研究所・研究センター一覧

東京大学史料編纂所

Historiographical Institute, The University of Tokyo
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
本郷 恵子
Hongo, Keiko
キーワード
歴史学、日本史、歴史情報学、文献研究、文化財、史料学
住所
〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1

東京大学史料編纂所は、古代から明治維新にいたる前近代の日本史史料を研究する研究所です。国内外に所在する史料の調査・収集・研究にもとづき、1901年以来、『大日本史料』『大日本古文書』など1200冊に迫る基幹史料集を編纂・刊行しています。研究所の淵源は、江戸時代の和学講談所にまでさかのぼります。同所の事業を継承し、1869年に明治政府の修史事業が始まります。1888年には帝国大学に移管され、日本史史料の編纂と研究というスタイルが整い、今日にいたります。1980年代からはコンピュータ導入を推進し、現在では人文系最大のサーバーシステムを持ち、研究の成果を各種データベースから発信しています。2010年からは「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」として、国内外の研究者との共同研究を進めています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


史料研究・編纂を基盤とした多様な研究成果の発信
  • 国内外の史料調査・研究にもとづき、『大日本史料』『大日本近世史料』『大日本古文書』『日本荘園絵図聚影』などの基幹史料集を刊行しました。
  • 天皇家・公家文庫プロジェクト、維新史料研究国際ハブ拠点形成プロジェクトなどの大型プロジェクト研究を着実に進捗させました。
  • 2019年に、日本学術振興会(JSPS)の人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業における人文学拠点として認定され、附属センターである前近代日本史情報国際センターを中心に活動を展開しています。本年度後半に行われた中間評価では、総合S評価を受けました。
  • 奈良文化財研究所・国文学研究資料館・国立国語研究所・京都大学人文科学研究所・中央研究院歴史言語研究所/数位文化研究中心(台湾)と協力して、各機関が蓄積してきた歴史的文字画像データベースの相互連携運用を実現し、「史的文字データベース連携システム」を公開しました。
「機関間連携による『史的文字データベース連携システム』の公開」記者会見

「機関間連携による『史的文字データベース連携システム』の公開」記者会見

社会との連携


史料の保存・公開を通じた地域連携・社会連携の実践
  • コロナ禍のため、本所図書室の開室が制限される一方で、ウェブによる閲覧数は大幅な増加を示しました。困難な状況下で研究を続けるために、史料編纂所のデータベースへの期待が一段と高まっていることがうかがわれます。
  • 史料編纂所は多くの貴重史料を所蔵していますが、それらを各地の博物館等に出陳するだけでなく、企画の段階から連携・協力して、歴史史料の価値を市民に伝えています。国立歴史民俗博物館の特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」(2021年3月~5月)では、本所所蔵の国宝「島津家文書」のうちの大型国絵図(約7m×3.5m)について、修理、デジタル・スキャニングを実施し、画像をフロアパネル化して展示しています。
「島津家文書」国絵図スキャンの様子

「島津家文書」国絵図スキャンの様子

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80