研究所・研究センター一覧

金沢大学環日本海域環境研究センター

Institute of Nature and Environmental Technology, Kanazawa University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
長尾 誠也
Nagao, Seiya
キーワード
越境汚染、国際共同研究拠点、統合環境研究、有害化学物質、大気観測スーパーサイト、低レベル放射能計測
住所
〒920-1192
石川県金沢市角間町
〒927-0553
石川県鳳珠郡能登町小木ム4-1(臨海実験施設)
〒923-1224
石川県能美市和気町オ24(低レベル放射能実験施設)
東アジアの越境汚染に関する国際共同研究拠点

環日本海域から東アジア全域におけるさまざまな環境問題の解決を目指し、2002年に設立された自然計測応用研究センターを2007年に「環日本海域環境研究センター」へ改組しました。さらに、研究の焦点を環日本海域の環境問題の解決に特化させるため、2015年に2研究部門(研究領域部門と連携部門)と4研究領域(大気環境、海洋環境、陸域環境及び統合環境の4領域)に改組しました。共同利用施設として、能登大気観測スーパーサイト、臨海実験施設、低レベル放射能実験施設、尾小屋地下測定室、植物園を有します。2016年4月には、文部科学省の共同利用・共同研究拠点「越境汚染に伴う環境変動に関する国際共同研究拠点」に認定され、事業を推進しています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


臨海実験所を活用した日本海における有害有機物連続観測

対馬海流の流軸付近に位置する隠岐島(島根大学隠岐臨海実験所)、九十九湾(金沢大学臨海実験施設)、佐渡島(新潟大学佐渡臨海実験所)の3地点において、1ヶ月に1回表層海水を採取し、2014年以降の溶存態・懸濁態多環芳香族炭化水素類(PAHs)の時空間分布とその挙動を解析してきた。九十九湾における海水中のPAHs濃度は、2014年から2017年にかけて0.24から2.22 ng L–1の間で変動しながら、年平均値で増加する傾向を示し、約70%は溶存態で占められていた。また、2017年4月から12月の溶存態PAHs平均濃度は、対馬海流の上流域から流下方向にかけて、1.15 ng L–1から0.76 ng L–1へと減少する傾向にあり、海流による輸送が支配的と考えられる。

 

社会との連携


広域モニタリングによる越境汚染の実態解明

大気・海洋における広域モニタリングによる越境汚染の実態を研究者コミュニティーで報告するとともに、その成果は国際観測ネットワークを構成する研究者で共有し、最終的には越境汚染に関する研究者のコンソーシアムを設立するための基盤を整備した。

能登半島から発信する研究成果の社会還元

能登半島を中核とした研究フィールドでの成果を国内外に広く発信し、地域社会や国際社会へ国際共同研究拠点が目指す取組みを理解してもらうとともに、地域のステークホルダーとの協働活動体制の構築や地域人材育成を図ることを目的とする市民講演会や市民公開講座を開催している。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80