研究所・研究センター一覧

長崎大学熱帯医学研究所

Institute of Tropical Medicine (NEKKEN), Nagasaki University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
森田 公一
Morita, Kouichi
キーワード
熱帯医学、熱帯公衆衛生学、国際保健、災害医療、 ベトナム・ケニア拠点、熱帯医学ミュージアム
住所
〒852-8523
長崎県長崎市坂本1丁目12-4
科学的な発見と応用で世界の保健医療問題を解決する

長崎大学熱帯医学研究所は、昭和17年(1942)に長崎医科大学附属東亜風土病研究所として開設され、昭和42年(1967)に長崎大学附置熱帯医学研究所となりました。日本において熱帯医学研究を目的とする唯一の公的機関として活動しています。本研究所は平成元年(1989)に全国共同利用研究所となり、平成5年(1993)には世界保健機関(WHO)からWHO協力センター(熱帯性ウイルス病に関する資料と研究)に、平成7年度(1995)には文部省から熱帯医学に関する国際的に卓越した研究拠点の指定を受けています。さらに、平成21年度(2009)に文部科学省より全国共同利用「熱帯医学研究拠点」の認定を受け、新たな運営制度のもと全国の研究者コミュニティーに開かれた研究所として活動を強化しております。

平成30年度の研究活動内容及び成果


南アフリカ共和国を拠点とした気候変動情報によるマラリア流行予測

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)の支援を受けて、国立研究開発法人海洋研究開発機構とともに、南部アフリカにおけるマラリア流行を予測するシステムを開発しました。地球シミュレータを使って得られた気候変動予測をもとに、2017〜18年シーズンの20年来の大流行を3ヶ月前に予測することに成功し、この予測情報をもとに、南アフリカ共和国では殺虫剤散布を増やすなど事前に対策を実施しました。

人獣共通感染症の二日熱マラリアの重症化因子の同定

二日熱マラリアは現在、東南アジアで問題となっている人獣共通感染症です。重症化に関わると考えられる、寄生赤血球の血管内皮細胞への接着現象の分子機序を明らかにする研究を進めています。

国内初のジカ熱体外診断用医薬品の承認

ジカ熱は熱帯の蚊で媒介されるウイルス感染症で、過去中南米、南太平洋島嶼国などで大流行を起こし、我国にも海外旅行から帰国後発症する事例も報告されており、迅速診断法の実用化が急務となっています。民間企業とジカウイルス検出キット(特許取得済み)を共同開発し、国内初のジカ熱体外診断用医薬品としてPMDAの製造販売承認を受けました。

東南アジアにおけるデングウイルスの分子疫学調査

アジアで流行しているデングウイルス(血清型1)864株の遺伝子塩基配列を解読し、デングウイルスが国境を越え、どのように分布を広めていったのかを、進化史的、生物地理的に分析しています。ベトナムへは周辺国(タイやカンボジア)から継続的にウイルスが侵入している事がわかります。

社会との連携


社会への情報発信と人材育成

研究成果の社会への還元の一環として、研究所に併設して熱帯医学ミュージアムを開設し熱帯病の概説パネル、顕微鏡病原体映像、標本、模型等を展示・解説しています。毎年、多くの市民、修学旅行生が見学に訪れていますが、近年は海外からの旅行者の見学もあり多言語対応となっています。また国内外の貴重な標本や資料の収集保存、情報提供を行っています。さらに、社会人教育としての熱帯医学研修課程(3ヶ月)、国際研究倫理コース(3日間)、世界保健ニーズに応える医薬品開発研究ディプロマコース(10日間)などを毎年開催し国内外から多くの参加者を集めています。高度人材育成として長崎大学が実施するリーディング大学院(医歯薬学総合研究科博士課程)、卓越大学院(熱帯医学・グローバルヘルス研究科博士修士課程)の大学院教育を強力に支援しています。

熱帯医学ミュージアム入口

熱帯医学ミュージアム入口

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80