研究所・研究センター一覧

金沢大学がん進展制御研究所

Cancer Research Institute, Kanazawa University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
松本 邦夫
Matsumoto, Kunio
キーワード
発がん、悪性化、がんモデル、微小環境、幹細胞、分子標的
住所
〒920-1192
石川県金沢市角間町
〒920-0934
石川県金沢市宝町13-1
(腫瘍制御研究分野、腫瘍内科研究分野)
がん悪性化本態解明を目指した研究拠点

本研究所は、「がんに関する学理及びその応用の研究」を目的として、1967年にがん研究所として設立されました。以来、がんの基礎研究、研究成果に基づく臨床応用を通し、がんに関わる広範な先端的学問領域での研究推進と研究者の養成に努めています。とりわけ、「がん幹細胞」と「がん微小環境」に研究の焦点を当て、転移・薬剤耐性の制御を目指した研究を推進し、その成果を臨床へと応用する研究拠点として活動しています。2011年には、転移・薬剤耐性に代表される「がんの悪性進展過程」の制御という研究所の使命を明確にするために、「がん進展制御研究所」へと名称を変更いたしました。2015年には、これまでの活動を基盤とし、さらに次世代のがん研究を推進する目的で、「先進がんモデル共同研究センター」を発足させ、国内外の共同研究推進の核として活動しています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


多様性を持つがん細胞集団による転移機構の解明

がんによる死亡原因の多くは転移・再発によるものであり、その分子機構の解明はがん克服のためにも重要な研究課題です。これまでに、原発巣で浸潤能を獲得したがん細胞が、血流を介して遠隔臓器に到達し、転移巣を形成すると考えられて来ましたが、最近の研究から、遺伝子変異型の異なるがん細胞集団がクラスターを形成して転移する、「ポリクローナル転移」の概念が提唱されました。本研究所では、腸管腫瘍由来オルガノイドの移植による、大腸がん肝転移モデルを開発し、それを用いてポリクローナル転移のメカニズム解明を目指して個体レベルでの研究を推進しました。転移能を獲得した悪性がん細胞は、血流を介して肝臓に到達すると、肝星細胞の活性化による線維性転移ニッチを形成し、その環境依存的に増殖して転移巣を形成します(図1上)。一方で、非転移性がん細胞は肝臓に到達しても転移ニッチ形成を誘導せずに消失します(図1中)。興味深いことに、転移性および非転移性がん細胞がクラスターを形成して肝臓に到達すると、転移性細胞が形成する微小環境に依存して、非転移性がん細胞も生存・増殖して、ポリクローナルな転移巣を形成することが明らかになりました(図1下,図2)(Kok et a, Nat Commun, 2021)。この結果は、悪性度の多様ながん細胞集団による、転移巣形成がニッチに依存していることを示しており、将来の転移・再発に対する予防治療薬開発に貢献することが期待されます。

図1.ポリクローナル転移機構模式図

図1.ポリクローナル転移機構模式図

図2.蛍光標識したオルガノイドによるポリクローナル転移

図2.蛍光標識したオルガノイドによるポリクローナル転移

社会との連携


がんの先端研究を推進し、社会に還元する

がんは、日本人の死亡原因の1位であり、3人に1人ががんで亡くなっています。特に、遠隔臓器への転移や薬剤耐性が原因となる再発に代表される「がんの悪性化進展」を制御することは、がんの克服にはとても重要な課題です。本研究所では、基礎研究で得られた成果を基に、創薬研究や臨床研究(治験)などのトランスレーショナルリサーチを推進することにより、社会に還元することを目指しています。また、本研究所での最新の研究成果を紹介する市民公開講座の開催、高校生を対象としたがん研究紹介に加え、がんについての正しい知識を伝えるがん教育にも力を入れています。今後も、新たな研究シーズの発掘・育成、産学連携によるがん創薬の推進、トランスレーショナルリサーチという一連の活動をいっそう加速化させ、国民の健康維持増進、福祉の向上に寄与したいと考えています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80