研究所・研究センター一覧

東京大学空間情報科学研究センター

Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
瀬崎 薫
Sezaki, Kaoru
キーワード
GIS、時空間解析、時空間センシング、空間データ基盤
住所
〒277-8568
千葉県柏市柏の葉5-1-5
空間情報の操作手法・応用化研究を進める空間情報科学研究拠点

空間情報の汎用的な操作手法と応用研究をするのが空間情報科学です。当センターは、空間情報科学を創成、深化、普及し、合わせて全国の研究者の支援を進めています。空間現象の解析手法を開発し都市現象など人文社会的空間現象や地形・水文など自然的空間現象を分析する空間情報解析研究部門、リアルタイムを含む空間情報の取得から利用に至る過程を一体として研究開発を進める空間情報工学研究部門、社会経済現象を時間と空間を切り口にして理論・実証分析と統計解析手法を開発する空間社会経済研究部門、空間データや空間知識を空間情報基盤として再構築する共同利用・共同研究部門、地理空間情報の流通・高次利用に関する技術基盤の開発と国内外への展開を目指すグローバルG空間情報寄付研究部門の5部門で構成されています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


空間情報科学の新たな展開

空間情報科学は本質的に分野融合的学問でありその研究成果も多岐に渡ります。本年度も

  • 携帯電話の位置ログデータを利用して、人口統計を補完し、同時に人の流動パターンを定量的に明らかにすることでマラリア等の感染症の対策や、交通調査に利用する方法を開発し、モザンビークやバングラデシュ、ルワンダ等に適用した。大規模な携帯位置データを処理し、現地調査データとの突き合わせを通じて人口統計や流動統計の作成まで完成度を上げた研究は例がなく、Bill and Mellinda Gates FoundationのGlobal Grand Challengeに選ばれた
  • 国際共同研究により大規模イベント時の渋滞発生を事前予測する手法を開発し、北京市内7000台のGPSデータを用いてその有効性を実証した。
  • スマートフォン保持者が観光行動を誘発できる歩行「散策行動」であるかを自動判別する仕組みの構築とその評価実験を行った。
  • UAVを用いた写真測量による森林領域の三次元モデルの構築と樹高、胸高直径(DBH)などの林分データを推定する手法の開発と樹木情報の抽出を行った。
  • 民族や言語の違いや高齢化の進展といった要因が都市の空間構造に及ぼす影響を、新経済地理学の枠組みに基づいて研究した。
  • 福島第1原発近くの「帰還困難区域」内の森の中に、固定マイクを設置し24時間リアルタイムで発信するサイト「被曝の森のライブ音」を運営した。その成果がGerman Design Award 2018を受賞した。

など多様な研究が行われました。

UAVによる森林領域の抽出

UAVによる森林領域の抽出

被曝の森のライブ音

被曝の森のライブ音

社会との連携


空間情報科学社会の実現

前橋市を対象に、産官学が保有する多様なデータを結集し、地域課題の解決をデータドリブンに行う「超スマート自治体」の構築を目指しています。昨年度の先行研究の結果、同市との連携研究協定の締結に至りました。
また国土情報や公共施設等の社会インフラに関するデジタルデータの幅広い流通と、地方創生分野におけるデータ活用に資するイベントである「アーバンデータチャレンジ2017」を開催しました。関連ワークショップを多数開催し、社会基盤情報の活用に有用なソフトウェアの開発を行い、アクティビティを強化しました。

超スマート自治体の構築

超スマート自治体の構築

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80