研究所・研究センター一覧

東京大学地震研究所

Earthquake Research Institute, the University of Tokyo
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
小原 一成
Obara, Kazushige
キーワード
地震、火山、津波、地球内部構造、地球内部ダイナミクス、自然災害、観測固体地球科学
住所
〒113-0032
東京都文京区弥生1-1-1

地震研究所は、1925年に設立されて以来、地震・火山現象の科学的解明とそれらに起因する災害軽減の研究を使命としてきました。世界的に見ても非常に活発な日本の地震・火山活動はプレートの沈み込みに伴うものであり、それは我が国の国土を形成すると同時に巨大災害をもたらします。従って、我々の使命を果たすためには地震・火山の根源としての地球内部ダイナミクスまで包括的に理解することが必要であり、固体地球科学分野における諸課題に対して観測・実験・理論的アプローチを総合した多面的かつ先端的研究を推進しています。国内では、全国規模の「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」等の様々な研究プロジェクトを企画立案し、多数の大学や研究機関と共同研究を行なっています。また、海外の研究機関とも学術協定を結ぶほか、国際地震火山研究推進室を中心として、外国人研究者の招聘や国際共同研究も積極的に進めています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


インターネット通信技術を用いた光海底ケーブル式地震津波観測システムの開発と三陸沖への設置

海底における地震・津波観測には、ケーブル式観測システムが、リアルタイムでデータを得られる点で優れていますが、設置・運用コストの面から多数の観測点を設置することが、困難でした。地震研究所では、多数の観測点を配置可能とするために、インターネット技術を用いた海底ケーブル式観測システムの開発を行っています。新規に開発したケーブル式観測システムは、インターネット技術を用いた通信回線の冗長化による観測の信頼性の確保、最新半導体技術を用いたソフトウェアベースの小型な観測装置などが特徴です。また、観測装置に、海中で着脱できるコネクタを装備して、設置後のセンサー追加を可能としました。平成27年度は、開発したシステムを岩手県釜石市沖に設置しました。システムの全長は105kmであり、観測装置が3台接続されています。ケーブルは釜石市の陸上局に陸揚げされており、海底からのデータがリアルタイムで収集されています。

Fig22_01    Fig22_02

社会との連携


地震・火山に関する研究の最先端やその魅力を伝えるため、研究活動や教育活動に関する情報をwebページやNews Letter Plus、要覧などの広報誌を通じて紹介しています。また、大規模な地震・火山活動時には、国内外を問わずwebに特集ページを設け、地震研究所の観測・研究情報などを提供しています。社会的にも関心の高い調査観測や研究成果についても、 webを用いて、一般の方へも研究内容を紹介する情報発信をしています。地震研究所の一般公開および公開講義は、2015年度は8月に同日開催として、合わせて約1000名が参加しました。公開講義では、「マントルの中のゆっくりとした動き」と、「日本火山列島 ~今、何が起きているのか~」の2つのトピックを取り上げました。これらの他に、自治体や教育機関等からの講演依頼、地震研究所の見学・講演依頼等についても、適宜対応しています。

Fig22_03

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80