研究所・研究センター一覧

東北大学加齢医学研究所

Institute of Development , Aging and Cancer , Tohoku University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
川島 隆太
Kawashima, Ryuta
キーワード
加齢制御、腫瘍制御、脳科学、スマート・エイジング、医療機器開発
住所
〒980-8575
宮城県仙台市青葉区星陵町4-1

研究所では、「加齢に伴って増加する認知症などの脳加齢疾患および難治がんの克服」を具体的な目標として、「加齢制御」、「腫瘍制御」、「脳科学」の三つの研究部門、附属施設である医用細胞資源センターと非臨床試験推進センター、学内共同教育研究施設であるスマート・エイジング学際重点拠点研究センターで研究を推進しています。加齢制御部門では、加齢の分子メカニズムや、ゲノム損傷修復機構、生体防御機構の解明を行います。腫瘍制御部門では、腫瘍増殖制御のメカニズムを解明するとともに、最先端の癌診断・治療法の開発を行います。脳科学部門では、脳の発達と加齢の基礎研究を行うとともに、認知症など脳加齢疾患の最先端の診断・治療法の開発を行います。以上により、個人や社会のスマート・エイジング達成に貢献することを、理念に掲げております。なお研究所は「加齢医学研究拠点」として、全国共同利用・共同研究を積極的に推進しています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


遺伝性腫瘍の基礎研究による発がん機構の解明と臨床への応用

BRCA1(Breast Cancer 1)はその変異により遺伝性乳がん・卵巣がん症候群を引き起こすがん抑制遺伝子で、難治性のトリプルネガティブ乳がんやその他の散発性がんにも関与します。その遺伝子産物は、DNAの相同組み換え修復や、細胞分裂時に紡錘体極として染色体分配に重要な働きをする中心体の複製において重要な働きをします。我々は、新規BRCA1結合分子として、Obg-like ATPase 1 (OLA1)やReceptor for activated C kinase (RACK1)を同定し、これらがBRCA1と結合分子であるBARD1とともに中心体複製を制御し、機能破綻が発がんに関与することを明らかにしました。
また、CRISPR/Cas9システムを用いて相同組換え活性の新規測定法を開発し、遺伝性乳がんの診断において同定される病的意義の不明なバリアントの機能評価法や、2018年、2019年に相次いで卵巣がん、乳がんで保険適用となった新規抗がん剤であるPARP阻害剤の効果予測(図)、耐性機構の解明に有用であることを明らかにしました。

(腫瘍生物学分野 千葉奈津子)

 

アルツハイマー病疾患修飾薬GT-863の開発と第61回日本老年医学会の開催

アルツハイマー病(AD)を根本から治療し、病勢を停止させる「疾患修飾薬」は、世界的に最も重要かつ切望されている薬剤であり、一刻も早く優れた治療薬が実用化されることが望まれ、臨床現場において大きなアンメットニーズとなっている。2025年までに疾患修飾薬を市場化する目標に向けて、2019年段階で全世界ではアミロイド抗体薬などの96種類のAD疾患修飾薬の新薬治験が進行中である。老年医学分野では、2019年度からAMEDからの支援を受けて、日本臓器(株)、京都認知症研究所、昭和大学などとの共同研究としてGT-863の開発を開始した。GT-863はアミロイド凝集阻害作用、リン酸化タウ凝集阻害作用、抗炎症作用など複数のMechanism of Actionを有するMulti-targeting therapeuticsとして期待されている。また、第61回日本老年医学会学術集会(荒井啓行会長)は、第31回老年学会総会を構成する他の6学会と合同開催され、2019年6月6日からの3日間、仙台国際センター及び東北大学百周年記念会館で開催された。最終日の特別企画「市民公開講座 健康長寿を語る~人生100年時代に向けて~」では、東北大学加齢医学研究所長の川島隆太教授と仙台伊達家18代当主の伊達泰宗氏による講演と対談が行われ、1044人の市民が聴講した。この市民公開講座を含めて、老年学会総会の総参加人数は9507名に達し過去最高となった。

(老年医学分野 荒井啓行)

社会との連携


加齢医学研究所は、加齢制御研究部門、腫瘍制御研究部門、脳科学研究部門、寄附研究部門、附属医用細胞資源センター、⾮臨床試験推進センターの7つの部門があります。これら7つの部門はさらに26の研究分野に分かれ「スマート・エイジング」を実現するため、基礎加齢医学から臨床医学、そして産学連携等による研究成果の社会への還元にわたるまで、加齢医学研究を幅広い視点から遂行し、多くの業績を挙げています。
私の主宰する人間脳科学研究分野は、人間らしい精神と行動を実現する脳の仕組みを、脳機能計測と生理・行動計測を駆使して明らかにしています。基礎から応用まで、人間性に関わるあらゆる学問領域をつなぐ「ハブhub」となる脳科学を目指しています。近年は、例えば超高齢社会において重要性を増す死生学的な課題や災害対応など、様々なストレス要因に対する心理・脳反応、またそれらに対処するためのメンタルヘルス習慣・介入の脳内機能機序の解明などに取り組んでいます。これらの研究結果を融合した、橋渡し的な加齢医学研究を遂行し、多くの企業とも産学連携を行っています。これらを通じて、人間らしい生き方、老い方、社会のあり方を脳科学的に提言し、超高齢社会におけるスマート・エイジングの技術開発に取り組むなど、研究成果の社会実装にも⼒を⼊れています。

(人間脳科学分野 杉浦元亮)

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80