研究所・研究センター一覧

東京大学生産技術研究所

Institute of Industrial Science, The University of Tokyo
  • 第1部会

研究所・センターの概要


所長
藤井 輝夫 
Fujii, Teruo
キーワード
生産技術全般、産学連携研究、国際連携研究、基礎系、機械・生体系、情報・エレクトロニクス系、物質・環境系、人間・社会系
住所
〒153-8505
東京都目黒区駒場4-6-1

東京大学生産技術研究所(略称、生研)は、1949年に設置された国内最大規模の大学附置研究所です。現在は、120を超える数の研究室が5研究部門、1特別研究部門、1客員研究部門と11センター・施設、5連携研究センターを構成しており、約300名の教職員、約700名の大学院学生を含め、総勢1,000名以上が、教育研究活動に従事しています。工学のほぼ全領域をカバーする総合研究所また世界的中核研究所として、先端的な工学知を創造・発信するとともに、社会における様々な課題の解決や産業の創成に貢献し、数多くの分野融合的な取組みを国内外で展開してきました。これからも先端的な学術の創成と実践的な人材の育成を両輪として、広く国内外のパートナーと連携して工学の実践知を共創することを通して、社会の活力創出に貢献して参ります。

平成28年度の研究活動内容及び成果


生研の最近の大きな研究成果としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 量子ドット技術の進展と光電子融合技術への展開、ナノ構造量子物性の探求など、先端ナノデバイスの研究とその社会革新への展開
  2. バイオハイブリッドデバイス、再生医療・創薬への利用を目的とした培養組織構築、生命現象の数理モデルとその応用など、健康な生活を守るためのバイオと工学の融合研究
  3. ソシオグローバル情報工学、大規模文化財の3次元デジタル化技術、ビッグデータのための超高速データベースエンジンおよび多メディアWeb解析技術など、生活の質を飛躍的に高めるための最先端ITの研究
  4. 次世代ものづくりシミュレーションシステム、集積化MEMS技術、高強度薄板製造および成形の基盤研究、難削材の高速切削加工技術、デザイン・エンジニアリングと3Dプリンタなど、巨大構造体からミクロ構造体の生産技術の研究
  5. 大規模地震災害の軽減と複合危機管理および復興支援、放射性物質による汚染の分布の評価と除染に関する研究、都市の大気汚染に関する研究、ICT融合による先進交通システムの研究、ひび割れ自己治癒コンクリートなど、安心して生活できる安全な都市を実現する研究
  6. 石炭の次世代ガス化高効率発電システム、ゼロ・エネルギー建築の研究、スマートハウスに関する工学とデザインの融合、海洋資源・海洋空間の利用促進に関する研究など、安定で経済的なエネルギーシステムを実現する研究
  7. 地球環境工学、地域分散型バイオマス利活用のための技術開発、レアメタル資源とその循環プロセスなど、自立した資源確保による持続型社会を実現する研究

 

社会との連携


科学技術が専門化・高度化する中で、産業界・官界と大学との共同研究の必要性が増大しているため、生研では工学と産業を結び付ける役割を円滑に果たすことができるように、民間等との共同研究、受託研究等の制度を積極的に活用するほか、従来の専門を越え、我が国の新しい産業と技術を創成する人材を育成するため、「社会人新能力構築支援プログラム(NExTプログラム)」を独自に開設しています。また、各種セミナー・講演会や駒場リサーチキャンパス公開、千葉実験所公開を行って一般の方に最新の研究成果に触れる機会を提供しています。さらに、次世代の理工系人材の層を厚くしていくために、青少年を対象に工学や最先端技術の魅力を伝え、興味や関心を喚起する取組みも積極的に行っています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80