研究所・研究センター一覧

金沢大学がん進展制御研究所

Cancer Research Institute, Kanazawa University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
平尾 敦
Hirao, Atsushi
キーワード
腫瘍学
住所
〒920-1192
石川県金沢市角間町
〒920-0934
石川県金沢市宝町13-1
(腫瘍制御研究分野、腫瘍内科研究分野)
がんの転移・薬剤耐性に関わる研究拠点形成を目指して

本研究所は、「がんに関する学理及びその応用の研究」を目的として、1967年にがん研究所として設立されました。以来、がんの基礎研究と研究成果の積極的な臨床応用を通し、がんに関わる広範な先端的学問領域での研究の発展と研究者の養成に努めています。特に、「がん幹細胞」と「がん微小環境」に研究の焦点を当て、転移・薬剤耐性の制御を目指した研究を推進し、その成果を臨床へと応用する研究拠点として活動しています。2011年には、転移・薬剤耐性に代表される「がんの悪性進展過程」の制御という研究所の使命を明確にするために、「がん進展制御研究所」へと名称を変更いたしました。2016年には、これまでの活動を基盤とし、さらに次世代のがん研究を推進する目的で、「先進がんモデル共同研究センター」を発足させ、国内外の共同研究推進の核として活動しています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


白血病の発症を防ぐ新たなしくみ、発見!

極端に偏った食生活、特に脂肪分の多い食事は、生活習慣病、いわゆるメタボリックシンドロームを引き起こすのみならず、がんの誘因になることが知られています。これまでの疫学的研究から、肥満と白血病との因果関係が考えられてきましたが、実際、脂肪の摂り過ぎなど肥満を引き起こす食習慣が白血病の原因になるのかどうかについて不明でした。本研究所の田所優子助教と平尾敦教授の研究グループは、高脂肪食摂取によって引き起こされる造血幹細胞の機能低下や白血病化を防ぐ仕組みがあることを発見しました。研究グループは、造血幹細胞において様々なストレスに応答するSpred1に着目して研究を行ってきました。造血幹細胞におけるSpred1の役割を調べるためにSpred1欠損マウスの造血幹細胞を解析したところ、Spred1欠損造血幹細胞は加齢や細菌感染に対して抵抗性を示すものの、高脂肪食摂取に対しては造血幹細胞の機能低下と白血病化を引き起こすことが明らかとなりました。この結果は、Spred1は高脂肪食摂取によるストレスに対して特異的に、造血幹細胞を維持するために必須であることを示しています。またこの血液異常は、腸内細菌の除去によって回避されたことから、高脂肪食摂取による腸内細菌叢の変化が関与していることが明らかとなりました(Cell Stem Cell, 22, 713-725, 2018)。

今回の発見は、食餌による腸内でのイベントが遠く離れた造血幹細胞に影響を及ぼしていることを示しており、幹細胞制御の理解に新たな視点を加えると共に、白血病発症メカニズムの理解や新規の予防法・治療法の開発につながることが期待されます。

高脂肪食を与えたマウスでは,腸内細菌叢のバランスが変化してしまいます。野生型造血幹細胞ではSpred1が存在することで,血液は正常に保たれます。一方,Spred1を欠損すると,ROCKシグナルの活性化に加えてERKシグナルの抑制が外れ,造血幹細胞は異常な自己複製を起こすようになります。その結果,Spred1欠損造血幹細胞は正常状態を保てずに,幹細胞機能を失い,重度の貧血を起こし,白血病を発症します。

高脂肪食を与えたマウスでは,腸内細菌叢のバランスが変化してしまいます。野生型造血幹細胞ではSpred1が存在することで,血液は正常に保たれます。一方,Spred1を欠損すると,ROCKシグナルの活性化に加えてERKシグナルの抑制が外れ,造血幹細胞は異常な自己複製を起こすようになります。その結果,Spred1欠損造血幹細胞は正常状態を保てずに,幹細胞機能を失い,重度の貧血を起こし,白血病を発症します。

社会との連携


がんの先端研究を推進し、社会に還元する

がんは、日本人の死亡原因の1位であり、3人に1人ががんで亡くなっています。特に、遠隔臓器への転移や薬剤耐性が原因となる再発に代表される「がんの悪性化進展」を制御することは、がんの克服にはとても重要な課題です。私たちは、ゲノム情報をもとに、さらに新しい切り口によるがん研究の推進が重要であると考え、「がん幹細胞」、「がん微小環境」に集中して研究を進めて参りました。本研究体制で得られた成果を基に、創薬研究や臨床研究(治験)などのトランスレーショナルリサーチを推進することにより、社会に還元することを目指しています。現在、本研究所が主体となり、複数の医師主導治験が進行しています。これらの成果により、将来のがん医療の向上に大きく貢献できると期待しています。また、本研究所での最新の研究成果を紹介する市民公開講座の開催、高校生を対象としたがん研究紹介に加え、がんについての正しい知識を伝えるがん教育にも力を入れています。今後も、新たな研究シーズの発掘・育成、産学連携によるがん創薬の推進、トランスレーショナルリサーチという一連の活動をいっそう加速化させ、国民の健康維持増進、福祉の向上に寄与したいと考えています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80