研究所・研究センター一覧

東京工業大学科学技術創成研究院先導原子力研究所

Laboratory for Advanced Nuclear Energy, Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology
  • 第1部会

研究所・センターの概要


所長
矢野 豊彦
Yano, Toyohiko
キーワード
原子力エネルギー、量子・粒子線関連科学、核燃料・放射性廃棄物処理・処分、同位体化学、放射線医療応用・生物影響
住所
〒152-8550
東京都目黒区大岡山2-12-1 N1-16

原子炉工学研究所は、「原子炉工学に関する学理及びその応用の研究」を設置目的として1956年に研究施設として産声を上げ、1964年に附置研究所に昇格しました。平成28年4月より、大学の組織改革にともない、先導原子力研究所と名称が変更になり、研究分野も原子力・放射線利用全般に拡大しました。規模が小さいにもかかわらず、設立時から多くの優れた研究成果を上げて来ました。そして今なお、原子力分野において重要な役割を担っている50有余年の歴史を持つ研究所です。エネルギーと地球環境問題に対処し、人類の持続的発展に資する基礎的・基盤的研究を進めると共に、魅力有る新しい学問領域を開拓し、国内外の原子力共同研究拠点を目指して、原子力エネルギー利用と原子力安全、放射線利用に関する学術研究を推進しております。

1957年に設立された大学院理工学研究科原子核工学専攻(修士・博士課程)は、発足当時より本研究所の全教員により運営しております。本専攻もまた平成28年4月より、学部—大学院一貫型の分野横断型教育コース「原子核工学コース」として、継承されます。

平成27年度の研究活動内容及び成果


研究のミッションと教育

第二期中期計画期間には、原子炉工学研究所が培ってきた原子力科学技術を基盤に、

  • 革新的原子力システム研究
  • アクチノイドマネージメント研究
  • グローバル原子力セキュリティ研究
  • 高度放射線医療研究

に関するミッション主導型の研究を実施してきました。さらに、新しい学問分野を創成し、次期ミッション主導型の研究へ発展させることを目指した原子力基盤研究も実施しています。

2011年度から、原子核工学専攻が単独で申請した博士課程教育リーディングプログラム「グローバル原子力安全・セキュリティ・エージェント養成」が文部科学省により採択され、新しい大学院教育プログラムが開始されました。さらに、2014年度より、文部科学省の支援で原子炉廃止措置等研究教育プログラムが開始されました。

Fig40_01

社会との連携


東電福島原発事故からの復旧に向けて

2011年3月11日の福島第一原子力発電所の過酷事故発生直後は、大学周辺の放射線計測や住民・学生等への放射線説明会等を実施し、さらに現地での放射線計測も支援しました。また、研究面では早期復旧に向けて、

(1)汚染水や汚染土壌の浄化と海水により冷却された塩化物含有燃料集合体の処理・処分技術開発
(2)福島原発事故で発生した廃棄物の合理的な処理・処分システム構築に向けた基盤研究

を組織的に推進し、復旧に貢献するとともに、安全性をより向上させた次世代原子炉の開発や、核拡散抵抗性の高い核燃料開発、放射線人体影響の解明など、原子力安全の根本に係わる諸課題に取り組んでいます。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80