研究所・研究センター一覧

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
飯塚 正人
Iizuka, Masato
キーワード
言語ダイナミクス科学、中東・イスラーム圏、アフリカ、人類学
住所
〒183-8534
東京都府中市朝日町3-11-1

アジア・アフリカ言語文化研究所は、1964年にアジア・アフリカ諸地域の言語・文化・歴史を総合的に研究する全国共同利用研究所として設置され、2010年度以降は共同利用・共同研究拠点「アジア・アフリカの言語文化に関する国際的研究拠点」に移行して活動を続けています。現地調査を主体とする臨地研究の手法に基づき、国内外の研究者とともに、数多くの共同研究を実施し、多数の研究成果を公刊しています。また、これらの地域の言語・文化等に関する研究資料や情報を研究資源として利用可能な形に加工し、国際的に共有するための研究資源拠点としての活動も進めています。さらに、国内外の研究者の言語・研究技術の修得促進を図り、さまざまな研修事業を通して次世代研究者の養成に努めています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


公募による共同利用・共同研究課題26件を招聘外国人研究員とともに実施する一方、レバノンのベイルートおよびマレーシアのコタキナバルに設置した海外研究拠点において臨地国際共同研究を推進しました。また、海外臨地研究に携わる研究者のネットワークを構築し、臨地研究の理論と手法を開発して超域的な研究領域を開拓する試みにも取り組みました。さらに、「言語ダイナミクス科学」「アフリカ文化」「中東・イスラーム圏」「人類学」を研究テーマとする4つの基幹研究を重点的に推進し、アジア・アフリカ地域の多様な言語・文化のあり方をモデルに、未来の多元的世界の発展可能性を追求しました。こうした共同研究の成果は、例えば、北東シベリアから北米にかけて分布する北方諸言語の様々な文法現象に関する類型論的比較研究の成果であるLinguistic Typology of North, vol.3(呉人徳司編)や、これまで主に農学・人類学・経済学の研究者が進めてきたサハラ以南のアフリカ農業研究に歴史家が加わることで、新たな研究領域を開拓した『食と農のアフリカ史』(石川博樹編)、また16~18世紀にかけてイランを中心とする多元的社会を統治し、今日のイランの礎を築いたサファヴィー朝に関する最新の研究成果を世に問うたMapping Safavid Iran (edited by Nobuaki Kondo)、さらに2005年以来、霊長類学・生態人類学・社会/文化人類学・倫理学の専門家がヒトとヒト以外の霊長類の連続性と非連続性を検討することで、人類の社会性(sociality)の基盤を人類学的により深く明解に理解することを目指してきた長期共同研究の成果第三弾『他者―人類社会の進化』(河合香吏編)などの形で公開されています。

FIg36_01

社会との連携


言語研修

本研究所では毎年夏に専門研究者と母語話者を講師に迎えて、アジア・アフリカ地域の研究を志す研究者やこの地域に関心を持つ社会人を対象とした短期集中プログラムによる言語研修を実施しています。言語研修に参加することで、基本的な文法や会話を学べるだけでなく、現地調査や文献研究を行うために必要な言語知識や調査の手法など、専門的な知識を学ぶこともできます。研修対象言語は、少数話者の言語を中心に、殆どがアジア・アフリカ地域で話されている様々な言語です。毎年、東京会場で2言語、大阪会場で1言語の研修を実施しています。

フィールドプラス

本研究所の発行する「フィールドプラス」は言語学・人類学・歴史学を専門とする所員や研究機関研究員、公募による共同利用・共同研究課題の研究をともに推進する共同研究員をはじめ、各分野で活躍する新しい発想をもった研究者などを執筆陣に迎え、研究の最前線を一般向けにわかりやすく伝えていこうという趣旨の雑誌です。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80