研究所・研究センター一覧

金沢大学がん進展制御研究所

Cancer Research Institute, Kanazawa University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
平尾 敦
Hirao, Atsushi
キーワード
がん生物学、がん診断・治療
住所
〒920-1192
石川県金沢市角間町
〒920-0934
石川県金沢市宝町13-1
(腫瘍制御研究分野、腫瘍内科研究分野)
がんの転移・薬剤耐性に関わる研究拠点形成を目指して

本研究所は、「がんに関する学理及びその応用の研究」を目的として、1967年にがん研究所として設立されました。以来、がんの基礎研究と研究成果の積極的な臨床応用を通し、がんに関わる広範な先端的学問領域での研究の発展と研究者の養成に努めています。特に、「がん幹細胞」と「がん微小環境」に研究の焦点を当て、転移・薬剤耐性の制御を目指した研究を推進し、その成果を臨床へと応用する研究拠点として活動しています。2011年には、転移・薬剤耐性に代表される「がんの悪性進展過程」の制御という研究所の使命を明確にするために、「がん進展制御研究所」へと名称を変更いたしました。2016年には、これまでの活動を基盤とし、さらに次世代のがん研究を推進する目的で、「先進がんモデル共同研究センター」を発足させ、国内外の共同研究推進の核として活動しています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


KRAS変異肺がんに新たな治療法!

肺がんで死亡する患者の5-8%を占めるKRAS遺伝子変異に関して、新たな治療抵抗性メカニズムを発見しました。従来、変異型KRASタンパクを直接阻害することは困難とされ、そのため、RAS下流シグナルであるMEKキナーゼの抑制による治療が試みられてきました。しかし、これまでの早期臨床試験の結果から、MEKキナーゼ阻害薬の効果は限定的であることが明らかとなっています。本研究所の矢野教授グループは、MEK阻害薬投与が、フィードバック機構を介して受容体キナーゼを活性化し、活性化した受容体によりMAPKシグナルが再活性化されることを明らかにしました。さらに、活性化される受容体は腫瘍の上皮間葉移行状態に依存しており、上皮型腫瘍ではERBB3、間葉型腫瘍ではFGFR1が関与していることも見いだしました。さらに、それぞれの受容体阻害薬とMEK阻害薬の併用療法の有効性をマウスモデルおよび患者検体由来ゼノグラフトモデルで実証しました。このような併用療法は、今後、治療抵抗性肺がんの治療における切り札として実用化が期待されます。また、KRAS変異で発症するがんは、肺だけではなく、がん全体の20%にも及ぶことが知られており、本研究成果は、肺がん以外のがんへの応用も期待されます。

KRAS変異肺がんにおける上皮・間葉以降状態に応じた個別医療

KRAS変異肺がんにおける上皮・間葉以降状態に応じた個別医療

社会との連携


がんの先端研究を推進し、社会に還元する

がんは、日本人の死亡原因の1位であり、3人に1人ががんで亡くなっています。特に、遠隔臓器への転移や薬剤耐性が原因となる再発に代表される「がんの悪性化進展」を制御することは、がんの克服にはとても重要な課題です。私たちは、ゲノム情報をもとに、さらに新しい切り口によるがん研究の推進が重要であると考え、「がん幹細胞」、「がん微小環境」に集中して研究を進めて参りました。本研究体制で得られた成果を基に、創薬研究や臨床研究(治験)などのトランスレーショナルリサーチを推進することにより、社会に還元することを目指しています。現在、本研究所が主体となり、複数の医師主導治験が進行しています。これらの成果により、将来のがん医療の向上に大きく貢献できると期待しています。また、本研究所での最新の研究成果を紹介する市民公開講座の開催、高校生を対象としたがん研究紹介に加え、がんについての正しい知識を伝えるがん教育にも力を入れています。今後も、新たな研究シーズの発掘・育成、産学連携によるがん創薬の推進、トランスレーショナルリサーチという一連の活動をいっそう加速化させ、国民の健康維持増進、福祉の向上に寄与したいと考えています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80