研究所・研究センター一覧

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
星 泉
Hoshi, Izumi
キーワード
少数言語の記録・保存、中東・イスラーム圏、文化人類学、情報資源利用研究、フィールドサイエンス
住所
〒183-8534
東京都府中市朝日町3-11-1
アジア・アフリカに関する国際的な共同研究を推進

アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)は、1964年にアジア・アフリカ諸地域の言語・文化・歴史を総合的に研究する全国共同利用研究所として設置され、2010年度以降は共同利用・共同研究拠点「アジア・アフリカの言語文化に関する国際的研究拠点」に移行して活動を続けています。現地調査を主体とする臨地研究の手法に基づき、国内外の研究者とともに、数多くの共同研究を実施し、多数の研究成果を公刊しています。また、これらの地域の言語・文化等に関する研究資料や情報を研究資源として利用可能な形に加工し、国際的に共有するための研究資源拠点としての活動も進めています。さらに、国内外の研究者の言語・研究技術の修得促進を図り、さまざまな研修事業を通して次世代研究者の養成に努めています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


アジア・アフリカに関する国際共同研究の推進と成果発信

公募による共同利用・共同研究課題34件を外国人研究員とともに実施する一方、2つの海外研究拠点において国際共同研究を推進しました。さらに、言語学、人類学、地域研究・歴史学の分野からなる3つの基幹研究を重点的に推進することで、アジア・アフリカ地域の多様な言語・文化のあり方をモデルに、未来の多元的世界の発展可能性を追求する一方、急速に複雑化・深刻化する世界の諸問題に対応すべく、3つの基幹研究を有機的に連関させて質的な飛躍を図る新たな研究体制を築いています。

2018年度も多くの研究成果を公刊しましたが、特に国際共同研究の成果がオーストロネシア諸語の情報構造に関する論文集および、中東・イスラーム圏の都市社会における民族の共存に関する論文集を英語で出版し、人類進化をテーマとした国内共同研究の成果を英語論文集として出版するなど、成果の国際発信を進めました。また、例年同様、数多くの国際的なシンポジウム等を企画・開催しましたが、このうちイスラーム期のインドに関する国内最大規模の国際会議The Classification of Indic Knowledge at the Mughal Courtは国際的プロジェクトPerso-Indiaとの共催で、海外からも注目が集まりました。

 

オーストロネシア諸語の情報構造に関する論文集

オーストロネシア諸語の情報構造に関する論文集

中東・イスラーム圏の都市社会における民族の共存に関する論文集

中東・イスラーム圏の都市社会における民族の共存に関する論文集

人類進化をテーマとした論文集

人類進化をテーマとした論文集

社会との連携


国内および海外に向けたアウトリーチの展開

AA研では国内向けに様々なアウトリーチを実施しています。毎年の言語研修の実施や、一般向けの雑誌『フィールドプラス』の企画・発行の他、企画展も実施しています。2018年度の企画展「祈りでつながるイスラーム:エチオピア西部の信仰とその歴史」は国際的にも類例のない展示として高く評価されました。

近年は海外向けのアウトリーチも積極的に実施しています。2018年度にはAA研で長年にわたり蓄積されてきたインド系文字処理および辞典編纂の技術を活用した本格的な『日本語マラヤーラム語辞典』がインド・ケーララ州から出版され、現地で大いに歓迎されました。また、AA研で推進している言語の記録・保存の手法を少数言語の話者自身が活用できるようにするため、アジア・アフリカ各地で現地向けセミナーを実施しました。ベイルートの研究拠点では現地大学との共催で講演会を実施し、現地で大きな反響がありました。

企画展ポスター

企画展ポスター

『日本語マラヤーラム語辞典』刊行記念式典

『日本語マラヤーラム語辞典』刊行記念式典

ダルエスサラームで実施した言語ドキュメンテーション・セミナー

ダルエスサラームで実施した言語ドキュメンテーション・セミナー

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80