研究所・研究センター一覧

筑波大学つくば機能植物イノベーション研究センター

Tsukuba Plant Innovation Research Center, University of Tsukuba
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
江面 浩
Ezura,Hiroshi
キーワード
遺伝資源、遺伝子組換え植物、特定網室、環境影響試験圃場、リスク分析、LMO/GMO理解増進
住所
〒305-8572
茨城県つくば市天王台1-1-1

つくば機能植物イノベーション研究センター(T-PIRC)は、植物における遺伝子機能解析を精力的に行ってきた遺伝子実験センターとフィールドを活かした農業研究を推進している農林技術センター農場部門の統合により、平成29年4月に新たに設置されました。両センターが強みとする分野を補完し、海外研究ユニット、民間企業による特別共同研究事業や国立研究開発法人等研究所の研究室を招致することで、植物バイオテクノロジーと生物資源を基調とした基礎・基盤研究から応用・開発、社会実装までをOne-Stop Shopで行う研究拠点を構築し、食料や資源の安定的確保といった持続可能な社会の実現に貢献するものです。また、本研究センターから生み出された先端研究成果や社会実装に向けた各種取り組みにより、次世代技術を習得した人材育成の促進にも貢献します。

平成28年度の研究活動内容及び成果


植物遺伝子・遺伝子組換え植物に関する総合的研究と国内・国際連携の推進

遺伝子実験センター教員を中心とする活動や共同利用・共同研究を通じ、植物遺伝子の機能解明や遺伝子組換え植物の育成・特性解析・環境影響評価・食品安全性評価等について多くの成果が得られました。また、文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクトや日仏国際ジョイントラボ等の活動を通して遺伝資源の収集・配布を行うと共に、日本におけるナス科・ウリ科ゲノム研究の中心機関として国内・国際連携を推進し、研究者コミュニティの連携を積極的に支援しました。情報発信では例年特別シンポジウムを開催し、急速に開発が進んでいる新しい遺伝子操作技術を用いる植物育種(NBT)に関して、最新情報を多くの関係者に提供するとともに、今後の研究方策・情報提供のあり方等について意見交換を行ってきています。また、JST/JICA地球規模課題対応国際科学技術協力(SATREPS)の採択を受け、「メキシコ遺伝資源の多様性評価と持続的利用の基盤構築」に関する研究を展開し、遺伝資源に関する国際協同研究と研究者養成を行い、ラテンアメリカへの展開を図りつつあります。一方、遺伝子組換え植物に関する研究基盤構築、遺伝子組換え植物の理解増進のための多様な資料作成と多方面での活用等を進めています。

平成28年度における他の代表的な活動は以下のようなものです。

  • 低温耐性遺伝子組換えユーカリの野外選抜のための圃場試験の実施
  • 新たに雌ずい花弁化八重咲きシクラメンの圃場試験のための第一種使用認可を取得
  • トマトのバイオリソース開発とその活用による果菜類の重要形質の発現機構解明と育種利用に関する研究
  • 新しい植物育種技術(ゲノム編集)の実証研究推進と情報収集と関係者への情報発信

(注:H28年度活動実績は遺伝子実験センターに関する実績となります。)

Fig16_01 Fig16_02

社会との連携


遺伝子組換え植物研究の社会への橋渡し及び遺伝子リテラシーの普及に向けて

■教員のための遺伝子組換え実験教育研修会

中学高等学校教員を主対象に、実技を伴う教育研修会を実施しています。先進的現職教員や関連専門知識を有する日本を代表する講師陣を迎え、遺伝子組換え実験を含む遺伝子リテラシー教育を実践しています。

■遺伝子組換え植物に関する橋渡し研究

基礎研究で育成された遺伝子組換え植物を応用研究に結びつけ、実用化していくために必要なさまざまな知識・技術・規制情報等を共有するため、産官学民の研究者を対象とする公開シンポジウムや実務者研修会等を随時開催するとともに、多様な共同研究を実施しています。

■サイエンスカフェ

毎月1回サイエンスカフェ(バイオeカフェ)を実施しています。センター教員と学部生・大学院生が主体となって運営し、生命科学と環境科学の話題を中心に、市民と科学について気軽に語り合い、サイエンスリテラシーの普及に努めています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80