研究所・研究センター一覧

東北大学加齢医学研究所

Institute of Development , Aging and Cancer , Tohoku University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
川島 隆太
Kawashima, Ryuta
キーワード
加齢制御、腫瘍制御、脳科学、スマート・エイジング、医療機器開発
住所
〒980-8575
宮城県仙台市青葉区星陵町4-1

研究所では、「加齢に伴って増加する認知症などの脳加齢疾患および難治がんの克服」を具体的な目標として、「加齢制御」、「腫瘍制御」、「脳科学」の三つの研究部門、附属施設である医用細胞資源センターと非臨床試験推進センター、学内共同教育研究施設であるスマート・エイジング学際重点拠点研究センターで研究を推進しています。加齢制御部門では、加齢の分子メカニズムや、ゲノム損傷修復機構、生体防御機構の解明を行います。腫瘍制御部門では、腫瘍増殖制御のメカニズムを解明するとともに、最先端の癌診断・治療法の開発を行います。脳科学部門では、脳の発達と加齢の基礎研究を行うとともに、認知症など脳加齢疾患の最先端の診断・治療法の開発を行います。以上により、個人や社会のスマート・エイジング達成に貢献することを、理念に掲げております。なお研究所は「加齢医学研究拠点」として、全国共同利用・共同研究を積極的に推進しています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


高ずり応力が引き起こす止血異常症の研究

過度の高ずり応力が血流中に生じれば、フォンウィルブランド因子という止血因子の分解が亢進し、止血異常症になります。この病態は我が国の診療現場であまり知られておらず、実態解明のため、大動脈弁狭窄症をはじめとする種々の循環器疾患を対象として多施設共同臨床研究を進めています。共同利用・共同研究事業の一環として国立循環器センターや奈良医大の研究室とともに、血液学的解析法の標準化・定量化をすすめ、その方法で多くの検体を評価しています。診断基準および重症度分類を構築できればと考えています。さらに、超重症の心不全・循環不全の治療では補助人工心臓(LVAD)などの機械的補助循環が次世代医療として大きな期待を集めています。その大きな合併症は「出血」ですが、最近私たちは、LVADなどでは、大動脈弁狭窄症と比べて、非常に高度の止血異常が起こっていることを明らかにしました。実態を明らかにしてこの疾患について周知を図り、日本人を対象としたエビデンスとして診療ガイドライン等に貢献したいと考えています。また、LVAD留置時に出血が起こっても、人工心臓のポンプスピードを弱めるわけに行きませんので、現実的にはこの病態の有効な治療法はあるとは言えません。現在、奈良医大および当研究所の心臓病電子医学分野および非臨床推進分野と私たちは、共同研究として、その治療法の開発に取り組んでいます。

(基礎加齢研究分野 堀内久徳)

生体防御系KEAP1-NRF2システムの活性化による加齢関連疾患の改善

KEAP1-NRF2システムは、生体の抗酸化応答を担う重要な生体防御システムです。NRF2の適切な活性化は、生体は外因性・内因性のストレス、特に、生体の酸化還元反応を撹乱するような刺激に対する適応能力を増強し、虚血再灌流障害や慢性炎症といった加齢関連疾患の改善や予防に有効であることが明らかになってきています。私達は、認知症の最大の原因であるアルツハイマー病に対するNRF2の活性化効果を調べるため、そのモデルマウスを用いて検討を進めました。その結果、NRF2の活性化により、神経系の酸化ストレスレベルの低下、神経炎症の改善、認知機能の改善がみとめられることがわかりました。ブロッコリーやわさびなどアブラナ科の野菜には、NRF2の活性化を誘導するファイトケミカルが含まれていることから、こうした食品成分の摂取がアルツハイマー病の予防や改善に有効であることが示唆されます。

(遺伝子発現制御分野 本橋ほづみ)

 

社会との連携


加齢医学研究所は、加齢制御研究部門、腫瘍制御研究部門、脳科学研究部門、寄附研究部門、附属医用細胞資源センター、非臨床試験推進センターの7つの部門があります。これら7つの部門はさらに21の研究分野に分かれ「スマート・エイジング」を実現するため、基礎加齢医学から臨床医学、そして産学連携等による研究成果の社会への還元にわたるまで、加齢医学研究を幅広い視点から遂行し、多くの業績を挙げています。
私の主宰する機能画像医学研究分野は、大規模脳MRIデータベースを用いた脳発達・加齢、更には認知症予防に関する研究、高齢者くも膜下出血の早期脳損傷と認知機能障害に関する研究、レジリエンスに関わる遺伝要因と親子関係の相互作用が脳に与える影響の解明に関する研究、脳内RAS系の認知機能、脳の発達・加齢における役割に関する研究など、非常に多岐にわたっており、更にそれらの研究結果を融合した、橋渡し的な加齢医学研究も遂行しています。合わせて、多くの企業と産学連携を行っており、研究成果の社会実装にも力を入れています。
また、医局としては老年医学研究分野とともに、大学病院にて加齢・老年病科を担っており、その中でも当研究分野は医用画像を中心に据えて認知症診断を行う、国内でもユニークな加齢画像外来を主に担っています。

(機能画像医学研究分野 瀧靖之)

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80