研究所・研究センター一覧

群馬大学生体調節研究所

Institute for Molecular and Cellular Regulation, Gunma University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
泉 哲郎
Izumi, Tetsuro
キーワード
内分泌・代謝、生活習慣病、細胞生物学、ゲノム・エピゲノム解析
住所
〒371-8512
群馬県前橋市昭和町3-39-15
内分泌・代謝を中心とした生体調節機構とその破綻による
生活習慣病の成因、病態生理の解明

当研究所は、1963年に内分泌研究所として設立され、1994年に生体調節研究所と名称が変更されました。内分泌・代謝を中心に、生体を統合的に調節する系の分子機構と、その破綻によって起こる疾患の成因・病態生理の研究を行っています。主なテーマは、受容体と細胞内シグナル伝達、開口放出・エンドサイトーシスなど細胞内膜輸送、膵β細胞の分泌や分化・再生、生体における代謝制御、糖尿病・肥満症をはじめとする生活習慣病の成因・病態生理、エピゲノム解析、炎症応答やDNA・タンパク質損傷ストレス応答などです。2010年度から内分泌代謝学の共同利用・共同研究拠点に認定されています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


筋萎縮性側索硬化症(ALS)発症機構の一端を解明

ALSは難病の神経変性疾患で、家族性ALSの原因遺伝子を手掛かりに、その発症機構解明が進行中です。オプチニューリン(OPTN)遺伝子変異がALS発症に連関することは2010年に日本で発見されましたが、本研究では、OPTNが直鎖状ユビキチン鎖という特異な分子に結合し、炎症制御に重要なNF-κBシグナルや細胞死を抑制していることを突き止めました。また、OPTN変異によるALS患者では直鎖状ユビキチン鎖が蓄積して神経細胞死を引き起こしており、今後、本系が治療標的になることが期待されます。

CRISPR/Cas9ゲノム編集を応用したエピゲノム編集法の開発

エピジェネティック修飾の一つであるDNAメチル化は、生命の発生や分化、さらには癌や生活習慣病などの様々な疾患の基盤となることが明らかにされてきました。しかしながら、特定のゲノム領域のDNAメチル化を操作する技術はまだ発展の途上にあります。本研究では、ゲノム編集技術に用いられるCRISPR-Cas9系を応用し、エピトープタグの一つであるSunTagシステムと組み合わせることで、特定のDNAメチル化領域を効率的に脱メチル化する手法を開発することに成功しました。

社会との連携


最先端医学研究の現状と研究の面白さを地元市民、高校生へ紹介

年十数回各90分間程度、一般市民を対象に「まちなかキャンパス:ここでしか聞けない医学・科学の話いろいろ」と題して、最先端の医学研究知見をわかりやすく提供しています。

出前授業と施設見学会

群馬県内高校への出前授業と、高校生を招待して、研究所施設見学や研究者キャリアパスの紹介をしています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80