研究所・研究センター一覧

東北大学加齢医学研究所

Institute of Development , Aging and Cancer , Tohoku University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
川島 隆太
Kawashima, Ryuta
キーワード
加齢制御、腫瘍制御、脳科学、スマート・エイジング
住所
〒980-8575
宮城県仙台市青葉区星陵町4-1

研究所では、「加齢に伴って増加する認知症などの脳加齢疾患および難治がんの克服」を具体的な目標として、「加齢制御」、「腫瘍制御」、「脳科学」の三つの研究部門、並びに二つの附属施設、医用細胞資源センターとスマート・エイジング国際共同研究センターで研究を推進しています。加齢制御部門では、加齢の分子メカニズムや、ゲノム損傷修復機構、生体防御機構の解明を行います。腫瘍制御部門では、腫瘍増殖制御のメカニズムを解明するとともに、最先端の癌診断・治療法の開発を行います。脳科学部門では、脳の発達と加齢の基礎研究を行うとともに、認知症など脳加齢疾患の最先端の診断・治療法の開発を行います。以上により、個人や社会のスマート・エイジング達成に貢献することを、理念に掲げております。なお研究所は「加齢医学研究拠点」として、全国共同利用・共同研究を積極的に推進しています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


生きた細胞内に物体を留置する新技術

生きた細胞を内側から操作することを目的として、細胞内に直径2ミクロンまでの大きさの任意の物体を直接導入して留置する方法を開発しました(図、赤色がHela細胞内の留置物体)。物体と同時に、DNA、抗体なども同時に導入できます。この方法を用いて、異種細胞の細胞内オルガネラの移植、留置した磁気ビーズ(核内に留置することも可能)を磁石で動かして刺激する実験、ヒト細胞内でのシアノバクテリア留置による光合成(Artificial symbiogenesis)など、今まで出来なかった実験が可能となりました。

(神経機能情報研究分野 小椋利彦)

Fig9_01

 

鏡の中の自分の顔~想像以上の複雑さ

人間以外で鏡に映った自分を認知できる動物は、チンパンジーなどの高度な知能と社会性を持ったごく少数の動物種に限定されます。この「人間らしい知能」の証明ともいえる鏡像自己認知が脳でどのように実現されているか、世界で初めての脳機能マッピング研究を行いました。その結果、一見単純なこの能力が、視覚処理・空間認知・身体認知・信念検証など様々な情報処理の組み合わせで実現されていることがわかりました。

(脳機能開発研究分野 杉浦元亮)

 

Fig9_02

 

社会との連携


がん医療水準の向上と均てん化のための地域活動

1981年以降、悪性新生物(がん)が日本人の死因の第1位になって久しいですが、超高齢者会を迎えて、我が国ではがんの罹患数と死亡数は増加の一途を辿っています。東北大学加齢医学研究所では東北大学病院での臨床研究を中心に、進行がんの病態解明と内科的診断・治療法の開発研究を進めています。がんの臨床研究や標準医療水準の向上を円滑に進めるためには、医師や医師以外の専門医療従事者の養成が必要です。そこで私たちは、臨床開発研究とは別に、このような社会のニーズに応えるべく、様々な形で、がん専門医療従事者の養成に取り組んでいます。

厚生労働省によるがん診療連携拠点病院強化事業や文科省のがんプロフェッショナル養成基盤推進プランの支援を得て、がん薬物療法チーム医療研修(2日間、医師、薬剤師、看護師の3名が1チーム)をこれまで10年間毎年開催し、延べ約90病院90チームを受け入れて東北地方全体のがん薬物療法の医療水準のボトムアップと均てん化に貢献してきました。また、医師、薬剤師、看護師が参加する東北臨床腫瘍セミナーを年2回東北地方の主要都市で開催し、11年間22回にわたるこれまでの開催で延べ約5400名が受講しました。さらに、宮城県地域医療再生事業を活用して、平成24~27年度の4年間に東北大学病院内に先進包括的がん医療推進室を設置し、学外で患者と患者の会の支援事業、がん相談と緩和ケア関連事業、宮城県内のがん情報サイト「がん情報みやぎ」による情報提供活動、臨床試験推進活動などを実施しました。このような大学発の地域社会への活動は、市民公開講座と併せて国のがん対策に重要です。

(臨床腫瘍学分野 石岡千加史)

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80