研究所・研究センター一覧

高知大学海洋コア総合研究センター

Center for Advanced Marine Core Research, Kochi University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
徳山 英一
Tokuyama, Hidekazu
キーワード
国際深海科学掘削計画(IODP)、地球掘削科学、地球環境システム変動、海底資源学、海洋天然物化学
住所
〒783-8502
高知県南国市物部乙200
海洋コア総合研究センターとは?

海洋コア総合研究センターは、科学掘削により得られたコアの保管から、コアの基礎~応用研究までを一貫して行うことができる、国内唯一の施設です。当センターは2000年に学内共同利用施設としてスタートし、改組を経て、2003年に全国共同利用施設となりました。2006年から国立研究開発法人海洋研究開発機構との共同運用体制のもと、全国の研究者や学生に機器を公開し、毎年多数の共同利用研究が行われています。2009年に「地球掘削科学共同利用・共同研究拠点」に、2016年には第2期における「地球掘削科学共同利用・共同研究拠点」に認定されました。本センターの設備・機器を活用した共同利用・共同研究を通じて、地球掘削科学の発展に貢献するとともに、我が国主導の地球掘削科学やその関連分野の拠点化・推進を図っています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


【IODP及び先端研究の推進】
  1. 平成30年度共同利用・共同研究拠点に係る採択研究課題は129件(平成30年度前期103件、後期19件、随時7件)の採択件数となり、地球掘削科学拠点として、国際深海科学掘削計画(IODP)の研究を中心とする地球掘削科学に関する研究推進に寄与した。
    また、国際水準の研究をより一層推進するため、平成30年度共同利用・共同研究成果発表会を開催し、関連研究者間の交流を図った。口頭発表19件、ポスター発表19件の合計38件の研究成果が報告された。同発表会において、学生による優秀な研究成果発表を顕彰する「学生優秀発表賞」の実施を開始し、学生による発表を表彰(1名;発表者10名)した。
  2. IODP研究の一層の推進を図るため平成29年度に制定した「IODP特別支援枠」に平成30年度は研究課題(3件)を採択しており、IODPの研究及び若手研究者の育成につながった。今後は、本支援者の論文成果、学位取得、進路など追跡調査を行い、本制度の改善点を検討する。
  3. 今年度から採択されている共同利用・共同研究プロジェクトである「古海洋コアビックデータによる未来地球の描像」の専任教員が採用(8月)され、コア試料のデータベース構築や情報公開に向けたがプロジェクトが開始された。また、このコア試料データベースを活用しての「重点研究プロジェクト」実施(来年度以降)に向けて、検討も開始した。
  4. 今年度実施された、国立大学における「共同利用・共同研究拠点に係る中間評価」では、平成27-29年度における本拠点の活動実績が評価され、評価区分Aの総合評価を得た。「今後、研究の幅を広げて、国際的な共同利用・共同研究の更なる充実が期待される。」との総合評価コメントを受けて、「国際共同利用・共同研究拠点」認定を目指すための行動指針(アクションプラン)の検討を開始した。(国際公募、若手育成プログラム制定、国際コアスクールの制定、学術コアキュレーションシステムの構築、HPやマニュアル等英語化 等)
  5. 本センター設立15周年を記念して「海洋コア総合研究センター15周年設立記念公開シンポジウム」を開催した。シンポジウムは、「地球を掘ってわかること〜古地震、気候変動、地球の姿〜」をテーマに、一般を含む参加者研究者達(120名)と地球掘削科学共同利用・共同研究拠点の成果と今後の展望について、講演や意見を交わした。
【国内外の関連研究機関等との連携体制強化・拠点機能の国際化・高度化】
  1. 今年度から制定された「国際共同利用・共同研究拠点」に向けての国際化を進めるための「アクションプラン」の検討を開始した。(国際公募、若手育成プログラム制定、国際コアスクールの制定、学術コアキュレーションシステムの構築、HPやマニュアル等英語化 等)
  2. 古地球磁場変動に関わる国際共同研究を推進することを主目的として、アイスランド大学地球科学研究所との国際学術交流協定(部局間協定)を締結した。
  3. 本センター教員および大学院生がアイスランド大学地球科学研究所を訪問し、古地球磁場変動に関わる国際共同研究を実施した。
  4. アイスランド大学地球科学研究所の研究員を短期共同研究者として受け入れ、古地球磁場変動に関わる国際共同研究を実施した。韓国慶尚大学の研究員を短期共同研究者として受け入れ、古地球磁場変動に関わる国際共同研究を行った。
  5. 今年度から韓国地質資源研究院との国際学術交流協定を更に5年間更新し、活発な学術・学生交流に取り組んでいる。
  6. 韓国海洋科学技術院(KIOST)の受託研究(海綿骨針の酸素同位体分析とステロールバイオマーカーによる古海洋プロキシの開発)を開始した。
  7. 本センターが保管しているIODPレガシーコアや陸上掘削コア試料等を生産・同化分析して得られた基礎情報(位置、地質年代、水深等)をデータベース化(古海洋コアビックデータ)し、研究資源としてコミュ二ティへの研究活性化に貢献する基盤体制を構築するとともに、これらのコア試料を活用した地球温暖化の解明などの国際共同研究を促進させる拠点共同研究プロジェクトの専任教員が8月から赴任し、当該プロジェクトを開始した。本年度は、本センターが保有するコア試料等の基礎情報のデータベース化を目指す。
  8. J-DESCコアスクール(古地磁気コース)を開催し、11名の若手研究者を対象として古地磁気・岩石磁気に関わる実践的研究トレーニングを実施した。また、J-DESCおよび海洋研究開発機構との共催で「J-DESCコアスクール・コア解析基礎コース2018」を開催し、19名(うち、海外から6名)の若手研究者・学生・院生の参加があった。「J-DESCコアスクール・コア同位体分析コース2017」を開催し、8名(うち、海外から1名)の学生・院生の参加があった。

コアスクール

コアスクール

15周年シンポ

15周年シンポ

社会との連携


【国内外の若手研究者の育成および学内の研究教育】
  1. 研究・広報マネジメント機能の格段の充実を図るため、海洋研究開発機構と共同でアウトリーチ体制の強化を図る。
  2. 積極的なアウトリーチ活動を展開するため、本センターの視察、見学、体験学習、SSH、職場体験及び講義などの、31団体、延べ約520人を受け入れ、アウトリーチ活動に貢献した。
  3. 平成30年7月24日にオープンした高知みらい科学館と本センター及び高知コア研究
    所3機関が高知県の科学教育振興に連携・協力するため、「オフィシャルパートナー協定」を締結した。この協定により、高知コアセンターの展示ブースが高知みらい科学館内に設置され、高知コアセンターの研究紹介の展示が展開されることとなった。
    また、この協定を基に高知みらい科学館と共催による「高知コアセンターサイエンスフェスタ」を開催し、小学生から高校生及び保護者ら約200名が参加した。今回から、初めて高知みらい科学館の「プラネタリウム」で映像を中心として公演を行い、小学生や保護者らに「大変面白く、海洋に興味を持った」との好評を得た。来年からも高知県の科学教育振興を目的に継続する。

サイエンスフェスタ

サイエンスフェスタ

一日公開

一日公開

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80