研究所・研究センター一覧

東北大学電気通信研究所

Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
塩入 諭
Shioiri, Satoshi
キーワード
情報デバイス、ブロードバンド通信、人間情報システム、システム・ソフトウェア工学、ナノエレクトロニクス・スピントロニクス、ブレインウェア
住所
〒980-8577
宮城県仙台市青葉区片平2-1-1

本研究所は、八木・宇田アンテナやマグネトロンなど、1930年前後の本学工学部電気工学科における電気通信の先駆的研究の高まりを背景に、1935年、附属電気通信研究所として設置されました。現在、20余の研究分野から構成され20年のホライズンの研究を行う4研究部門、10年のホライズンで活動する 2研究施設、5年のホライズンを特化して行う研究開発センターの3体制を整えております。本研究所は、情報通信分野唯一の共同利用・共同研究拠点として研究者コミュニティに開かれた共同研究を推進し、国内外の研究者と連携して「人間性豊かなコミュニケーションを実現する総合的科学技術」の研究を行い、先導的役割を果してまいります。

平成30年度の研究活動内容及び成果


消費電力が従来の100分の1以下の超低消費電力高性能マイコンを実現

スピントロニクス技術における基本素子である磁気トンネル接合(Magnetic Tunnel Junction: MTJ)素子と半導体素子技術を組み合わせた集積回路技術を用いて、高性能(動作周波数200MHz)と超低消費電力(平均電力50μW以下)を両立する不揮発マイコン(マイクロコントローラユニット)を世界で初めて実証した。これにより、室内光や微振動をエネルギー源とする環境発電で動作するワイヤレスセンサネットワークの実現も可能となることから、Society5.0に大きな貢献が見込まれる。
本成果は、内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の元、電気通信研究所が有する材料・素子・回路技術、ならびに本学国際集積エレクトロニクス研究開発センターが有する集積プロセス技術を高度に統合することにより実現されたものであり、集積回路技術に関する世界最高峰の国際会議であるISSCC2019(2019/2/17-21)におけるハイライト論文(*)として発表されるとともに、日本経済新聞、Science Dailyをはじめとする国内外のメディア36件(2019/3/15時点)で紹介されるなど、大きな注目を集めている。

(*) M. Natsui, D. Suzuki, A. Tamakoshi, T. Watanabe, H. Honjo, H. Koike, T. Nasuno, Y. Ma, T. Tanigawa, Y. Noguchi, M. Yasuhira, H. Sato, S. Ikeda, H. Ohno, T. Endoh, and T. Hanyu, “An FPGA-Accelerated Fully Nonvolatile Microcontroller Unit for Sensor-Node Applications in 40nm CMOS/MTJ Hybrid Technology Achieving 47.14μW Operation at 200MHz,” 2019 IEEE International Solid-State Circuits Conference (ISSCC2019), pp. 202-203, Feb. 2019.

社会との連携


半導体講習会の実施

電気通信研究所ナノ・スピン実験施設を活用した半導体講習会を開催し、社会人の学びなおしの場を提供している。本講習会は、宮城県(みやぎ高度電子機械産業振興協議会)と連携しながら、クリーンルームでの体験型実習も交えて半導体製造プロセス技術の基礎を教育する「半導体プロセス講習会」を実施している。年2回の講習会は、毎回定員を超える申し込みがある。

半導体講習会の様子(フォトリソグラフィー実習)

半導体講習会の様子(フォトリソグラフィー実習)

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80