研究所・研究センター一覧

新潟大学災害・復興科学研究所

Research Institute for Natural Hazards and Disaster Recovery, Niigata University
  • 第1部会

研究所・センターの概要


所長
福岡 浩
Fukuoka, Hiroshi
キーワード
自然災害科学、豪雪、極端気象、地震、噴火、土砂・洪水災害、複合連動災害、 減災対策、復興、危機管理
住所
〒950-2181
新潟県新潟市西区五十嵐2の町8050
積雪地域のレジリエンス研究の拠点を目指して

積雪地域における自然災害に関する研究並びにその対策技術の研究を目的として、1978年に本研究所の前身となる積雪地域災害研究センターが設立され2018年に40周年を迎えました。以来、積雪地域に特有な災害の研究を推進してきました。2004年の新潟・福島豪雨と新潟県中越地震、2007年の新潟県中越沖地震等の中山間地の大規模災害を踏まえ、理工系・人文系を融合した研究を立ち上げ、2011年に3大部門からなる災害・復興科学研究所として改組しました。2015年より、変容かつ激化する自然災害に対して適応能力が高い強靭な社会を構築する“Disaster Resilient Societyの創生”を目的として、4部門に改編しました。現在、積雪地域のレジリエンス研究の拠点を目指して、国内外に分散する積雪地災害分野の研究者との共同研究を推進しています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


分野融合型の新プロジェクト研究に着手

平成29年度から、新プロジェクト研究「冠雪活火山地域における火山-雪氷複合災害シナリオモデルの構築」をスタートさせました。本事業では、火山学・雪氷学・水文学・地球化学の分野融合的アプローチに基づき、冠雪活火山地域における火山-雪氷複合災害の新たなリスク評価法を確立することを目的としています。これに関連して平成30年3月には国際シンポジウム「積雪地域における複合災害と研究動向」を開催しました。
また、「複合・連動災害の発生メカニズムの解明と減災技術の確立に向けた研究」及び「日本海側地域や環東アジア地域に特有な災害のメカニズム解明と減災に関する研究」をテーマとして、共同研究を公募し、平成30年度は23件の研究課題を採択・実施しています。
さらに、那須岳雪崩災害、九州北部豪雨、草津白根山噴火の突発災害に対して、科研費(特別研究促進費)のメンバーとして災害の実態解明と防減災対策に貢献しました。

国際シンポジウムの集合写真

国際シンポジウムの集合写真

草津白根火山での火山灰調査

草津白根火山での火山灰調査

社会との連携


鳥取県と「災害対策に係る連携に関する協定」を締結

平成29年1~2月の鳥取県の大雪に対して調査を行うとともに、一般市民を対象とした大雪災害シンポジウムを平成29年8月に鳥取市で開催しました。また、平成29年12月に鳥取県と「災害対策に係る連携に関する協定」を締結し、鳥取県が行う災害の予防・応急対策等を支援する体制を整えました。

雪下ろしの判断に役立つ「雪おろシグナル」が新潟県で運用開始

防災科学技術研究所、京都大学と共同で積雪重量分布情報「雪おろシグナル」を開発し、全国で初めて新潟県でその運用が開始されました。積雪の深さだけではわからない雪の重みを知ることができるため、雪下ろし作業のタイミングの判断への貢献が期待されます。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80