研究所・研究センター一覧

長崎大学熱帯医学研究所

Institute of Tropical Medicine (NEKKEN), Nagasaki University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
平山 謙二
Hirayama, Kenji
キーワード
熱帯医学、熱帯公衆衛生学、国際保健、災害医療、 ベトナム・ケニア拠点、熱帯医学ミュージアム
住所
〒852-8523
長崎県長崎市坂本1丁目12-4
科学的な発見と応用で世界の保健医療問題を解決する

長崎大学熱帯医学研究所は、昭和17年(1942)に長崎医科大学附属東亜風土病研究所として開設され、昭和42年(1967)に長崎大学附置熱帯医学研究所となりました。日本において熱帯医学研究を目的とする唯一の公的機関として活動しています。本研究所は平成元年(1989)に全国共同利用研究所となり、平成5年(1993)には世界保健機関(WHO)からWHO協力センター(熱帯性ウイルス病に関する資料と研究)に、平成7年度(1995)には文部省から熱帯医学に関する国際的に卓越した研究拠点の指定を受けています。さらに、平成21年度(2009)に文部科学省より全国共同利用「熱帯医学研究拠点」の認定を受け、新たな運営制度のもと全国の研究者コミュニティーに開かれた研究所として活動を強化しております。

平成28年度の研究活動内容及び成果


ガボン共和国における公衆衛生上問題となるウイルス感染症の把握と実験室診断法の確立

ガボン共和国では病因が特定されていない熱性疾患患者からの検体の解析を行い、ウイルス感染症の実態調査を進めています。

南アフリカ共和国を拠点とした気候変動情報によるマラリア流行予測

南アフリカ共和国では、気候変動情報をもとに、4〜5ヶ月前からのマラリア流行予測の実現を目指しています。これにより、十分な薬や診断キットの備蓄とタイムリーな配布、および、費用対効果が高い防蚊対策が可能となります。

ベトナムの肺炎球菌コンジュゲートワクチン(PCV)未導入地域でのPCV接種スケジュール国際基準の再評価

ベトナム、ニャチャンにおいて、3歳未満小児約12,000人にPCVキャッチアップワクチン接種キャンペーンを施行し、対象となる小児へ、他のワクチン定期接種と同時に、異なったスケジュールでのPCV接種を開始しました。これによりコミュニティに集団免疫を誘導することができます。集団免疫を誘導すれば個人レベルの免疫回数を減らしてもこれまでと同等のワクチン効果が出るものと期待しています。今後毎年肺炎球菌保菌率調査を行い、接種回数を減らしたグループでも肺炎球菌保菌率への十分な効果を発揮することができるかどうか明らかにしていく予定です。

社会との連携


教育について

総合目標に掲げる大きな3つの柱のひとつに「研究者と専門家の育成」を掲げ、リーディング大学院(博士課程)及び熱帯医学・グローバルヘルス研究科(修士課程)の大学院教育を強力に支援しています。またこれに関連して、3日間の国際研究倫理コースや10日間の世界保健ニーズに応える医薬品開発研究ディプロマコースを公開で毎年開催し国内外から多くの参加者を集めています。また熱帯医学ミュージアムでは、公的な教育機関として、熱帯地域で頻繁に興る疾病について、概説パネル、顕微鏡病原体映像、標本、模型等を使って解説しています。また国内の貴重な標本や資料の収集保存、情報提供を行っています。
また社会貢献として、短期間で熱帯医学と国際保健の面白さを学ぶ熱帯医学研修課程(3ヶ月コース)を実施しています。

熱帯医学研究所

熱帯医学研究所

 

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80