研究所・研究センター一覧

東京大学史料編纂所

Historiographical Institute, The University of Tokyo
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
保谷 徹
Hoya, Toru
キーワード
歴史学、日本史、歴史情報学、文献研究、文化財、史料学
住所
〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1

東京大学史料編纂所は、古代から明治維新期にいたる前近代の日本史史料を研究する研究所です。国内外に所在する史料の調査・収集と研究にもとづき、1901年以来、『大日本史料』『大日本古文書』などの基幹史料集1100冊以上を刊行してきました。研究所の淵源をたどると、江戸時代の和学講談所までさかのぼります。この事業を継承しつつ、1869年に明治政府の修史事業をおこなう機関となりました。1888年には帝国大学へ移管され、日本史史料の編纂と研究というスタイルが整います。史料編纂所は1980年代からコンピュータ導入につとめ、現在では文系最大のサーバシステムをもち、研究の成果を各種データベースからウェブ発信しています。2010年からは「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」として活動し、国内外の研究者との共同研究を進めています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


史料研究・編纂を基盤とした多様な研究成果の発信
  • 国内外の史料調査・研究にもとづき、『大日本史料』『大日本古記録』『大日本近世史料』『日本関係海外史料』などの基幹史料集を刊行しました。
  • 共同利用・共同研究拠点としての活動では、とくに地域に連携した史料調査や共同研究を実施し、研究成果の地域還元を進めました。
  • 天皇家・公家文庫の史料群を対象としたプロジェクト研究により、史料画像100万コマのデジタル化とメタデータ付与による公開が進み、陽明文庫設立80周年記念特別研究会が開催されて、学習院大学史料館客員研究員皇太子徳仁親王(当時)も報告を行いました(2018年7月)。
  • この間の史料採訪システムのデジタル化により、閲覧室およびウェブ公開に供する史料画像の総数は2018年度についに2000万コマを突破、とくに史料画像へのウェブ・アクセス数は月間70万件を超え、3年間で2.5倍超となりました。史料画像はIIIF(トリプルアイエフ)に対応し、オープンデータとしての公開を開始しています。
  • 北京で開催された第6回東アジア(日中韓)史料研究編纂機関協議会国際学術会議(2018年10月)に、中国社会科学院近代史研究所、韓国国史編纂委員会とともに幹事機関(日本側代表)として参加し、「史料修復及び歴史資料のデータ化とその研究」をテーマに、三国あわせて15本の報告がおこなわれました。

第6回東アジア史料研究編纂機関国際学術会議(北京)

社会との連携


史料の保存・公開を通じた地域連携・社会連携の実践
  • 共同利用・共同研究拠点の活動として、日本各地の自治体や博物館等との連携により、共同研究を実施して研究成果の地域還元をおこなっています。一連の史料調査・研究の結果、当該史料の文化財的価値が明らかになり、大阪府所在の「和田家文書」や島根県所在の「鰐淵寺文書」が、国の重要文化財に指定されました。東京国立博物館が所蔵する壬申検査のガラス原板写真も重文の追加指定になっています。
  • 画像史料解析センターにおけるガラス原板写真史料の研究成果が新聞・TVなどでも取り上げられ、話題になりました。放送大学でも2回にわたって特集が組まれました。2019年秋には、都内で展示会も予定されています。
  • 国宝島津家文書の原本修復・研究事業をおこない、島津興業の助力を得た軸端の切子細工の復元や、古文書の精巧なレプリカ作成をおこないました。レプリカ文書は、触れる文化財として地域での活用をはかっていきます。2019年秋、修復済みの古文書は地元鹿児島等で展示会を予定しています。

島津家文書レプリカを見る保谷所長と島津社長

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80