研究所・研究センター一覧

東京医科歯科大学生体材料工学研究所

Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
影近 弘之
Kagechika, Hiroyuki
キーワード
バイオマテリアル、医療デバイス・システム、生体機能分子、生体医歯工学
住所
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-3-10

東京医科歯科大学生体材料工学研究所は、医療系総合大学の中に設置された理工学系の研究所であり、医学・歯学系の研究者や病院と密接に連携しながら、生体機能の修復・解析に資する生体材料や生体工学の研究・教育を行っています。当研究所は昭和26年(1951年)に歯科材料研究所として本学に設置されて以来、研究陣、研究設備の充実、改称、建屋の新築などを経て現在に至っており、医学、歯学、工学の融合分野において約70年の歴史と伝統があります。医歯工連携というユニークな特徴を持ち、医療における「ものづくり」を支える先導的な研究所として、生体材料、生体システム、生体機能分子などの分野で世界をリードする研究を行い、多くの製品を世に送り出してきました。教育面では、本学の理念である「医歯工連携」の「工」の分野を担い、高度な先端医療や最先端研究を先導する人材の教育と育成を行っております。

令和元年度の研究活動内容及び成果


生体材料工学研究所が中核機関となって推進している文部科学省共同利用・共同研究拠点「生体医歯工学共同研究拠点」において、令和元年度は239件の共同研究の応募があり、そのうち228件の研究課題が採択されました。今年度も、8月には当研究所において高分子イオン感応膜を有するイオンセンサに関する拠点の実習が開催され、若手研究者を中心に異分野融合領域のものづくりを体験し、また、11月には拠点国際シンポジウムが2日間にわたり静岡県アクトシティ浜松コングレスセンターで開催されました。なお,令和2年3月に東京工業大学で予定されていた本拠点の成果報告会は、新型コロナ感染症拡大対策のために中止となりましたが、予稿集は発行され、160件の研究成果の報告がなされました。
また、他のネットワーク型共同利用・共同研究拠点との連携として、物質・デバイス領域共同研究拠点及び放射線災害・医科学研究拠点との緩やかな連携に関する協定(平成30年度締結)、に基づき、令和2年2月に開催された放射線災害・医科学研究拠点の第4回国際シンポジウムにおいて本拠点からもポスター発表を行いました。また、令和元年度から緩やかな連携として1件の共同研究テーマを開始し、今後さらに相互交流を進め、三拠点間の連携を深めていきます。

社会との連携


わが国では高齢化に伴い、今後の医療、介護のあり方が社会的課題となっており、「ライフイノベーションの推進」が、我が国の将来にわたる成長と社会発展を実現するための主要な柱として位置づけられています。生体材料工学研究所では他大学との共同研究を通して、幅広い材料及びデバイス・システム、機能分子開発を生命科学や医療に応用する取り組みを推進しています。材料分野では、名古屋大学未来材料・システム研究所、東北大学金属材料研究所、東京工業大学フロンティア材料研究所、大阪大学接合研究所、早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構とともに、文科省「学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト」を推進しています。また、デバイス・システム分野では、文部科学省共同利用・共同研究拠点「生体医歯工学共同研究拠点」のもと、東京工業大学未来産業技術研究所、広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所、静岡大学電子工学研究所とネットワークを形成して、共同研究を推進する体制を整えています。さらに、創薬化学分野ではAMED創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS)等のプロジェクトを通して、画期的創薬を目指す研究者を幅広く支援する活動に取り組んでいます。このように他大学との連携・共同研究を通して、生体材料研究所だけでは研究対象としていない材料、デバイス・システム、創薬技術を生命科学や医療の分野に応用し、実用化の機会を増やして持続的に産業化や社会に貢献することを目指しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80