研究所・研究センター一覧

東京大学史料編纂所

Historiographical Institute, The University of Tokyo
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
保谷 徹
Hoya, Toru
キーワード
歴史学、日本史、歴史情報学、文献研究、文化財、史料学
住所
〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1

東京大学史料編纂所は、古代から明治維新期にいたる前近代の日本史史料を研究する研究所です。国内外に所在する史料の調査・収集と研究にもとづき、1901年以来、『大日本史料』『大日本古文書』などの基幹史料集1100冊以上を刊行してきました。研究所の淵源をたどると、江戸時代の和学講談所までさかのぼります。この事業を継承しつつ、1869年に明治政府の修史事業をおこなう機関となりました。1888年には帝国大学へ移管され、日本史史料の編纂と研究というスタイルが整います。史料編纂所は1980年代からコンピュータ導入につとめ、現在では文系最大のサーバシステムをもち、研究の成果を各種データベースからウェブ発信しています。2010年からは「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」として活動し、国内外の研究者との共同研究を進めています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


史料研究・編纂を基盤とした多様な研究成果の発信

◯国内外の史料調査・研究にもとづき、『大日本史料』『大日本古記録』『大日本近世史料』『日本関係海外史料』などの基幹史料集を刊行しました。
◯共同利用・共同研究拠点としての活動では、とくに地域に連携した史料調査や共同研究を実施し、研究成果の地域還元を進めました。
◯海外に所在する日本関係史料の調査・研究では、『ロシア国立海軍文書館所蔵日本関係史料解説目録2』を刊行したほか、ロシア国立サンクトペテルブルク図書館でのアイヌ首長宛松前藩蝦夷地奉行定書をはじめ、多くの史料収集がありました。この活動は、旧ハワイ王国史料(米国ハワイ州立文書館蔵)の調査成果とともに報道でも取り上げられ、社会的に大きな反響がありました。
◯附属画像史料解析センターでは設立20周年を迎え、公開講演会「画像史料の語る日本史」(2018年1月、参加者約250名)を開催しています。
◯奈良文化財研究所と共同開発した「木簡・くずし字解読システム-MOJIZO-」は、2017年度にMOJIZOを商標登録し、年間アクセス数も200万件を超えるようになりました。

史料解析センター設立20周年記念公開講演会

史料解析センター設立20周年記念公開講演会

社会との連携


史料の保存・公開を通じた地域連携・社会連携の実践

◯日本各地の自治体や博物館などとの連携により、史料調査や共同研究を進め、研究成果の地域還元をおこなっています。2017年度は、大分・佐賀・高知・島根・兵庫・大阪・京都・和歌山・静岡の各府県の関係諸機関と共同研究を実施しています。このうち、大阪府所在の「和田家文書」が共同調査研究によって新たな価値を見出され、大阪府有形文化財(古文書)に指定されました。
◯大分県立先哲史料館と共催し、前年までの撮影技術講習会に引き続き、史料保存講習会を開催して古文書の補修や文化財保存の基礎知識を普及する実践を行いました。
◯横浜開港資料館と連携し、イギリス国立文書館(TNA)が所蔵する19世紀の英国外務省対日一般外交文書(FO46)について、ファイル全点を共同でデジタルアーカイブ公開する仕組みを作りました。2017年度はさらに駐日英国公館文書(FO262)全点をデジタル化しています。2018年度には、計52万コマを双方で閲覧室公開できるようになります。

史料保存講習会

史料保存講習会

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80