研究所・研究センター一覧

長崎大学熱帯医学研究所

Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
森田 公一
Morita, Kouichi
キーワード
熱帯医学、熱帯公衆衛生学、国際保健、災害医療、 ベトナム・ケニア拠点、熱帯病ミュージアム
住所
〒852-8523
長崎県長崎市坂本1丁目12-4
科学的な発見と応用で世界の保健医療問題を解決する

長崎大学熱帯医学研究所は、昭和17年(1942)に長崎医科大学附属東亜風土病研究所として開設され、昭和42年(1967)に長崎大学附置熱帯医学研究所となりました。日本において熱帯医学研究を目的とする唯一の公的機関として活動しています。本研究所は平成元年(1989)に全国共同利用研究所となり、平成5年(1993)には世界保健機関(WHO)からWHO協力センター(熱帯性ウイルス病に関する資料と研究)に、平成7年度(1995)には文部省から熱帯医学に関する国際的に卓越した研究拠点の指定を受けています。
さらに、平成21年度(2009)に文部科学省より全国共同利用「熱帯医学研究拠点」の認定を受け、新たな運営制度のもと全国の研究者コミュニティーに開かれた研究所として活動を強化しております。

平成27年度の研究活動内容及び成果


エボラ迅速診断キットのギニア共和国への導入

エボラウイルス病に対する迅速・簡便かつ高感度な診断法を開発した。検査キット及び機器はギニア共和国に供与され、それに合わせて現地検査技師のトレーニングも行った。

Fig93_02

偶蹄類寄生性マラリア原虫の調査と分子系統解析

タイやベトナムのスイギュウが偶蹄類寄生性マラリア原虫に感染していることを世界で初めて見出した。また、本原虫が霊長類・げっ歯類・鳥類・爬虫類に寄生するマラリア原虫を含む系統より早く分岐し、マラリア原虫の病原性因子の進化を理解するうえで重要な外群であることを示した。

レプトスピラ症新規診断法の開発

診断が難しいレプトスピラ症の診療を向上させる目的で、組み換え抗原LigAを用いたIgM-ELISA法を、蔓延国フィリピンの感染症病院において、従来法と比較検討し、その優位性を確認した。

感染症早期警戒システムの効果検証研究

携帯電話を活用し、関係者が直ちに閲覧可能なシステムを開発した。本システムを試験的に導入後、従来の報告方法とランダム比較試験を用いて比較検証を行った結果、インフラが十分でない地域でも高い効果が得られた。

 

社会との連携


教育について

総合目標に掲げる大きな3つの柱のひとつに「研究者と専門家の育成」を掲げ、リーディング大学院(博士課程)及び熱帯医学・グローバルヘルス研究科(修士課程)の大学院教育を展開するとともに、短期間で熱帯医学と国際保健の面白さを学ぶ熱帯医学研修課程(3ヶ月コース)の教育を実施しています。

熱帯医学ミュージアム

熱帯地域で頻繁に興る疾病について、概説パネル、顕微鏡病原体映像、標本、模型等を使って解説しています。学校教育、社会教育に活用されることを目指し、見学や講義の受入を行っています。

Fig93_03

熱帯医学研究所

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80