研究所・研究センター一覧

東北大学金属材料研究所

Institute for Materials Research, Tohoku University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
高梨 弘毅
Takanashi, Koki
キーワード
材料物性、材料設計、物質創製、材料プロセス・評価、エネルギー材料、社会基盤材料、エレクトロニクス材料
住所
〒980-8577
宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
物質・材料研究の世界的中核拠点として

本研究所すなわち“金研”は、1916年、本多光太郎博士により、鉄鋼材料の自給という当時の社会的命題に答えるために設立されました。その後、鉄鋼から金属全般、そして非金属へと研究領域を広げ、物質・材料の学術・応用研究の世界的中核拠点に発展し、1987年には東北大学に附置したままで全国共同利用型の研究所に生まれ変わり、さらに2009年には、材料科学共同利用・共同研究拠点に認定されました。本研究所は、環境・エネルギー、情報・通信、生体、高度安全空間など、最先端の科学・工学の基盤となる材料科学の学理の探求と応用を目的として、研究活動を推進しています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


エネルギー利用の高効率化・高度化・多様化を目指した材料研究の推進

クリーンで経済的な持続的社会を実現するためには、エネルギー変換や物質輸送において高い効率や性能を実現する先端材料の開発が不可欠であり、平成27年度に設置した先端エネルギー材料理工共創研究センターでは理学と工学の研究者を融合して配置し、この分野の材料研究をさらに促進しています。高品質シリコン結晶の低コスト製造技術の開発(藤原グループ)、電気的にスイッチング可能な磁気デバイスの創出(宮坂グループ)、高耐熱型の全固体リチウムイオン二次電池の基礎技術開発(折茂グループ)など、エネルギー材料に関して多岐に渡る成果を上げています。

理想的なシリコン多結晶インゴットを目指した結晶成長制御研究の展開

理想的なシリコン多結晶インゴットを目指した結晶成長制御研究の展開

社会との連携


産学連携の推進(共同研究成果の社会実装、関西センターの活動)

高飽和磁束密度と低鉄損を兼備した超低損失ナノ結晶軟磁性材料「NANOMET」の開発(牧野グループ)により広範なパワーエレクトロニクス領域(車載・電装品)で小型化・省エネ応用を促進し、この材料に関して民間5社とベンチャー企業を立ち上げ事業化するなど、本所は企業との共同研究成果の社会実装化を促進しています。

また、大阪府と連携し、関西圏の金属系ものづくり企業の支援と、学術シーズの技術移転の促進、そして次世代ものづくり技術者および研究者の育成による社会貢献を目的とした附属研究施設・関西センターを設置しています。民間企業からの技術相談、共同研究による大学シーズの技術移転、技術者・研究者を対象とした「ものづくり基礎講座」や「技術講習会」等による企業人材教育などの諸活動を行っています。関西地区で培った実績をベースに平成28年4月1日から産学官広域連携センターとして、産学官連携活動を東北地区に拡大・展開していきます。

(左)新ナノ結晶合金NANOMET®を用いた家電用試作モータ (右)2016年3月24日開催「第46回ものづくり基礎講座」講義風景

(左)新ナノ結晶合金NANOMET®を用いた家電用試作モータ
(右)2016年3月24日開催「第46回ものづくり基礎講座」講義風景

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80