研究所・研究センター一覧

東京大学社会科学研究所

Institute of Social Science, The University of Tokyo
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
玄田 有史
Genda, Yuji
キーワード
社会科学の総合知、現代日本社会研究、 全所的プロジェクト研究、社会調査・データアーカイブ
住所
〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1
社会科学の総合知を追求

日本と世界が直面する重要なテーマを社会科学的に究明する研究所です。法学・政治学・経済学・社会学など、社会科学の多分野の優れたスタッフが揃う強みをいかし、理論と実証、歴史、国際比較などの多様なアプローチにより、学際的・総合的に研究しています。附属社会調査・データアーカイブ研究センター(2010年から共同利用・共同研究拠点)では、実証的研究のための社会調査データの創出、調査データの保存と公開、データを用いた研究と教育という「三位一体的事業」を展開中です。その他、社会科学的日本研究に関する国際学術英文雑誌Social Science Japan Journal(SSJJ)の編集刊行や、東京大学の部局横断的・学際的な中国研究の拠点である現代中国研究拠点の運営等も行っています。2019年度からは、東京大学の社会科学研究の成果の英語図書による刊行を支援する事業を開始しました。

令和2年度の研究活動内容及び成果


本研究所は、1965年から「全所的プロジェクト研究」を開始し、現代の世界と日本が直面する重要テーマを、所を挙げて数年の期間にわたり究明しています。2016年度から実施した「危機対応の社会科学(危機対応学)」は、社会に発生する様々な危機について、そのメカニズムと対応策を社会科学の観点から考察する新たな学問分野を開拓、成果を発表してきました(東大社研他編『危機対応の社会科学(上・下)』東京大学出版会、2019年、他)。2021年度からは新たな全所的プロジェクト研究として「社会科学のメソドロジー:事象や価値をどのように測るか」が始まりました。「社会を測る」を主要なテーマに、社会科学の方法論に再検討を加えつつ、社会のありようをいかに測るか、測ることがいかなる社会的価値を創造するかなどについて、文理融合の観点も踏まえながら、新たな知見を求めていきます。
附属社会調査・データアーカイブ研究センターでは、日本最大の社会調査データのアーカイブ(Social Science Japan Data Archive – SSJDA)を1998年から運営しており、2020年度には利用申請3,600件以上かつ提供データセット総数は12,000件以上(教育利用も含む)、発表論文・著書数は300本以上に及んでいます。リモート集計システムNESSTARを通して、オンラインでの分析環境の提供もおこなっています。また、多種にわたる社研パネル調査(高卒パネル調査、若年・壮年パネル調査、 親子パネル調査)を実施して良質なデータを創出し、SSJDAより公開しているほか、一連の研究成果をとりまとめた『格差の連鎖と若者』シリーズ(全3巻、勁草書房、2017~19年)を刊行しました。さらにSSJDAのデータを用いた二次分析研究会の開催、二次分析による優秀論文執筆者と優れた調査データ寄託者・寄託機関の表彰、計量分析セミナーの開催をしています。その他、ICPSR(Inter-university Consortium for Political and Social Research)国内利用協議会ハブ機関としての活動や、東アジアの各国データアーカイブとの交流などの国際展開も進めています。

全所的プロジェクト研究『危機対応の社会科学』<br>成果本

全所的プロジェクト研究『危機対応の社会科学』
成果本

2021年度開始全所的プロジェクト研究「社会科学のメソドロジー」全体像

2021年度開始全所的プロジェクト研究「社会科学のメソドロジー」全体像

 

 

社会との連携


地域密着の総合調査から

本研究所では、2005年から全所的プロジェクト研究「希望の社会科学(希望学)」を実施して以来、岩手県釜石市における地域総合調査を続けてきました。その研究成果は『シリーズ希望学』(全4巻、東京大学出版会、2009年)に含まれる他、東日本大震災以後も釜石市と緊密な連携を保ちながら意識調査や聞き取り調査を実施し、その成果の一端を『〈持ち場〉の希望学:釜石と震災、もう一つの記憶』(東京大学出版会、2014年)として発表しました。2016年からは、東日本大震災による津波の記憶継承と将来における危機対応を研究し、社会的に提言するための拠点として、釜石市との協定に基づき「危機対応研究センター」を同市に開設しました。『危機対応学:明日の災害に備えるために』(勁草書房、2018年)、『地域の危機・釜石の対応:多層化する構造』(東京大学出版会、2020年)などにも地域との連携の成果がいかされています。
本研究所はまた、東京大学オープンキャンパス期間中に「社研サマーセミナー」を開催し、全国の高校の先生方を主な対象として研究所の活動を紹介しています。その他、東京大学大気海洋研究所と連携し、岩手県三陸沿岸地域の中学生、高校生などを対象に、ローカルアイデンティティの再構築を通じて地域に希望を育む「海と希望の学校in三陸」という地域プロジェクトも展開中です。

釜石市立唐丹中学校での「海と希望の学校in三陸」出前授業の様子(2019年6月) 撮影)東京大学大気海洋研究所・吉村健司特任研究員

釜石市立唐丹中学校での「海と希望の学校in三陸」出前授業の様子(2019年6月) 撮影)東京大学大気海洋研究所・吉村健司特任研究員

 

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80