研究所・研究センター一覧

東京大学生産技術研究所

Institute of Industrial Science, The University of Tokyo
  • 第1部会

研究所・センターの概要


所長
岸 利治
Kishi, Toshiharu
キーワード
工学全般(基礎系、機械・生体系、情報・エレクトロニクス系、物質・環境系、人間・社会系)、産学連携、国際連携、地域連携
住所
〒153-8505
東京都目黒区駒場4-6-1

東京大学生産技術研究所(略称、生研)は、1949年に設置された国内最大規模の大学附置研究所です。現在は、およそ120の研究室が5研究部門、1客員部門、6寄付研究部門、6社会連携研究部門、7附属研究センター、1所内センター、2連携研究センター、1国際連携研究センター、2基盤を構成しており、約300名の教職員、約750名の大学院学生を含め、総勢1,000名以上が、教育研究活動に従事しています。工学のほぼ全領域をカバーする総合研究所また世界的中核研究所として、先端的な工学知を創造・発信するとともに、社会における様々な課題の解決や産業の創成に貢献し、数多くの分野融合的な取組みを国内外で展開してきました。これからも先端的な学術の創成と実践的な人材の育成を両輪として、広く国内外のパートナーと連携して工学の実践知を共創することを通して、社会の活力創出に貢献して参ります。

令和元年度の研究活動内容及び成果


生研の最近の大きな研究成果としては、以下が挙げられます。

  1. 物理現象の基本原理の解明および新たな基盤技術開発に向けた基礎研究
    【成果例】旋律を整えた赤外光で分子反応を操作
  2. マイクロ・ナノデバイスの研究とその社会革新への展開
    【成果例】新しい原理のテラヘルツ検出器を開発
  3. フロンティアを切り拓くバイオと工学の融合研究
    【成果例】大脳の領域同士の「つながり」をまねた人工神経組織をヒトiPS細胞から作製
  4. 利便性向上とコスト削減を両立する最先端IT の研究
    【成果例】ナイキスト第一基準を超える高速信号伝送技術
  5. 素材・プロセス開発によるイノベーション研究
    【成果例】有機超弾性結晶の発光クロミズム ~小さな力で分子配列を変換し発光色の可逆制御を有機結晶で実現~
  6. 先進的ものづくりと価値創造デザイン研究
    【成果例】金属―樹脂のマルチマテリアルAM
  7. 持続可能な社会に資するスマートかつ強靭な都市の研究
    【成果例】がれきから土木/建築材料へ、植物がコンクリートを蘇らせる ~セメント不要、副産物なしの循環利用を実現~
  8. 地球規模での資源・環境問題とSDGs への貢献
    【成果例】ミレニアム開発目標(MDGs)の飲料水課題は、なぜ達成されたのか

 

社会との連携


科学技術が専門化・高度化する中で、産業界・官界と大学との共同研究の必要性が増大しているため、生研では工学と産業を結び付ける役割を円滑に果たすことができるように、民間等との共同研究、受託研究等の制度を積極的に活用しています。また、生研で進められたロケット開発にゆかりのある地を結ぶ「科学自然都市協創連合」を設立し、科学技術を活用したまちづくりを推進するなど地域連携にも注力しています。各種講演会やキャンパス公開を行って一般の方に最新の研究成果に触れる機会も提供しています。さらに、科学技術振興機構の次世代人材育成事業であるグローバルサイエンスキャンパスの学内とりまとめ部局として、科学技術に卓越した意欲・能力を持つ高校生を発掘し革新的な科学技術人材を育成するとともに、次世代の理工系人材の層を厚くしていく取組みも推進しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80