研究所・研究センター一覧

新潟大学脳研究所

Brain Research Institute, Niigata University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
小野寺 理
Onodera Osamu
キーワード
基礎・臨床神経学、精神神経疾患、バイオリソース、 統合脳機能、神経病理学、ヒト脳科学、システム脳病態学
住所
〒951-8585
新潟県新潟市中央区旭町通1-757
脳科学の基礎と臨床の融合と実践
脳神経病理標本資源を活用した共同研究の実施

新潟大学脳研究所は、「脳及び脳疾患に関する学理及びその応用の研究を行うこと」を目的として設置された脳科学に関する唯一の国立大学附置研究所です。超高磁場磁気共鳴装置等を用いてヒトの高次脳機能を探る「統合脳機能研究センター」と、脳疾患リソース(脳標本・モデル動物・遺伝子データベース)を管理・研究する「生命科学リソース研究センター」が附属施設として設置されており、世界有数の膨大な脳疾患標本を所有しています。本研究所は、脳神経疾患を対象とする脳神経外科、神経内科の臨床2科を有することでもユニークな存在です。これらの特色を生かし、脳科学の基礎部門と臨床部門が有機的に融合した研究所として、多くの先駆的な業績を挙げています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


小型動物を利用した神経疾患研究

脳研究所ではマウスなどの一般的なモデル動物以外にも、ショウジョウバエや小型魚類といった小型のモデル動物の特色を生かした神経科学、神経疾患研究を行っています。小型魚類はさらにゼブラフィッシュ、メダカ、アフリカメダカとその目的に合わせて様々に使い分けています。本研究所の松井らは、アフリカメダカ(Nothobranchius furzeri)を疾患研究に活用し、アフリカメダカが加齢のみでパーキンソン病様の表現型を呈すること、ならびにその神経病理がαシヌクレインに依存することを明らかにしました(Cell Reports誌に発表)。現在、本研究所ではこれらの小型魚類を活用し、パーキンソン病や認知症を中心とした様々な加齢関連疾患の研究を進めています。これにより老化と加齢関連疾患の共通点と差異を明らかにし、個々の加齢関連疾患に特徴的な病態を描出することで、難治性の加齢関連疾患への介入を目指します。

社会との連携


わが国の脳研究の先駆けの地における若手研究者の育成

■新潟神経学夏期セミナー

毎年夏の3日間、全国の若手研究者を対象に神経学に関する教育を目的として「新潟神経学夏期セミナー」を開催しています。特定のテーマのもと、所内外の専門研究者による講演と討論から、最先端の高度な知識を学ぶことができます。また、本脳研究所の実地体験コースも設定されています。

■共同研究拠点国際シンポジウム

毎年、わが国における脳神経疾患の病態解明と治療法開発、ヒトの高次脳機能の理解を指向する研究の発展を期して、著明な外国人講師を招いた国際シンポジウムを実施しています。また、ポスター発表の場を併設し、全国若手研究者の成果発表、外国人講師を含む参加者との討論の機会としています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80