研究所・研究センター一覧

東京医科歯科大学難治疾患研究所

Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
石野 史敏
Ishino, Fumitoshi
キーワード
難治疾患、基礎生物学、ゲノム応用医学、難治病態、先端分子医学
住所
〒113-8510
東京都文京区湯島1-5-45
「難治疾患に挑む」

難治疾患研究所は、「難治疾患の学理と応用」を目的として、昭和48年設置されました。研究対象とする難治疾患は、設立当初の自己免疫疾患に加え、がん、循環器疾患、神経疾患、骨・関節疾患、免疫疾患、生活習慣病など、国民的要請の高い疾患を3つの部門で進めています。先端分子医学研究部門では、最先端の分子的研究手法を駆使した遺伝子・細胞・器官・個体レベルでの研究、難治病態研究部門では、心血管、神経、免疫性難病などの難治疾患の病態機構と生命現象の基本的なメカニズム解明、ゲノム応用医学研究部門では、難治疾患に関わるヒトゲノムの構造、機能、さらにタンパク情報を併せた学横断的な研究を進め、画期的な診断法の開発、個別化医療の実現、発症前診断や疾患予防法などの未来医療のための難治疾患研究のHub Instituteを目指しています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


運動中の突然死に関連する新たな遺伝子を同定

古川哲史教授(生体情報薬理学分野)と保健衛生学研究科の笹野哲郎准教授のグループは、研究所分子病態分野 木村彰方教授、医学部附属病院循環制御内科 磯部光章教授、不整脈センター 平尾見三教授ら及び浜松医科大学、国立循環器病研究センターのグループとの共同研究で、運動中に発生する致死性不整脈に関係する新たな遺伝子としてIRX3をつきとめました。IRX3はHis-Purkinje系に特異的に発現し、電気信号の伝達に関与しますが、KOマウス及びヒト患者さんの解析からこの遺伝子異常が、運動中に起こる致死的不整脈に関係することを示しました。

歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明

西村栄美教授(幹細胞医学分野)の研究グループは、加齢に伴う薄毛や脱毛の原因が、幹細胞が老化して維持できなくなりフケ・垢とともに皮膚表面から脱落していくことによるもので、その結果、毛を生やす小器官が段階的にミニチュア化(矮小化)するため薄毛・脱毛がひきおこされることをつきとめました。毛包幹細胞は毛周期ごとに分裂しますが、加齢に伴って自己複製しなくなり、毛をつくる細胞を生み出す代わりに、表皮の角化細胞へと運命をかえたのち、皮膚表面から落屑する(フケ・垢として脱落していく)ことがわかりました。これによって毛包幹細胞プールとそのニッチが段階的に縮小し、毛包自体が矮小化(ミニチュア化)するため、生えてくる毛が細くなって失われていくことを明らかにしたものです。

Fig35_01

上記の他、以下の6件のプレスリリースをおこないました。「高効率を実現した遺伝子改変技術の開発」(田中光一教授ら)、「飢餓により誘導されるオートファジーに伴う細胞内アミロイドの増加を発見」(岡澤均教授ら)、「がんの浸潤・転移に関わる上皮間葉細胞転換(EMT)を促進するマイクロRNA(miR-544a)の発見」(稲澤譲二教授ら)、「マイクロRNA-634によるミトコンドリアを介したアポトーシス経路の活性化と化学療法の増強効果」(稲澤譲二教授ら)、「骨粗鬆症の要因となる新骨代謝制御の仕組みを解明」(野田政樹教授ら) 、「癌幹細胞が癌の根治から逃れる特殊能力について合成ポリマーを用いて解明」(田賀哲也教授)。

 

 

社会との連携


  • 高大連携プログラム:高大連携による出張講義や研究室見学などを通じて、難治疾患研究の成果と科学の面白さを中・高校生に発信しています。
  • 市民公開講座:文京区と共催の市民講座を今年は3回開催し、6名の教員が講演しました。
  • 四大学連合文化講演会:東工大、一橋大、東京外国語大と共催で「安全・安心」に関する学際的な講演会を毎年、開催しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80