研究所・研究センター一覧

琉球大学熱帯生物圏研究センター

Tropical Biosphere Research Center, University of the Ryukyus
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
松﨑 吾朗
Matsuzaki, Goro
キーワード
亜熱帯島嶼、サンゴ礁、マングローブ、生物多様性、共生、遺伝資源、感染症
住所
〒903-0213
沖縄県中頭郡西原町千原1番地

熱帯生物圏研究センターは、沖縄北部・瀬底島に設置される瀬底研究施設、西表島に設置される西表研究施設と沖縄本島南部の琉球大学キャンパス内に設置される分子生命科学研究施設・西原研究施設より構成される、日本最南端の共同利用・共同研究拠点(熱帯生物圏における先端的環境生命科学共同研究拠点)です。本センターでは、琉球列島をはじめとする亜熱帯から熱帯域の多様な生物群を主な対象として、熱帯圏特有の生命現象に関する研究を行っています。研究組織は4つの研究部門と客員研究部門から成り、国内外の研究者との共同研究を行うほか、外部研究者が主体となった研究プロジェクトへの施設・設備の提供も実施しています。また野外での実習や調査のベースなどとしても機能し、大学院生や学部学生の教育にも利用されています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


当センターの西表研究施設はマングローブ林及び亜熱帯林をフィールドとして提供しており、また国内で唯一「マングローブ学」の名を冠する研究組織が設置される日本国内のマングローブ学研究の中心として位置付けられています。マングローブの保全遺伝学研究や、環境DNAを用いたマングローブ生態系の生物多様性研究では、国際的な研究ネットワークの中心的な研究拠点となっています。当センターの研究で構築したマングローブのゲノム研究に関する国際研究ネットワークの成果として、マングローブ林保全におけるマングローブ植物のゲノム情報の有用性を報告しました。
感染症の研究に関して、当センターの教員、当センター発スタートアップ企業及び製薬企業間で志賀毒素に対する動物用ワクチンを開発し、令和2年に医薬品として農林水産省に認可されました。このワクチンは遺伝子組換え技術により作成された新規ワクチンであり、今後はヒト感染症に対するワクチンにも応用可能な技術として期待されます。

当センターの西表研究施設は、西表島の亜熱帯林に囲まれ、またマングローブ林にも近接しているため、亜熱帯の自然環境を研究するには最適な研究施設です(写真)。その他にも、サンゴ礁生物など多様な熱帯生物について、4つの研究施設(瀬底、西表、西原、分子生命科学研究施設)で分担して研究を進めています。

当センターの西表研究施設は、西表島の亜熱帯林に囲まれ、またマングローブ林にも近接しているため、亜熱帯の自然環境を研究するには最適な研究施設です(写真)。その他にも、サンゴ礁生物など多様な熱帯生物について、4つの研究施設(瀬底、西表、西原、分子生命科学研究施設)で分担して研究を進めています。

社会との連携


当センターは、日本最南端最西端の国立大学附置研という立地を活かし、サンゴ礁、マングローブ林、亜熱帯林をフィールドとして、中高大学生および大学院生を対象とした実習や講義を、多数実施してきました。残念ながら、令和2年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、社会との連携活動が大きく抑制され、特に西表島などの医療環境が悪い離島での研究教育活動支援は、非常に困難な状態に陥りました。その状態でも、ある程度、外部の研究者などに施設を供給できましたが、現在は新型コロナウイルス感染症が終息した際に速やかに社会との連携を再開するべく、施設の整備・準備を進めているところです。

琉球大学の全学部全学年を対象とした実習、亜熱帯-西表の自然の実習風景。

琉球大学の全学部全学年を対象とした実習、亜熱帯-西表の自然の実習風景。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80