研究所・研究センター一覧

金沢大学がん進展制御研究所

Cancer Research Institute, Kanazawa University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
平尾 敦
Hirao, Atsushi
キーワード
発がん、悪性化、がんモデル、微小環境、幹細胞、分子標的
住所
〒920-1192
石川県金沢市角間町
〒920-0934
石川県金沢市宝町13-1
(腫瘍制御研究分野、腫瘍内科研究分野)
がん悪性化本態解明を目指した研究拠点

本研究所は、「がんに関する学理及びその応用の研究」を目的として、1967年にがん研究所として設立されました。以来、がんの基礎研究と研究成果の積極的な臨床応用を通し、がんに関わる広範な先端的学問領域での研究の発展と研究者の養成に努めています。特に、「がん幹細胞」と「がん微小環境」に研究の焦点を当て、転移・薬剤耐性の制御を目指した研究を推進し、その成果を臨床へと応用する研究拠点として活動しています。2011年には、転移・薬剤耐性に代表される「がんの悪性進展過程」の制御という研究所の使命を明確にするために、「がん進展制御研究所」へと名称を変更いたしました。2015年には、これまでの活動を基盤とし、さらに次世代のがん研究を推進する目的で、「先進がんモデル共同研究センター」を発足させ、国内外の共同研究推進の核として活動しています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


がんの診断・治療につながる環状ペプチドを発見!

がん細胞の転移や抗がん剤耐性を促進する肝細胞増殖因子(HGF)は細胞外に分泌されるタンパク質であり、その受容体タンパク質METと結合することで、組織の成長・再生を促します。ところが、さまざまながん組織においては、HGFががん細胞に作用すると、がんの転移や抗がん剤に対する耐性獲得を促進します。そのため、HGF-METの結合を阻害する分子の開発が求められています。 本研究所では、 東京大学との共同研究により、HGFに結合する環状ペプチド「HiP-8」を開発し、HiP-8が極めて高い特異性でHGFに結合するとともに、HGFの作用を阻害することを明らかにしました(Nature Chemical Biology 15:598–606,2019)。また、金沢大学WPIナノ生命科学研究所との共同研究により、HiP-8の作用機作について高速原子間力顕微鏡による観察を行った結果、HiP-8がHGFに結合することでHGFのダイナミックな形状変化を強く阻害することを可視化することにも成功しました(図1)。さらに、理化学研究所との共同研究において、HGFが豊富ながん組織をPET(ポジトロン断層法)イメージングにより可視化できることを実証しました(図2)。 これらの研究成果は、転移性の高いがんや抗がん剤が効き難いがんの治療や画像診断に活用されることが期待されます。

<strong>図1 高速原子間力顕微鏡による観察: </strong>黄色の線はHGF分子の形状の動きを示す。HGFの形状は活発に変化する一方,HiP-8が結合すると,HGFのダイナミックな形状変化(分子の動態)は強く抑制された。

図1 高速原子間力顕微鏡による観察: 黄色の線はHGF分子の形状の動きを示す。HGFの形状は活発に変化する一方,HiP-8が結合すると,HGFのダイナミックな形状変化(分子の動態)は強く抑制された。

<strong>図2 HiP-8を用いたPET試験:</strong> HiP-8(プローブ)がHGFの豊富ながん(マウスに移植)に集積。腎臓や肝臓からプローブが速やかに排泄されることによって,がん組織がコントラスト高く可視化されている。

図2 HiP-8を用いたPET試験: HiP-8(プローブ)がHGFの豊富ながん(マウスに移植)に集積。腎臓や肝臓からプローブが速やかに排泄されることによって,がん組織がコントラスト高く可視化されている。

社会との連携


がんの先端研究を推進し、社会に還元する

がんは、日本人の死亡原因の1位であり、3人に1人ががんで亡くなっています。特に、遠隔臓器への転移や薬剤耐性が原因となる再発に代表される「がんの悪性化進展」を制御することは、がんの克服にはとても重要な課題です。本研究所では、基礎研究で得られた成果を基に、創薬研究や臨床研究(治験)などのトランスレーショナルリサーチを推進することにより、社会に還元することを目指しています。これらの成果により、将来のがん医療の向上に大きく貢献できると期待しています。また、本研究所での最新の研究成果を紹介する市民公開講座の開催、高校生を対象としたがん研究紹介に加え、がんについての正しい知識を伝えるがん教育にも力を入れています。今後も、新たな研究シーズの発掘・育成、産学連携によるがん創薬の推進、トランスレーショナルリサーチという一連の活動をいっそう加速化させ、国民の健康維持増進、福祉の向上に寄与したいと考えています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80