研究所・研究センター一覧

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
星 泉
Hoshi, Izumi
キーワード
少数言語の記録・保存、中東・イスラーム圏、文化人類学、情報資源利用研究、フィールドサイエンス
住所
〒183-8534
東京都府中市朝日町3-11-1
アジア・アフリカに関する国際的な共同研究を推進

アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)は、1964年にアジア・アフリカ諸地域の言語・文化・歴史を総合的に研究する全国共同利用研究所として設置され、2010年度以降は共同利用・共同研究拠点「アジア・アフリカの言語文化に関する国際的研究拠点」に移行して活動を続けています。現地調査を主体とする臨地研究の手法に基づき、国内外の研究者とともに、数多くの共同研究を実施し、多数の研究成果を公刊しています。また、これらの地域の言語・文化等に関する研究資料や情報を研究資源として利用可能な形に加工し、国際的に共有するための研究資源拠点としての活動も進めています。さらに、国内外の研究者の言語・研究技術の修得促進を図り、さまざまな研修事業を通して次世代研究者の養成に努めています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


アジア・アフリカに関する国際共同研究の推進と成果発信

公募による共同利用・共同研究課題30件を外国人研究員とともに実施する一方、2つの海外研究拠点において国際共同研究を推進しました。さらに、言語学、人類学、地域研究・歴史学の分野からなる3つの基幹研究を重点的に推進することで、アジア・アフリカ地域の多様な言語・文化のあり方をモデルに、未来の多元的世界の発展可能性を追求する一方、急速に複雑化・深刻化する世界の諸問題に対応すべく、3つの基幹研究を有機的に連関させて質的な飛躍を図る新たな研究体制を築いています。

2019年度は言語学関連ではまとまった成果がありました。言語学を軸とした基幹研究で企画を立ち上げた「記述文法シリーズ」の第2巻『パラウク・ワ語』(AA研/くろしお出版)がより刊行されました。第1巻『南琉球宮古語伊良部島方言』は刊行後、高く評価され、第47回金田一京助博士記念賞を授与されています。この他、本研究所から『日本語マラヤーム語辞典』、『チベット牧畜文化辞典』ほか、複数の特色ある辞典が刊行されました。また、国際先住民族言語年を記念して米国で開催されたThe International Year of Indigenous Languages 2019: Perspectives Conferenceに基幹研究として参加し、これまでの活動をパネルセッションで報告した他、多くの少数言語・危機言語の当事者や研究者と交流をしました。

 

『パラウク・ワ語』

『パラウク・ワ語』

『チベット牧畜文化辞典(チベット語・日本語)』

『チベット牧畜文化辞典(チベット語・日本語)』

国際先住民族言語年を記念した学会で研究報告

国際先住民族言語年を記念した学会で研究報告

 

社会との連携


研究成果をもっと身近に

AA研では若手研究者や一般の方々に研究成果を身近に感じてもらおうと様々な活動をしています。毎年実施している言語研修や、一般向けの雑誌『フィールドプラス』の企画・発行の他、企画展も実施しています。2019年度に開催された企画展のうち、中国・シベ族の著名な書家格吐肯(ゲトゥケン)氏を招き、21点の作品を展示した「シベ書道の世界―格吐肯書法展―」は、新聞でも報道され、多数の来場者を集めました。また、国立国語研究所の協力により、モバイル・ミュージアム「日本の危機言語・危機方言」も実施しました。

ジンポー語の言語研修中の写真

ジンポー語の言語研修中の写真

シベ族の書家格吐肯氏による実演風景

シベ族の書家格吐肯氏による実演風景

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80