研究所・研究センター一覧

群馬大学生体調節研究所

Institute for Molecular and Cellular Regulation, Gunma University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
佐藤 健
Sato, Ken
キーワード
内分泌・代謝、生活習慣病、細胞生物学、ゲノム・エピゲノム解析
住所
〒371-8512
群馬県前橋市昭和町3-39-15
内分泌・代謝を中心とした生体調節機構とその破綻による
生活習慣病の成因、病態生理の解明

当研究所は、1963年に内分泌研究所として設立され、1994年に生体調節研究所と名称が変更されました。内分泌・代謝を中心に、生体を統合的に調節する系の分子機構と、その破綻によって起こる疾患の成因・病態生理の研究を行っています。主なテーマは、受容体と細胞内シグナル伝達、開口放出・エンドサイトーシスなど細胞内膜輸送、膵β細胞の分泌や分化・再生、生体における代謝制御、糖尿病・肥満症をはじめとする生活習慣病の成因・病態生理、エピゲノム解析、炎症応答やDNA・タンパク質損傷ストレス応答などです。2010年度から内分泌代謝学の共同利用・共同研究拠点に認定されています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


組織・臓器の発生プロセスのエラー回避機構を発見
~先天性疾患、がんの発症機構理解に新たな視点~

当研究所の個体統御システム分野は、九州大学生体防御医学研究所の大川恭行教授らとオリンパス株式会社との共同研究により、動物組織の健康性が、不良細胞を排除する「モルフォゲン勾配ノイズキャンセリング」というシステムにより支えられていることを突き止めました。このシステムは、動物胚の発生過程で突然生じた不良細胞を、モルフォゲン勾配というセンサーを使って感知し、細胞死によって取り除く=ノイズをキャンセルすることで、胚組織を構成する細胞の質や機能を適切に維持します。その結果、正常に機能し病気になりにくい健康な組織・臓器を作り上げることを支えています。今後、本研究の進展により、先天性疾患やがんなどの発症機構の解明が期待できます。

膵ポリペプチド (PP)に対する特異的抗体の作製に成功

当研究所の分子糖代謝制御分野は、順天堂大学、 埼玉医科大学との共同研究により膵ポリペプチド (PP)に対する特異的モノクローナル抗体の作製に成功しました。PPは4種類の膵内分泌細胞のひとつとして知られるPP細胞から産生されるホルモンですが、NPYやPYYとの相同性が高いため、これまでPPのみを特異的に認識する抗体はありませんでした。本研究ではまず、PPをコードするPpy遺伝子を欠損するマウスにPPを免疫し、そこからハイブリドーマを得ました。次に、PPとは結合するが、NPY, PYYとは結合しないクローンを選びました。最後に、野生型膵島は染めるが、Ppy欠損マウス膵島組織ではシグナルが消えるクローンを選別して、目的の抗体を樹立することが出来ました。今後、この抗体を用いて、PPやPP細胞の未知なる役割を解明してゆきたいと考えています。

社会との連携


最先端医学研究の現状と研究の面白さを地元市民、高校生へ紹介

年十数回各90分間程度、一般市民を対象に「まちなかキャンパス:ここでしか聞けない医学・科学の話いろいろ」と題して、最先端の医学研究知見をわかりやすく提供しています。

出前授業と施設見学会

群馬県内高校への出前授業と、高校生を招待して、研究所施設見学や研究者キャリアパスの紹介をしています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80