研究所・研究センター一覧

東京大学物性研究所

Institute for Solid State Physics, The University of Tokyo
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
森 初果
Mori, Hatsumi
キーワード
物性科学、新物質、ナノサイエンス、量子ビーム、強磁場、光科学、計算物質科学
住所
〒277-8581
千葉県柏市柏の葉5-1-5

物性科学は、色々な物質が示す多彩な性質(物性)を、そのミクロな構成要素である原子や電子が従う物理法則に拠って解明する学問として発展してきました。現在ではその知識をもとに、新しい化合物やナノスケールの人工物質に対して新しい性質や機能を見出す研究が進み、物理学、化学、材料工学の境界を超える学問として、現代文明を支えるエレクトロニクスや情報技術の基礎となっています。物性研究所は、我が国の物性科学の研究推進のために、全国の物性研究者の要望を受けて1957年に東京大学附置の全国共同利用研究所として設立されました。2000年からは柏キャンパスで活動を行なっています。また、2010年からは共同利用・共同研究拠点としての活動を展開しています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


物性研が擁するユニークな研究の一つが強磁場研究です。2018年1月には、これまでの世界最高磁場を大幅に更新する985テスラを実現しました。これは物性測定に実用可能な磁場として世界最高強度です。1970年代から連綿と行われてきた技術開発・研究によって達成され、600テスラに至る磁場中での物質科学研究が可能な世界唯一の拠点となっています。この成果は、1000テスラ以上の領域への可能性を拓き、半導体、ナノマテリアル、超伝導体、磁性体などの研究に対する新たな手段となります。

強磁場発生装置

強磁場発生装置

強磁場発生時の様子

強磁場発生時の様子

 

近年トポロジカル物質の研究が世界中で精力的に展開されています。物性研でもトポロジカル超伝導の発見やトポロジカル物質の観測手法の開発など多くの成果が発表されました。物性研の研究者は、これらの根底となる理論にも大きな貢献を行いました。特に、量子ホール効果のトポロジカルな理論の原点は、2016年のノーベル賞を受賞したデイビット・サウレス氏と、物性研元所員の甲元眞人氏を含めた4名の著者の頭文字から「TKNN理論」と呼ばれており、現在の物性研究の基礎となっています。このような業績が称えられ、H29年度の仁科記念賞、朝日賞が甲元氏に授与されました。

TKNN論文の被引用件数(Web of Scienceによる)論文刊行から20年以上後の2005年のトポロジカル絶縁体を理論的発見以降、急増していることが分かる。<br>(引用:物性研だより56-3https://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/docs/tayori56-3_Part3.pdfより)

TKNN論文の被引用件数(Web of Scienceによる)論文刊行から20年以上後の2005年のトポロジカル絶縁体を理論的発見以降、急増していることが分かる。
(引用:物性研だより56-3https://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/docs/tayori56-3_Part3.pdfより)

社会との連携


HPやプレスリリースによる研究成果の情報発信のほか、直接的な交流の場として、一般公開や、市民講演会を毎年秋に開催し、物性科学の知の普及に努めています。一般公開は柏キャンパスおよび播磨分室のあるSPring-8でも行われ、研究成果のみならず、大型施設や物性研にしかない実験設備を公開しています。H29年度は約3,600名の方々にご来場いただき、研究者との交流や物性科学を楽しんでいただきました。

将来の担い手である中高生や子どもたちに対しては、物性科学に親しんでいただくことを目的に、施設見学の受け入れ、学校への出張授業を行っています。理系女子への支援として、女子中高生を対象としたイベント、物理に進学した大学生・院生を対象にキャリアパスを示すイベントを東大カブリIPMU、東大宇宙線研と共に開催しています。また2000年の柏キャンパス移転以来、毎年夏季には東葛テクノプラザ主催の子ども向け科学教室に協力するなど、地域の教育関係機関と連携しています。

高校生の見学受け入れ

高校生の見学受け入れ

柏キャンパス一般公開

柏キャンパス一般公開

女子中高生対象イベント

女子中高生対象イベント

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80