研究所・研究センター一覧

東京大学史料編纂所

Historiographical Institute, The University of Tokyo
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
山家 浩樹
Yambe, Koki
キーワード
歴史学、日本史、歴史情報学、文献研究、文化財、史料学
住所
〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1

東京大学史料編纂所は、日本の前近代に関する史料の研究、およびその研究成果としての史料集の編纂を行う研究所です。1869年、明治政府による修史事業を行うために設置され、1888年、帝国大学に属する研究機関となりました。1901年に『大日本史料』『大日本古文書』などの日本史研究の基礎となる史料集の刊行を開始し、現在までに編纂した史料集は1100冊を超えています。古代史料・中世史料・近世史料・古文書古記録・特殊史料の5部門と画像史料解析センター・前近代日本史情報国際センターの2附属センターがあります。また史料の保存を行う技術部(史料保存技術室)、所蔵史料の管理と公開を行う図書部があります。2010年、「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」としての活動を開始し、国内外の研究者と共同して研究を進めています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


史料研究・編纂を基盤とした国際的な学術会議・研究集会の開催

史料編纂所は、歴史史料をキーワードとしながら、各国の歴史研究機関や研究者と学術交流を行っています。11月には、日本学士院と共催で、第5回東アジア史料研究編纂機関協議会の国際学術会議を開催しました。史料編纂所と韓国国史編纂委員会および中国社会科学院近代史研究所との学術交流協定に基づく学術会議で、3か国から史料研究・編纂に関わる機関が集って研究の最前線が共有されました。また、ロシア国立歴史文書館・同海軍文書館との学術協力覚書に基づいて、5月には両館長を招聘して東京大学で研究集会を開催し、10月にはロシア国立経済高等大学でのシンポジウムに参加しました。人文情報学の分野でも、9月に、日本デジタルヒューマニティーズ学会年次大会(JADH2016)を共催し、国内外から多くの参加者を得て活発な議論が展開されました。

第5回東アジア史料研究編纂機関協議会国際学術会議

第5回東アジア史料研究編纂機関協議会国際学術会議

社会との連携


文化財および歴史史料の記録・複製・保全に関わる方法論の社会への還元

史料編纂所は明治以来、国内外に所蔵される文化財や歴史史料を調査し、さまざまな媒体・方法を用いて複製・記録を作成して研究や編纂の資源としてきました。写真技術や情報処理技術の発展、公開に関わる人々の意識の変化等、技術的・社会的条件の進化や変化にあわせて、常に最も効率的な方法を模索し、蓄積された大量の情報の管理・公開に努めてきたところです。近年では、調査・撮影・データ管理・史料保全等について、本所が実践してきた方法を紹介し、スキルや情報を共有していただく試みを行っています。
平成27・28年度には、大分県先哲史料館において、県内の教育委員会関係者・博物館職員等を対象に、撮影技術講習会を開催し、好評を博しました。また『文化財としてのガラス乾板――写真が紡ぎなおす歴史像―』(勉誠出版)を刊行し、明治20年代から記録媒体としてひろく利用され、現在ではそれ自体が文化財となっているガラス乾板をテーマに、その歴史や技術的背景をあきらかにし、保全と活用についての実践的な指針を示しました。

大分県立先哲史料館史料撮影技術講習会

大分県立先哲史料館史料撮影技術講習会

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80