研究所・研究センター一覧

東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所

Laboratory for Chemistry and Life Science, Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
久堀 徹
Hisabori, Toru
キーワード
グリーンケミストリー、機能性分子、バイオマス資源、 省エネルギー、超分子、生体分子、医用工学
住所
〒226-8503
神奈川県横浜市緑区長津田町4259

2016年4月の大学改革にともなって科学技術創成研究院を構成する一研究所として生まれ変わった当研究所は、人類社会の現状と将来を見据えて研究所のミッションを、「分子を基盤とする化学および生命科学に関する基礎から応用までの研究の深化、発展を通じて、新しい学理の創成と次世代科学技術の創出を実現し、人類の高度な文明の進化と、より豊かで持続可能な社会の具現化に貢献する。」と設定し、多面的に対応できる組織運営を目指しています。このために、所内の研究グループを4つの領域(分子創成化学領域・分子組織化学領域・分子機能化学領域・分子生命化学領域)に再編して、分子科学のみならず生命科学の領域も大きな柱の1つとして取り入れて、物質・資源・エネルギー・生命を新たなキーワードとして、豊かな暮らしの実現に向けて活動を続けます。

平成29年度の研究活動内容及び成果


最近の研究成果として、分子創成化学領域では、スチレンの不斉重合による光学活性ポリスチレンの直接合成、配位結合とπ-スタッキング相互作用を同時に利用したピーナッツ型分子の合成、Horseradish Peroxidaseを利用したタンパク質チロシン残基のラベル化法の開発、分子組織化学領域では、巨大π共役系の一挙構築を可能にするアルキン類の芳香環化反応の開発、高分子-siRNA結合体における適切なリンカーのデザインによる生物活性制御、流体デバイスを用いた有機半導体可視光応答光触媒(登録商標 J-cat)のスケールアップ合成、大面積の分子配向を一段階で光パターン形成可能な「動的光重合」技術の開発、赤外分光法を用いた高温でのゼオライトの酸性質およびプロトンホッピング機構の解明、分子機能化学領域では、エレクトロスプレー・冷却イオントラップ法によるノルアドレナリン・アルカリ金属イオン錯体の気相分光の成功、疾患診断に向けた生体分子認識ゲート膜の汎用化・高感度化、さらに分子生命化学領域では、葉緑体のリボソーム合成を細胞質リボソーム合成と共役させる分子機構の解明、抗体を分子認識ドメインとした蛍光タンパク質センサーの開発、シアノバクテリアの新規のレドックス制御システムの解明などがプレスリリース題材として取り上げられました。また、他大学研究所との「物質・デバイス共同研究拠点」、「ナノマクロ物質・デバイス・システム創製アライアンス」活動を通じて大学附置研究所のそれぞれの強みを最大限に活用・総合して研究を実施し、成果をあげています。

新規合成したピーナッツ型分子

高温のおけるゼオライトのプロトンホッピング

従来技術(A)と「動的光重合」技術(B)

 

社会との連携


ホームページに「最新の研究」という欄を設けており、毎月、各研究室の最先端の研究を簡明に解説したWebジャーナルとして、社会に広く公開しています。平成26年度から「研究所フォーラム」のシリーズ開催を企画し、隔年で国内フォーラムと国際フォーラムを開催しています。また、所内、学内、国内外の研究者の講演を行って、国内外の多様な聴衆に対応できる情報発信を行っています。大学祭では研究室公開を行い、一般の見学者に対して演示実験を展示する、あるいは、体験してもらうことによって、最先端の成果を紹介しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80