研究所・研究センター一覧

東北大学加齢医学研究所

Institute of Development , Aging and Cancer , Tohoku University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
川島 隆太
Kawashima, Ryuta
キーワード
加齢制御、腫瘍制御、脳科学、スマート・エイジング
住所
〒980-8575
宮城県仙台市青葉区星陵町4-1

研究所では、「加齢に伴って増加する認知症などの脳加齢疾患および難治がんの克服」を具体的な目標として、「加齢制御」、「腫瘍制御」、「脳科学」の三つの研究部門、附属施設である医用細胞資源センターと非臨床試験推進センター、学内共同教育研究施設であるスマート・エイジング学際重点拠点研究センターで研究を推進しています。加齢制御部門では、加齢の分子メカニズムや、ゲノム損傷修復機構、生体防御機構の解明を行います。腫瘍制御部門では、腫瘍増殖制御のメカニズムを解明するとともに、最先端の癌診断・治療法の開発を行います。脳科学部門では、脳の発達と加齢の基礎研究を行うとともに、認知症など脳加齢疾患の最先端の診断・治療法の開発を行います。以上により、個人や社会のスマート・エイジング達成に貢献することを、理念に掲げております。なお研究所は「加齢医学研究拠点」として、全国共同利用・共同研究を積極的に推進しています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


病原性自己抗体を産生する細胞の目印分子を発見

全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患では,原因は不明ですが細胞の核内成分に対する抗体が作られてしまいます。これは多様な組織,臓器に障害を与えるため,ステロイドなどの免疫抑制剤でコントロールすることになりますが,感染症に罹りやすくなったり,骨粗鬆症のリスクが高まるなどの多様な副作用が危惧されるため長期的な投与は慎重にならざるを得ません。私たちはこのような病原性自己抗体を産生する細胞を狙って特異的に免疫的な制御を行う方法を開発するため,病原性細胞の表面上に発現するマーカー分子を探索し,免疫抑制性受容体であるLILRB4を同定しました。なぜ病原性細胞に免疫抑制受容体が高レベルで発現するかについてはまだ不明ですが,これを標的として新しい治療法が開発できる可能性があります。

(遺伝子導入研究分野 高井俊行)

 

研究室で単離・同定した、血管内皮細胞が産生して血管新生抑制とストレス耐性増強に作用するvasohibin-1(VASH1)と、そのホモログで、がん細胞が産生してがんの進展と腫瘍血管新生を促進するvasohibin-2(VASH2)に関する研究を進めた。
Vash1遺伝子欠損マウスは、ストレスに対して脆弱なことから短命と考えられたが、予想に反して健康長寿であることを明らかにし、その機序として、脂肪組織の血管がVash1を比較的多く発現しており、Vash1遺伝子が欠損すると脂肪組織のインスリン受容体、およびその下流のIRS1IRS2の発現が低下し、糖尿病は起こさない程度の軽度のインスリン抵抗性を来すたことを明らかにした。
がんにおけるVASH2の意義に関して、胃がんを自然発症するGanマウスとVash2遺伝子欠損マウスを交配すると、胃がんの発症が顕著に抑制され、組織学的解析から特にがん随伴線維芽細胞の浸潤が抑制されていることを明らかにした。また、VASH2の発現は浸潤・転移に関わるがん細胞の上皮間葉転換に必要であることを明らかにした。

(腫瘍循環研究分野 佐藤靖史)

社会との連携


スマートエイジングを基盤とした産学連携への試み

加齢医学研究所では、エイジングによる経年変化に賢く対処して、個人や社会が知的に成熟することを、「スマートエイジング」と定義して研究を展開しております。さらに、社会との連携をすすめるために、スマート・エイジング・カレッジ東京を開講しています。ここでは50社を超える企業の方々とともに、セミナーを通して意見交換し、産学連携につながるシニアビジネスの開拓に努めています。
私たちの研究室では、免疫研究を行っており、昨年度は「免疫機能を活用して健康支援産業を創出する」というテーマで講義させていただきました。免疫は、からだを守るしくみであり、免疫細胞自体には、数多くの病原体やタンパク質に反応できる能力があるとともに、予防接種で代表されるように、出会った病原体を記憶できるという能力があります。この数多くの病原体やタンパク質に反応できる受容体を用いて、健康維持・健康増進につながる産業化ができないか模索しているところです。
スマート・エイジングとは、一人ひとりが、時間の経過とともに、高齢期になってもいかに健やかに豊かに過ごすか、また、社会全体としては、より賢明で持続可能な構造に進化することを目指した取り組みです。我々の研究シーズをもとに、企業の方々と共同研究・共同開発による産業化をはかっていきたいと思っています。

(生体防御学分野 小笠原康悦)

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80