研究所・研究センター一覧

東京大学空間情報科学研究センター

Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
小口 高
Oguchi, Takashi
キーワード
位置情報、GIS(地理情報科学)、空間情報社会
住所
〒277-8568
千葉県柏市柏の葉5-1-5
空間情報の操作手法・応用化研究を進める空間情報科学研究拠点

空間情報の汎用的な操作手法と応用研究をするのが空間情報科学です。当センターは、空間情報科学を創成、深化、普及し、合わせて全国の研究者の支援を進めています。空間現象の解析手法を開発し都市現象など人文社会的空間現象や地形・水文など自然的空間現象を分析する空間情報解析研究部門、リアルタイムを含む空間情報の取得から利用に至る過程を一体として研究開発を進める空間情報工学研究部門、社会経済現象を時間と空間を切り口にして理論・実証分析と統計解析手法を開発する空間社会経済研究部門、空間データや空間知識を空間情報基盤として再構築する共同利用・共同研究部門、地理空間情報の流通・高次利用に関する技術基盤の開発と国内外への展開を目指すグローバルG空間情報寄付研究部門の5部門で構成されています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


空間情報科学の普及・社会政策に役立つ空間解析手法を開発
  • 地理情報科学に関する汎用的な実習教材を開発
  • 地名語を自動抽出し地図化し情報共有が可能なウェブサービスWebSDMSSを開発
  • 東日本大震災の津波被災地における地形調査(図1参照)
  • 携帯ナビから得られる大量の移動情報を効率的に管理・視覚化する手法を開発
  • 都市の変化を店舗単位で明らかにするマイクロジオデータを開発
  • 中心都市と郊外都市における高齢者の居住実態の差異を研究
  • ベイズ統計学に基づいた重回帰分析における変数選択規準を開発
  • 規模縮小時代の都市・地域経済政策を新経済地理学の見地から分析
  • 利用者が地理空間情報をワンストップで検索・閲覧し、情報を入手・利用することを可能にするプラットフォームを開発・実証
  • モバイルフィールドデータ収集共有ウェブサービス(pTalk)を開発(図2参照)
  • 日本科学未来館の常設展示「アナグラのうた 消えた博士と残された装置」(文化庁主催平成23年度メディア芸術祭エンターテイメント部門優秀賞)を運営
図1 津波により浸食を受けた海岸域の詳細地形をレーザや写真測量で取得し解析

図1 津波により浸食を受けた海岸域の詳細地形をレーザや写真測量で取得し解析

図2 モバイルフィールドデータ収集共有ウェブサービス(pTalk)

図2 モバイルフィールドデータ収集共有ウェブサービス(pTalk)

社会との連携


空間情報社会の実現に向けて
  • 空間的思考をのばす教育方法・教材を開発
  • 空間的個体特定化危険を回避する空間情報安全化処理方法を開発
  • マイクロジオデータ(図3参照)に関する国際ワークショップ開催
  • 高齢者の都市内移動問題の解決に向けて実証実験も視野に入れて研究
  • 地域課題解決に向けた地理空間情報活用に関する全国型キャラバン「アーバンデータチャレンジ」を開催
  • 地名語辞書管理システム(GEODIC)を開発
  • 公共工事への理解・意識向上を目的とする情報共有型ウェブマッピング・サービス(Civil Works History)を開発(図4)
図3 東京都西部における商業集積の分布と商業集積ごとのチェーン店率

図3 東京都西部における商業集積の分布と商業集積ごとのチェーン店率

図4 Civil Works History

図4 Civil Works History

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80