研究所・研究センター一覧

新潟大学災害・復興科学研究所

Research Institute for Natural Hazards and Disaster Recovery, Niigata University
  • 第1部会

研究所・センターの概要


所長
河島 克久
Kawashima, Katsuhisa
キーワード
自然災害科学、豪雪、極端気象、地震、噴火、土砂・洪水災害、複合連動災害、減災対策、復興、危機管理
住所
〒950-2181
新潟県新潟市西区五十嵐2の町8050
積雪地域のレジリエンス研究の拠点を目指して

当研究所の歴史は、理学部附属地盤災害研究施設(1969年設立)や工学部附属雪氷工学研究施設(1972年設立)における研究を基盤として「積雪地域災害研究センター」が1978年に設立されたことから始まります。その後、2004年の新潟・福島豪雨と新潟県中越地震、2007年の新潟県中越沖地震等の中山間地の大規模災害を踏まえ、理工系・人文系を融合した研究を立ち上げ、2011年に3部門からなる災害・復興科学研究所として改組しました。2015年より、変容かつ激化する自然災害に対して適応能力が高い強靭な社会を構築する“Disaster Resilient Societyの創生”を目的として、「環境動態研究部門」「複合・連動災害研究部門」「防減災技術研究部門」「社会安全システム研究」の4部門に改編しました。現在、積雪地域のレジリエンス研究の拠点を目指して、国内外の積雪地災害分野の研究者との共同研究を推進しています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


公募型共同研究と突発災害調査

「複合・連動災害の発生メカニズムの解明と減災技術の確立に向けた研究」、「日本海側地域や環東アジア地域に特有な災害のメカニズム解明と減災に関する研究」、「積雪地のレジリエンスに関する研究」を重点テーマとして、共同研究を公募し、平成30年度は23件の研究課題を採択・実施しました。
また、草津白根山噴火、平成30年7月豪雨、平成30年北海道胆振東部地震による突発災害に対して、科研費(特別研究促進費)のメンバーとして災害の実態解明と防減災対策に貢献しました。
共同研究や突発災害調査等の成果は、国内シンポジウム(2回)、共同研究成果報告会(1回)、災害調査報告会(3回)、研究集会(3回)、セミナー(9回)、防災講演会(1回)、公開講座(1回)を開催し、広く発信しました。

融雪による崩壊斜面の侵食調査(気象観測点の設置、北海道厚真町)

融雪による崩壊斜面の侵食調査(気象観測点の設置、北海道厚真町)

社会との連携


防災コーナー「おしえて!防災せんせい」をNHK新潟放送局と共同制作

平成26年4月以降、NHK新潟放送局が月に1度放送している「にいがたゆうどきラジオ」で、防災コーナー「おしえて!防災せんせい」をNHKと共同制作しています。リスナーに防災を身近に感じてもらえるよう、「小学生にもわかるやさしい解説」をコンセプトに研究所教員が交替で生出演し、様々な災害・防災についてわかりやすく解説しています。この防災知識の普及と地域放送の充実への貢献により、平成30年2月に第23回NHK関東甲信越地域放送文化賞を受賞しました。

新潟地方気象台と自然災害の軽減に関する連携及び協力に係る協定を締結

防災情報の交換や自然災害の軽減に係る連携及び協力を図ることを目的として、平成30年4月に新潟地方気象台と協定を締結しました。本協定に基づき、気象・地象等に関する防災情報の円滑な相互利用を促進させるとともに、災害発生後の緊急調査や地域住民に対する防災知識の普及・啓発などの面で協力する体制が整いました。

NHK関東甲信越地域放送文化賞の表彰式

NHK関東甲信越地域放送文化賞の表彰式

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80