研究所・研究センター一覧

東京大学大気海洋研究所

Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
河村 知彦
Kawamura, Tomohiko
キーワード
海洋、大気、地球科学、気候変動、海洋生物資源、地球生命圏
住所
〒277-8564
千葉県柏市柏の葉5-1-5

大気海洋研究所は、地球表層を覆う海洋と大気の構造や変動メカニズム、および海洋に生きる生物に関する様々な基礎的研究を推進するとともに、地球環境の変動や生命の進化、海洋生物群集の変動など、人類と生命圏の存続にとって重要な課題の解決につながる研究を展開しています。また、大気海洋科学に係わる全国の研究者のための共同利用・共同研究拠点として、本所(柏キャンパス)と附属国際沿岸海洋研究センター(岩手県大槌町)において世界最先端の研究施設・機器、充実した研究環境を提供するとともに、海洋研究開発機構の所有する2隻の学術研究船「白鳳丸」と「新青丸」を用いた共同利用・共同研究を企画・運営し、世界の大気海洋科学を先導することを目指しています。さらには、大学院教育や様々なプロジェクト研究の推進などを通じて、次世代の大気海洋科学を担う若手研究者の育成にも力を入れています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


ハワイの北の風がコントロールする沖縄の海の酸性化

十年規模で変動する北太平洋中央部の風が、黒潮続流南方海域からの水の沈み込みを変化させ、日本の南の海域における海洋酸性化速度を変えていることを発見した。

イカの雌は腕の中で受精を秘かに操る 〜貯蔵精子を用いた受精過程を世界で初めて解明〜

交尾後に雌の体内に貯蔵された精子と卵が受精する過程は、通常体内で起こるため直接観察ができないが、世界最小のイカ「ヒメイカ」(写真)を用いて透明な水槽のガラス面に産卵させることで、受精プロセスを世界で初めて詳細に観察することに成功した。

アマモに産んだ卵を付着させるヒメイカの雌

アマモに産んだ卵を付着させるヒメイカの雌

同位体で解く世界最大の魚ジンベエザメの採餌生態の謎

同位体の新しい分析技術を用いることで、ジンベエザメの採餌生態を新たに解明した。

スリランカ沿岸部に記録された7,000年間のインド洋大津波の痕跡の発見 -防災・減災に活用される高精度化学分析による研究-

20万人以上の犠牲者が出た2004年のインド洋大津波の被害地のひとつであるスリランカで、過去の津波の痕跡を復元した。※加速器質量分析装置(写真)使用

エルニーニョ・南方振動が潮汐18.6年周期振動と連動している証拠を発見

不規則に数年の間隔で生じ、1年以上先の予測が困難であったエルニーニョ・南方振動(ENSO)の発生が、月の公転軌道の18.6年周期で生じる潮汐の変動と連動しており、日周潮汐が極大となる年を0年目として、1、10、13年目にエルニーニョ、3、12、16年目にラ・ニーニャが起きやすい傾向があることを発見した。

下層雲が繋ぐ温暖化時の気温と降水量の変化

地球温暖化時に伴う気温変化の指標として用いられる平衡気候感度および、降水量変化の指標である水循環感度には、それぞれ1.5~4.5℃と1℃あたり2~3%という幅があるが、相互の関係はこれまで不明瞭だった。温暖化時の雲の応答が2種類の感度を繋ぐという理論的仮説を全球気候モデルによる温暖化シミュレーションで検証した結果、平衡気候感度が大きいと水循環感度が小さくなるという逆比例の関係が明らかになった。また、衛星観測データでCMIP5のシミュレーションを制約した結果、水循環感度は温暖化シミュレーションによる直接推定値よりも実際には3割ほど小さいことが明らかになった。

グレートバリアリーフと氷床変動:世界遺産のグレートバリアリーフ掘削試料が明らかにした未知の急激な氷床変化

世界遺産であるため従来掘削調査が困難であったグレートバリアリーフ海域において、IODP(統合国際深海掘削計画)で掘削船を用いた掘削調査を初めて行った。得られたサンゴ化石試料を用いることで海水準変動を復元し、氷期から現在にかけての氷床変動を世界で初めて詳細に解明した。※加速器質量分析装置(写真)使用

かつての海水準の時期を決定する放射性炭素年代測定を行う装置<br />  日本で唯一、東京大学大気海洋研究所にて稼働するシングルステージ加速器質量分析装置<br />  (a)全景 (b)加速器部分拡大

かつての海水準の時期を決定する放射性炭素年代測定を行う装置
日本で唯一、東京大学大気海洋研究所にて稼働するシングルステージ加速器質量分析装置
(a)全景 (b)加速器部分拡大

社会との連携


東北復興研究への取り組み

本研究所附属の国際沿岸海洋研究センター(岩手県大槌町)は、東日本大震災によって壊滅的な被害を受けましたが、2018年2月に新しい研究実験棟と宿泊棟が竣工しました。文部科学省のプロジェクト研究「東北マリンサイエンス拠点形成事業」の一拠点として、震災後の海洋生態系の変化を総合的に記録し続けると同時に、地域水産業の復興・発展に資する沿岸海洋生態系の理解に向けた学際的フィールド研究拠点としての発展を目指しています。さらに地域の未来を形作る拠点としても機能し、次世代の人材育成等を通じて三陸地域の復興・発展に貢献したいと考え、文理融合型研究教育プロジェクト「海と希望の学校 in 三陸」を実施しています。

国際的取り組みへの貢献

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)評価報告書の執筆に多数の教員が参加しているほか、ユネスコ政府間海洋学委員会、北太平洋海洋科学機構、Future Earthやアジア研究教育拠点事業などに参画し、大気海洋科学に関して国際的な協力が必要となる問題の解決に貢献しています。とくに国連海洋科学の10年(2021-30)の実施に向けて準備を進めています。

東京大学海洋アライアンス

東京大学の13の部局、250名以上が参加し、社会から要請される海洋関連課題の解決に向けて、関係する学問分野を統合して新たな学問領域を拓いていく東京大学海洋アライアンスに中核的部局として参加し、海外インターンシップを含む学際的な海洋教育(大学院)、海洋リテラシーの普及やシンクタンク機能等を果たしています。

広く一般へ向けた研究活動の紹介

「さいえんす寿司BAR」や講演会の開催、一般向け書籍・小冊子の刊行など、大気海洋科学に親しみ研究内容について楽しみながら広く知っていただく活動を行っています。7月の海の日前後に国際沿岸海洋研究センター(岩手県大槌町)、10月に柏キャンパスで一般公開を行っており、柏キャンパスの一般公開は8,000人以上が来場する一大イベントになっています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80