研究所・研究センター一覧

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
星 泉
Hoshi, Izumi
キーワード
少数言語の記録・保存、中東・イスラーム圏、文化人類学、情報資源利用研究、フィールドサイエンス
住所
〒183-8534
東京都府中市朝日町3-11-1
アジア・アフリカに関する国際的な共同研究を推進

アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)は、1964年にアジア・アフリカ諸地域の言語・文化・歴史を総合的に研究する全国共同利用研究所として設置され、2010年度以降は共同利用・共同研究拠点「アジア・アフリカの言語文化に関する国際的研究拠点」に移行して活動を続けています。現地調査を主体とする臨地研究の手法に基づき、国内外の研究者とともに、数多くの共同研究を実施し、多数の研究成果を公刊しています。また、これらの地域の言語・文化等に関する研究資料や情報を研究資源として利用可能な形に加工し、国際的に共有するための研究資源拠点としての活動も進めています。さらに、国内外の研究者の言語・研究技術の修得促進を図り、さまざまな研修事業を通して次世代研究者の養成に努めています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


オンラインでの共同研究と共同利用の促進

臨地研究を基盤としてきたAA研にとって、コロナ禍で現地調査の道が断たれた2020年度は非常に困難な1年間でしたが、公募による共同利用・共同研究課題29件を外国人研究員とともに実施するなど、国際共同研究を積極的に推進しました。
共同研究活動と並行して、共同利用の促進、研究資源のオンライン・リソース化にも例年以上に力を注ぎました。なかでもカイロ(エジプト)の中世イスラーム建築の傑作であるカラーウーンの寄進施設のVRツアーをオンラインで公開したQALAUN VR PROJECT(https://qalawun.aa-ken.jp)は、The Digital Orientalist (https://digitalorientalist.com/2020/12/08/virtual-reality-from-mamluk-period-cairo/) で紹介されるなど、大きな反響を得ました。このほか、学際的プロジェクトチームによるチベット牧畜文化ポータル(https://nomadic.aa-ken.jp/)など、共同研究の成果を積極的にオンラインで公開しています。

 

全世界を研究対象とするAA研の共同利用・共同研究課題

全世界を研究対象とするAA研の共同利用・共同研究課題

QALAWUN VR PROJECT

QALAWUN VR PROJECT

チベット牧畜文化ポータル

チベット牧畜文化ポータル

 

社会との連携


コロナ禍でも世界を伝えるために

AA研では若手研究者や一般の方々に研究成果を身近に感じてもらおうと様々な活動をしています。毎年実施している言語研修や、一般向けの雑誌『フィールドプラス』の企画・発行の他、企画展も実施しています。2020年度はコロナ禍の影響で制限された中での企画展となりましたが、中東地域の女性の仮面文化を紹介した「越境する仮面文化-ペルシャ・アラビア湾岸地域の女性たち」展は観覧者から非常に高く評価されました。このほか、AA研のもつ研究者ネットワークを活用し、コロナ禍がフィールドワークという営みに与えた影響に関する記録の共有・保存を目的として開設したウェブサイト「COVID-19とフィールド・ワーカー」(https://fieldnet-sp.aa-ken.jp/)は、マスメディアとは異なる視点から世界各地のコロナ禍下の様子を描写したものとして、注目を集めています。

一般向け雑誌『フィールドプラス』

一般向け雑誌『フィールドプラス』

「越境する仮面文化」展

「越境する仮面文化」展

COVID-19とフィールド・ワーカー

COVID-19とフィールド・ワーカー

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80