研究所・研究センター一覧

東京大学地震研究所

Earthquake Research Institute, The University of Tokyo
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
佐竹 健治
Satake, Kenji
キーワード
地震、火山、津波、地球内部構造、地球内部ダイナミクス、自然災害、観測固体地球科学
住所
〒113-0032
東京都文京区弥生1-1-1

地震研究所は、1925年に設立されて以来、地震・火山現象の科学的解明とそれらに起因する災害軽減の研究を使命としてきました。プレートの沈み込み帯に位置する日本では、地震・火山活動が世界的に見ても非常に活発です。我々の使命を果たすためには、地震・火山の根源としての地球内部ダイナミクスまで包括的に理解することが必要であり、固体地球科学分野における諸課題に対して観測・実験・理論的アプローチを総合した多面的かつ先端的研究を推進しています。国内では、全国規模の「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」(第2次)等の様々な研究プロジェクトを企画立案し、多数の大学や研究機関と共同研究を行なっています。また、国際地震・火山研究推進室を中心として、外国人研究者の招聘や国際共同研究も積極的に進めています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


2019年西之島上陸調査

小笠原諸島西之島では、2013年の海底火山噴火に伴って南東沖に新たな陸地が生まれました。西之島の溶岩地形の成因や新島の成長過程、そして最新の火山活動の把握のために、2019年9月の環境省の総合学術調査に教員と技術職員が参画し、西之島の上陸調査を行いました(写真)。この調査は、2016年10月以来2回目になります。上陸にあたっては、荷物や人体に付着した外来種の持ち込みを防ぐために、クリーンルームで荷物を清浄にし、荷物とともに海を泳いで上陸するウエットランディングを行なうなど、環境省の厳格な指針に沿って行われました。また、島内に地震・空振観測点を設置しました(写真)。今回の上陸調査により、これまでの周辺海域での海底地震観測、海底電位磁力観測、離島火山モニタリングシステムによる観測結果と合わせて、噴火活動の理解が大きく進みました。採取した噴出物の分析からは、噴出したマグマが島弧の安山岩としてはやや高温かつ低斑晶量であることが分かりました。また、西之島の形成に関わる、西之島山体下の浅部と、より深部のマグマ溜りの存在が明らかになりました。新たな火山島形成過程のモニタリングは世界的に見ても希であり、海洋島火山の形成プロセスと、噴火に至るマグマ上昇過程やマグマ供給システムの理解に貢献しています。また、海洋無人観測艇を用いた離島火山の調査や遠隔離島地震・空振観測装置の活用の有効性が示されたことで、陸から遠く離れた海洋島での火山活動の監視と防災に向けた新たな技術開発も大きく進展しました。

西之島西海岸に上陸後,旧島上での調査に向かう様子

西之島西海岸に上陸後、旧島上での調査に向かう様子

西之島旧島における地震計設置の様子

西之島旧島における地震計設置の様子

 

社会との連携


地震・火山活動に関する最新の研究成果を伝えるため、研究・教育活動をWebページで紹介しています。大規模な地震や火山活動に際してはWebに特集ページを設け、観測・解析情報などを日本語と英語で提供しています。広報誌ニュースレターPlusでは最新の研究を一般向けに紹介するほか、報道関係者等を対象とする懇談の場を開催して、さらに掘り下げた解説を行っています(写真)。また、自治体や教育機関等からの講演依頼、地震研究所の見学等についても随時対応しています。このほか、地震・火山噴火予知に関する最先端の観測研究と災害情報に関して、その意味を不確定性を含めて理解・活用する方策について、自治体や企業の防災担当者や報道関係者らと共に考える、サイエンスカフェを開催しています。地震研究所の一般公開・公開講義を毎年夏に開催し、1000人を超える方が来場します。なお、これらの活動は、2020年4月よりオンラインで開催または予定しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80