研究所・研究センター一覧

琉球大学熱帯生物圏研究センター

Tropical Biosphere Research Center, University of the Ryukyus
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
松﨑 吾朗
Matsuzaki, Goro
キーワード
亜熱帯島嶼、サンゴ礁、マングローブ、生物多様性、 共生、遺伝資源、感染症
住所
〒903-0213
沖縄県中頭郡 西原町字千原1番地

熱帯生物圏研究センターは、沖縄北部・瀬底島に設置される瀬底研究施設、西表島に設置される西表研究施設と沖縄本島南部の琉球大学キャンパス内に設置される分子生命科学研究施設・西原研究施設より構成される、日本最南端の共同利用・共同研究拠点(熱帯生物圏における先端的環境生命科学共同研究拠点)です。本センターでは、琉球列島をはじめとする亜熱帯から熱帯域の多様な生物群を主な対象として、熱帯圏特有の生命現象に関する研究を行っています。研究組織は4つの研究部門と客員研究部門から成り、国内外の研究者との共同研究を行うほか、外部研究者が主体となった研究プロジェクトへの施設・設備の提供も実施しています。また野外での実習や調査のベースなどとしても機能し、大学院生や学部学生の教育にも利用されています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


サンゴ礁研究においては、サンゴと共生する褐虫藻の間での窒素と炭素のリサイクルが従来想定されていたより長いサイクルで行われていることを明らかにし、また、単細胞生物クロメラをサンゴ幼生細胞内に実験的に共生させることによりサンゴと他生物との共生関係成立機構を解明しました。島嶼多様性生物学研究においては、インドネシアのスラウェシ島に分布するメダカ科魚類の系統関係を、次世代シーケンサーによるトンスクリプトームワイド配列を用いて明らかにし、同時に各種の体型を幾何学的形態計測法によって解析し、系統進化の過程における体型の祖先形質の推定を行いました。感染症研究においては、熱帯地区にも蔓延する細菌感染症のうち、ブタの浮腫病に対する安定かつ安全なワクチン抗原を作製することに成功し、日米での特許を取得するとともに、動物用医薬品として製造販売承認申請が目前であります。

サンゴ礁生物など、沖縄のフィールドでしか研究できない対象を中心に研究を進めています。

社会との連携


日本最南端最西端の国立大学附置研という立地を活かし、サンゴ礁、マングローブ林、亜熱帯林をフィールドとして、中高大学生および大学院生を対象とした実習や講義を、多数実施しています。

琉球大学の全学部全学年を対象とした実習、亜熱帯-西表の自然の実習風景。

琉球大学の全学部全学年を対象とした実習、亜熱帯-西表の自然の実習風景。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80