(平成29年度前期127件、後期13件)となり、過去最大の件数に上った。採択後、「前期」課題については49月に、「後期」課題については103月に、コア研究のための施設・設備群を学外の研究者等に提供し、地球掘削科学に資する研究を推進した。
    また、国際水準の研究をより一層推進するため、平成29年度共同利用・共同研究成果発表会を開催し、関連研究者間の交流を図った。口頭発表23件、ポスター発表23件の合計46件の研究成果が報告された。
  2. IODP研究の一層の推進を図るため平成29年度から新たに制定された「IODP特別支援枠」に採択された研究者(採択課題5件)は、旅費・滞在費の支援などを受け、IODP研究を推進し、研究成果を発表した。
  3. 本学の「女性後継者テニュアトラック制(WSTT)」の公募に公募し、101日付けで特任助教(テニュアトラック教員)を採用した。これにより、共同利用・共同研究拠点の機能強化を図る体制を構築するとともに、研究環境及び特別枠の研究費配分など若手研究員のスタートアップ支援計画を開始した。
  4. 南大洋IODP掘削のプレ提案書を提出し、掘削予定地点の事前調査データをIODPサイトサーベイデータバンクへ登録した。さらに、プレ提案書の科学評価の結果、フル提案書の作成が認められたため、申請書の改定作業を開始した。また、九州ーパラオ海嶺におけるプレ提案書の準備と方針について、西太平洋掘削会議(WEPAD)において協議を進めている。
  5. 海底鉱物・エネルギー資源及び地球生命科学に関する研究課題を洗い出し、さらなる研究の展開に必要な基礎データの集積やメカニズムの調査など、基礎研究を継続した。
  6. 黒潮圏をフィールドとした海底鉱物・エネルギー資源および海洋生物資源を総合的に理解する4次元統合黒潮圏資源学の創成に関する研究を継続した。
【国内外の関連研究機関等との連携体制強化・拠点機能の国際化・高度化】
  1. 平成28年度に開始した海洋研究開発機構との国際共同研究である室戸沖掘削研究を継続し、地球生命科学に関連した分野横断型研究を推進した。
  2. 「ちきゅう」パートナーシップ制度を利用した海外研究者への分析支援、コア試料の分析技術に関わるトレーニングプログラムを実施した。また、コアスクールの教材を英語化し、アジアにおけるIODPプロジェクトのプレゼンスを高めるなど、拠点機能の国際化を図った。
  3. 国立極地研究所との連携協定を生かし、極域における地球科学研究を推進するためのキックオフシンポジウムを開催し連携体制を強化した。
  4. 東京大学大気海洋研究所との連携協定を8月に締結した。この協定により、特に、コア試料の保管体制の整備・構築を図る。
  5. 韓国海洋科学技術院(KIOST)の研究者及び技術者を短期研究員として受け入れ、日本海コアの有機地球化学分析に関する共同研究を行うとともに、将来に向けての学術交流協定について協議した。
  6. 韓国地質資源研究所(KIGAM)との学術交流協定期間の更新を図った。
  7. 当センターが保管しているIODPレガシーコアや陸上掘削コア試料等を生産・同化分析して得られた基礎情報(位置、地質年代、水深等)をデータベース化(古海洋コアビックデータ)し、研究資源としてコミュ二ティへの研究活性化に貢献する基盤体制を構築するとともに、これらのコア試料を活用した地球温暖化の解明などの国際共同研究を促進させる拠点共同研究プロジェクトが採択され、平成30年度から開始する。

コアスクール

社会との連携


【国内外の若手研究者の育成および学内の研究教育】
  1. 研究・広報マネジメント機能の格段の充実を図るため、海洋研究開発機構と共同でアウトリーチ体制の強化を図る。
  2. 積極的なアウトリーチ活動を展開するため、本センターの視察や見学を受け入れており、本年度は学生、若手研究者や民間企業など、年間37団体、延べ約1100人が来所した。当該活動により、地球惑星科学の発展に寄与している。

KCC講演会

一日公開

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80