研究所・研究センター一覧

東京医科歯科大学難治疾患研究所

Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
石野 史敏
Ishino, Fumitoshi
キーワード
難治疾患、基礎生物学、ゲノム応用医学、難治病態、先端分子医学
住所
〒113-8510
東京都文京区湯島1-5-45
「難治疾患に挑む」

難治疾患研究所は、「難治疾患の学理と応用」を目的として、昭和48年設置されました。研究対象とする難治疾患は、設立当初の自己免疫疾患に加え、がん、循環器疾患、神経疾患、骨・関節疾患、免疫疾患、生活習慣病など、国民的要請の高い疾患を3つの部門で進めています。先端分子医学研究部門では、最先端の分子的研究手法を駆使した遺伝子・細胞・器官・個体レベルでの研究、難治病態研究部門では、心血管、神経、免疫性難病などの難治疾患の病態機構と生命現象の基本的なメカニズム解明、ゲノム応用医学研究部門では、難治疾患に関わるヒトゲノムの構造、機能、さらにタンパク情報を併せた学横断的な研究を進め、画期的な診断法の開発、個別化医療の実現、発症前診断や疾患予防法などの未来医療のための難治疾患研究のHub Instituteを目指しています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


自己免疫疾患全身性エリテマトーデス(SLE)の発症抑制メカニズムの解明

東京医科歯科大学難治疾患研究所免疫疾患分野の鍔田武志教授と赤津ちづる特任助教の研究グループおよび同 分子構造情報学分野の伊藤暢聡教授と沼本修孝助教の研究グループは産業技術総合研究所との共同研究で、代表的な自己免疫疾患の1つ全身性エリテマトーデス(SLE)の発症を抑制するメカニズムの解明に成功しました。研究グループはB リンパ球が発現する抑制性の膜分子CD72 が、SLE 発症に重要な核内自己抗原Sm/RNP(核酸と核タンパク質の複合体)に特異的に結合することを明らかにし、さらに、マウスを用いた解析によりCD72 がSm/RNP による免疫細胞の活性化およびSm/RNP への自己抗体産生を抑制し、SLE 発症を防止していることを明らかにしました。一方、Sm/RNP と同様にTLR7を介して免疫細胞を活性化する合成TLR7 リガンドのイミキモドへの反応性はCD72 によって抑制されませんでした。

染色体の均等分配に必須の中心体数を正確に制御する新たなメカニズムを解明

東京医科歯科大学・難治疾患研究所の渡辺雄一郎大学院生、本田真也助教、清水重臣教授らの研究グループは、中心体数の制御にオートファジーが関与していることをつきとめ、その分子機構を明らかにしました。研究グループは、オートファジー欠損細胞において中心体数が増加していることを見出しました。この現象は、人為的にオートファジー関連遺伝子を無くしたり、オートファジー阻害剤を投与したりした時にも観察され、オートファジー欠損により中心体数の増加を引き起こすことが確認されました。この原因として、通常、オートファジーによって分解されている中心体タンパク質Cep63が分解されずに残存することが理由であることが分りました(図)。なお、Cep63は、オートファジーの選択的な基質認識分子の1つであるp62によってオートファジーに取込まれるため、p62欠損細胞においても中心体数が増加することを併せて見出しています(図)。本研究結果から、オートファジーが、中心体数の制御にも関与していることが分りました。オートファジーの異常からがんが発生することは良く知られていますので、発がんの原因の1つとして中心体数の制御異常が関与しているものと考えられました。

オートファジーによる中心体数制御

オートファジーによる中心体数制御

上記のほかに次のプレスリリースを行いました。

  • 急性リンパ性白血病におけるL-アスパラギナーゼ 投与時のオートファジー作用の解明(稲澤譲治教授)
  • 癌再発に深く関わる癌幹細胞が診断薬5-ALAによる検出を免れる特性を発見(田賀哲也教授)
  • マクロファージがつくる不飽和脂肪酸が、炎症を収めるのに重要であることを発見(大石由美子准教授)
  • エクソソーム中のマイクロRNAを介したがん転移機序の解明(稲澤譲治教授)
  • 発生初期の器官形成の鍵となる組織の分化に必要な代謝経路の解明(仁科博史教授)
  • 放射線による細胞死を抑制する新たなメカニズムを解明(清水重臣教授)
  • ハンチントン病の新しい治療薬シーズを発見(岡澤 均教授)
  • ハンチントン病の新しい治療戦略を開発(岡澤 均教授)
  • アルツハイマー病の新たな抗体治療に道をひらく(岡澤 均教授)
  • 細胞内のタンパク質を分解する新しい仕組みGOMEDを発見(清水重臣教授)
  • RpA1を用いて小脳失調症モデルマウスの治療に成功(岡澤 均教授)
  • 異常な細胞の除去を誘導する新たな仕組みの解明に成功(仁科博史教授)
  • がんの浸潤・転移を制御するハイプシン経路の分子機構の解明(稲澤譲治教授)

 

社会との連携


高大連携プログラム

高大連携による出張講義や研究室見学などを通じて、難治疾患研究の成果と科学の面白さを中・高校生に発信しています。

市民公開講座

文京区と共催の市民講座を今年は3回開催し、6名の教員が講演しました。

 

四大学連合文化講演会

東工大、一橋大、東京外国語大と共催で「安全・安心」に関する学際的な講演会を毎年、開催しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80