研究所・研究センター一覧

新潟大学災害・復興科学研究所

Research Institute for Natural Hazards and Disaster Recovery, Niigata University
  • 第1部会

研究所・センターの概要


所長
河島 克久
Kawashima, Katsuhisa
キーワード
自然災害科学、豪雪、極端気象、地震、噴火、土砂・洪水災害、複合連動災害、減災対策、復興、危機管理
住所
〒950-2181
新潟県新潟市西区五十嵐2の町8050
積雪地域のレジリエンス研究の拠点を目指して

当研究所の歴史は、日本海側地域に特有な雪氷災害や融雪期の地すべり災害等の研究を推進する「積雪地域災害研究センター」が1978年に設立されたことから始まります。2004年新潟県中越地震を契機として、2006年に災害研究と復興科学研究を推進する「災害復興科学センター」が、さらに2011年に「災害・復興科学研究所」が設立され、自然科学から人文社会科学、医学までの幅広い分野が連携した研究を実施してきました。2015年には、全球的気候変動による災害現象の極端化、及び巨大地震に連動した地震・火山活動や複数の要因による複合災害のリスク増大に対応することが急務と考え、環境動態研究部門、複合・連動災害研究部門、防減災技術研究部門、社会安全システム研究部門の4部門制に改編しました。現在、積雪地域のレジリエンス研究の拠点を目指して、国内外の積雪地災害分野の研究者との共同研究を推進しています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


公募型共同研究と突発災害調査

「複合・連動災害の発生メカニズムの解明と減災技術の確立に向けた研究」、「日本海側地域や環東アジア地域に特有な災害のメカニズム解明と減災に関する研究」、「積雪地のレジリエンスに関する研究」を重点テーマとして、共同研究を公募し、2019年度は23件の研究課題を採択・実施しました。また、新潟県で大きな被害が出た2019年6月18日山形県沖の地震では、発生翌日から災害調査に取り組み、緊急調査報告会を開催して被災地の復旧・復興を学術面から支援しました。さらに、令和元年東日本台風(台風第19号)による突発災害に対して、科研費(特別研究促進費)のメンバーとして災害の実態解明と防減災対策に貢献しました。共同研究や突発災害調査等の成果は、国内シンポジウム(2回)、災害調査報告会(2回)、研究集会(1回)、セミナー(9回)、講演会(1回)、公開講座(1回)を開催し、広く発信しました。

令和元年東日本台風の緊急災害調査(長野市穂保の千曲川の破堤)

令和元年東日本台風の緊急災害調査(長野市穂保の千曲川の破堤)

社会との連携


公開シンポジウム「新潟県中越地震から15年‐被災地の復興支援活動と今後の課題‐」

公開シンポジウム「新潟県中越地震から15年‐被災地の復興支援活動と今後の課題‐」を公益社団法人日本地理学会との共催で2019年9月に開催しました。シンポジウムでは,15年間の復旧・復興支援活動を振り返るとともに,「それらがその後の大規模自然災害に対してどのように活かされたか」,「今後の減災に向けて取り組むべき課題な何か」について,市民,行政関係者,研究者等が一体となって議論しました。

公開シンポジウムの総合討論

公開シンポジウムの総合討論

連携協定の締結

自然災害に関する調査・研究から成果の社会への普及・還元に亘って広く協力し,安全・安心な地域づくり,人材の育成,レジリエント社会の構築等に寄与するため,森林総合研究所,新潟工科大学風・流体工学研究センター,公益社団法人中越防災安全推進機構,東北大学災害科学国際研究所の4機関との連携協定を2019年度に締結しました。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80