研究所・研究センター一覧

東北大学多元物質科学研究所

Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
村松 淳司
Muramatsu,Atsushi
キーワード
多元物質科学、有機・無機ハイブリッド材料、プロセスシステム・デバイス工学、先端計測技術開発、ネットワーク型共同研究拠点
住所
〒980-8577
宮城県仙台市青葉区片平2-1-1

多元物質科学研究所(略称:多元研)は、70年の歴史を持つ旧3研究所(選研・素材研、科研、非水研・反応研)を融合させ、多元物質科学に関する基礎と応用の先端的研究を推進し、本学4研究科(工学研究科、理学研究科、環境科学研究科、生命科学研究科)と協力し、次世代を担う若者の教育研究活動を行い、世界的視点から思考できる指導的人材を育成し、地域と世界に貢献することを使命としております。さらに、北海道大学電子科学研究所、東京工業大学化学生命科学研究所、大阪大学産業科学研究所、九州大学先導物質化学研究所と共に、大学の枠を越えた日本を縦断するネットワ-ク「物質・デバイス領域共同研究拠点」(全国共同利用研)を形成し、新しいタイプの共同利用研究所としての活動をしています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


微細加工した絶縁体表面で電子の蓄積の観察に成功最先端電磁場計測法である電子線ホログラフィーで可視化

進藤大輔教授の研究グループは、理化学研究所と共同で、各種の絶縁体にイオンビームによる微細加工を施して形態を制御し、電子線照射により帯電した絶縁体試料表面で、放出された2次電子の蓄積を、電子線ホログラフィーにより可視化することに成功しました。

(a)Y字型に加工されたエポキシ樹脂試料周辺の電位分布を示す位相再生像。 (b)二階調化した振幅再生像。画像の青色領域は試料形状を示す。

(a)Y字型に加工されたエポキシ樹脂試料周辺の電位分布を示す位相再生像。 (b)二階調化した振幅再生像。画像の青色領域は試料形状を示す。

 

X線自由電子レーザーの超短パルスでリボ核酸塩基分子中の電荷と原子の動きを可視化!ヨウ化ウラシルによる放射線増感効果の機構解明

上田潔教授と国内外の研究グループから構成される国際共同研究チームは、リボ核酸を構成する塩基分子の一つであるウラシルにヨウ素を付加したヨウ化ウラシル分子にX線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAから供給される非常に強力なX線を照射し、分子の中で起こる電荷と原子の動きを可視化することに成功しました。

X線吸収によるヨウ化ウラシル分子のクーロン爆発の初期過程(左)および、リボ核酸中でウラシルと置換されたヨウ化ウラシルが放射線スープの原料となる概念図(右)。

X線吸収によるヨウ化ウラシル分子のクーロン爆発の初期過程(左)および、リボ核酸中でウラシルと置換されたヨウ化ウラシルが放射線スープの原料となる概念図(右)。

社会との連携


○学都仙台コンソーシアム サテライトキャンパス公開講座(6月)
高田昌樹 教授が 「科学と技術の今日を支え、明日を拓く、東北放射光」と題する一般市民向けの公開講座を行いました。

○みやぎ県民大学 大学開放講座(6~7月)
「生命と化学の接点」と題し、生体成分である核酸、タンパク質に焦点を絞り、生命科学と化学の接点をテーマに最新の研究について分かりやすく説明しました。

○学都「仙台・宮城」サイエンスデイ2016 (7月)
体験型・対話型の科学イベント、学都「仙台・宮城」サイエンスデイ2016に『多元研サイエンスワールド2016』として出展しました。

○夏休み大学探検(7~8月)
「夏休み大学探検 2016」(仙台市教育委員会主催)が開催され、仙台市内の中学生16名が多元研を訪問し、「ナノって何なの?」と「ミクロの世界の電子のスピードガン」に参加しました。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80