研究所・研究センター一覧

東京大学史料編纂所

Historiographical Institute, The University of Tokyo
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
山家 浩樹
Yambe, Koki
キーワード
歴史学、日本史、歴史情報学、文献研究、文化財、史料学
住所
〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1

東京大学史料編纂所は、日本の前近代に関する史料の研究、およびその研究成果としての史料集の編纂を行う研究所です。1869年、明治政府による修史事業を行うために設置され、1888年、帝国大学に属する研究機関となりました。1901年に『大日本史料』『大日本古文書』などの日本史研究の基礎となる史料集の刊行を開始し、現在までに編纂した史料集は1千冊を超えています。研究部としては、古代史料・中世史料・近世史料・古文書古記録・特殊史料の5部門と画像史料解析センター・前近代日本史情報国際センターの2附属センターがあります。また史料の保存を行う技術部(史料保存技術室)、所蔵史料の管理と公開を行う図書部があります。2010年、「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」としての活動を開始し、国内外の研究者と共同して研究を進めています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


史料修復の際に可能となる新たな史料研究

史料編纂所は、明治10年代以来、全国各地に所在する歴史史料を複製により蒐集する一方で、原本史料の蓄積も行ってきました。原本史料のうち損傷が進んでいるものは、順次修復を進め、あわせて料紙の科学的分析をはじめ、史料を解体するときにのみ可能となる調査・研究を行っています。研究成果を生かして史料の本来の姿への復元・保全に努めるとともに、通常の史料調査・研究とあわせた複合的な史料研究を目指しています。

平成27年度は、長篠の戦いで名を馳せた鳥居強右衛門の磔の図としてよく知られる『落合左平次道次背旗』の修理を完成させました。道次が実戦で用いた可能性が高いなどの知見を得たうえで、裏面も観察可能なように当初の形に近い形としたうえで、史料の保全を図りました(写真は修理後、表)。また、南北朝期の公家の日記『中院一品記』につき、研究成果を生かした解体修理を終えました。巻物の状態から1紙ごととした段階で詳細な調査・研究を実施し、170頁の報告書にまとめました。

Fig26_02

背旗の表

 

社会との連携


共同研究の成果の社会への還元

史料編纂所は、共同利用・共同研究拠点「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」に認定されています。平成27年度は第1期6か年の最終年度に当たり、共同研究の成果を広く市民に伝えるために、全国でシンポジウム等を数多く開催しました。たとえば、愛知県新城市では長篠の戦いについて(参加430名、写真)、佐賀県多久市では多久家文書について(参加80名)、沖縄県立大学では島津家文書の琉球関係史料について(参加50名)など、京都醍醐寺や奈良薬師寺でも開催しました。また、共同研究の成果を反映した展覧会も、奈良県大和文華館や兵庫県龍野歴史文化資料館などで開かれました。これらの活動は地域をはじめとする新聞報道でも大きく取り上げられています。

Fig26_01

会場風景

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80