研究所・研究センター一覧

金沢大学がん進展制御研究所

Cancer Research Institute, Kanazawa University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
大島 正伸
Oshima, Masanobu
キーワード
がん幹細胞、がん微小環境、転移・再発、薬剤耐性
住所
〒920-1192
石川県金沢市角間町
〒920-0934
石川県金沢市宝町13-1
(腫瘍制御研究分野、腫瘍内科研究分野)
がんの転移・薬剤耐性に関わる研究拠点形成を目指して

がん進展制御研究所は、「がんに関する学理及びその応用の研究」を目的として、1967年にがん研究所として設立されました。以来、がんの基礎研究と研究成果の積極的な臨床応用を通し、がんに関わる広範な先端的学問領域での研究の発展と研究者の養成に努めてきています。「がん幹細胞」と「がん微小環境」に研究の焦点を当て、転移・薬剤耐性の制御を目指した研究を一層推進し、その成果を臨床へと応用する研究拠点を目指し、がん幹細胞研究プログラム・がん微小環境研究プログラム・がん分子標的探索プログラム・がん分子標的医療開発プログラムの4プログラム体制へと、2010年に改組しました。2011年には、転移・薬剤耐性に代表される「がんの悪性進展過程」の制御という研究所の使命を明確にするために、「がん進展制御研究所」へと名称を変更いたしました。

平成27年度の研究活動内容及び成果


慢性骨髄性白血病と好塩基球

慢性骨髄性白血病(CML)での好塩基球増加は古くから知られているが、その病態生理学的な意義は不明であった。好塩基球が産生するケモカインCCL3が、骨髄移植時の正常造血幹/前駆細胞の増殖に対して抑制作用を示した。CMLで増加している好塩基球様白血病細胞もCCL3を産生している上に、好塩基球除去によってCMLの発症が抑制された。さらに、CCL3のレセプターであるCCR5に対する阻害剤が慢性骨髄性白血病に対して予防効果を示した。したがって、CMLで増加している好塩基球様細胞はCCL3を産生し、白血病幹細胞とニッチを巡って競合関係にある正常造血幹/前駆細胞の増殖を抑制することを通して、CMLの発症に密接に関与していると考えられた。

Fig45_01

社会との連携


がんの先端研究の推進から市民への啓蒙まで

■転移・薬剤耐性に関わる共同研究の推進

本研究所では、ヒトがん組織バンク・マウス発がんモデル組織バンクなどの共同利用施設を整備し、これらを転移・薬剤耐性に関わる、国内外の学術機関との共同研究に供している。また、2012年には研究所内に化合物のハイスループットなスクリーニングが可能な「がん創薬ユニット」を設立し、学術機関のみならず、製薬企業等の産業界の利用にも供し、産学連携をさらに推進する予定である。

■市民への啓蒙活動

研究所での最新の研究成果を紹介する市民公開講座とともに、本学附属病院と共同でがんの最新の治療法・診断法を紹介する市民公開セミナーを、毎年開催している。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80