研究所・研究センター一覧

熊本大学産業ナノマテリアル研究所

Institute of Industrial Nanomaterials, Kumamoto University
  • 第1部会

研究所・センターの概要


所長
松本 泰道
Matsumoto, Yasumichi
キーワード
二次元ナノマテリアル、ナノシート、表面・粒界、AI、爆発プロセス、バイオエレクトリクス
住所
〒860-8555
熊本県熊本市中央区黒髪2-39-1

本研究所は国内で初めての二次元ナノマテリアルに特化した研究所として、学内の二次元ナノマテリアル研究者群と旧・パルスパワー科学研究所を融合して2020年4月に設置されました。二次元ナノマテリアルの応用研究は今後さらに発展すると期待されており、本研究所はナノシートや表面・粒界に関係した二次元ナノマテリアル研究をコアとして基礎から応用、さらには実用化に向けた特殊合成プロセスの研究開発等を集中して行い、基礎研究だけでなく産業イノベーションを起こす成果の創出に取り組んでいきます。研究所には、爆発実験施設やバイオエレクトリクス研究施設といった特殊合成プロセスや、二次元ナノマテリアル研究を推進させるための総合研究設備を有しており、他大学や企業の研究者にこれらの施設・設備を提供していきます。

令和元年度の研究活動内容及び成果


本研究所は本年度からスタートしたため、これまでの研究活動について紹介します。二次元マテリアルの1つである“ナノシート”は、厚さ1nm、幅数µmの超薄膜構造を有する、究極の表面材料です。ナノシートは、①構造に由来した特有の物性、②外部刺激に対する高い応答性、③高い比表面積、④様々な機能物質と“ハイブリッド体”が形成可能(様々な機能材料の創製)、⑤容易に小型化・軽量化・薄膜化・ウェアラブル化が可能等の優れた特性を持っています。研究所の2D材料部門は“酸化グラフェン”に国内でいち早く着目し、高いプロトン伝導、電子・プロトン混合伝導等を発見するとともに、世界に先駆けて薄膜燃料電池、薄膜固体型鉛蓄電池、薄膜スーパーキャパシタを開発する等、応用展開を見据えて精力的に研究に取り組んでおり、今後はこれらの活動をさらに推進させていきます。

社会との連携


これまで研究所メンバーが中心となって25社の企業を含めた「酸化グラフェン研究会」を発足させ、年2回学会を開催する等、産学連携を強化してきました。本研究会を契機に、これまでの化学領域のみならず、物理学/バイオ/環境学領域から医歯薬学領域まで研究対象を拡張させることで異分野融合研究が推進され、多数の共同研究に繋がっております。研究所では保有する研究施設を利用した共同研究を支援するため、公募型の共同研究支援制度を設けております。随時、ホームページに情報を掲載しますので、是非ご活用ください。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80