研究所・研究センター一覧

東京工業大学科学技術創成研究院ゼロカーボンエネルギー研究所

Laboratory for Zero-Carbon Energy
  • 第1部会

研究所・センターの概要


所長
竹下 健二
Takeshita, Kenji
キーワード
再生可能エネルギー、原子力エネルギー、炭素循環、物質循環、エネルギー貯蔵、エネルギー変換、エネルギー技術社会実装、小型炉、原子力材料、原子力医療応用
住所
〒152-8550
東京都目黒区大岡山2-12-1 N1-16
エネルギーの安定供給と経済性を有した炭素・物質循環社会の実現に向けて

カーボンニュートラル社会実現のためにゼロカーボンエネルギーである再生可能エネルギーの原子力エネルギーの利用が必須です。また、持続可能な社会とするために、炭素および物質を循環利用することも併せて必要です。本研は本学のエネルギー研究に関わる資源とその成果を本研究所に集約し、ゼロカーボンエネルギーを用いたエネルギーの安定供給と経済性を有した炭素・物質循環社会の実現に取り組んでおります。ゼロカーボンエネルギーの製造、効率的な利用、貯蔵、物質変換、社会利用、循環利用などの要素技術と、これらを最適化したエネルギーネットワークの構築を包括的に研究しております。さらに、エネルギーを利用する産業、市民、地域と連携して、技術の社会実装研究を進めるとともに国際社会と連携してグローバルな環境・エネルギー課題の解決に寄与してまいります。
本所は原子炉工学研究所(1956年設立)、先導原子力研究所(同2016)を基礎とし、また本学大学院原子核工学コースとの運営に主体的に関わっております。

令和2年度の研究活動内容及び成果


ゼロカーボンエネルギーに基づくカーボンニュートラル社会の構想

本研究所は

  • フューチャーエネルギー部門
  • 原子力工学部門

の2大部門からなります。カーボンニュートラル社会実現のため、ゼロカーボンエネルギーを一次エネルギー源としたエネルギーシステムの構想を検討しています。再生エネの非定常出力、需要の変動に応じるために高効率なエネルギー貯蔵技術が必要です、蓄電、蓄熱、そして化学的な貯蔵としてエネルギーキャリア製造と物質変換が求められます。炭素は社会に親和性のあるエネルギーキャリアと考えられます。炭素物質は利用側で利用後に発生する二酸化炭素(CO2)を回収し、CO2を再資源化し循環利用することを包含します。また、エネルギー分野で重要な物質資源は回収、分離、再生し循環利用します。本研究所はこれらに必要な技術の創出、開発を目指しております。

社会との連携


エネルギーソリューション研究

本学では先進エネルギーソリューション研究センター(AESセンター、AES=Solution Research Center for Advanced Energy Systems)において、従来の大学研究の枠を超えて、産官学の参加による開かれた研究拠点「オープンイノベーションプラットフォーム」を構築し、低炭素社会の実現を目指す次世代エネルギーの基盤技術開発や実証実験に取り組んでまいりました。本研究所はこのAESセンターの活動成果を継承し、プラットフォームを基盤として、分散型エネルギーシステムや強靭化、地域プロジェクトなどをテーマにエネルギーソリューション・社会実装研究を推進してまいります。産学官そして各自治体が連携し脱炭素社会の実現を目指します。
また、2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の過酷事故発生直後は、大学周辺の放射線計測や住民・学生等への放射線説明会等を実施し、さらに現地での放射線計測も支援しました。現在、東京電力福島原発事故からの復旧に向けて福島復興・再生研究ユニット、TEPCO協働研究拠点を運営しております。早期復旧に向けて組織的に復旧に貢献するとともに、安全性をより向上させた次世代原子炉の開発や、核拡散抵抗性の高い核燃料開発、放射線の人体影響解明など、原子力安全の根本に係わる諸課題に取り組んでいます。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80