研究所・研究センター一覧

徳島大学先端酵素学研究所

Institute of Advanced Medical Sciences, Tokushima University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
事務取扱
佐々木 卓也
Sasaki, Takuya
キーワード
基礎医学、分子生物学、免疫学、酵素、ゲノム、プロテオーム、糖尿病、オープンイノベーション
住所
〒770-8503
徳島県徳島市蔵本町3-18-15

徳島大学先端酵素学研究所は、2016年、既設の疾患酵素学研究センターと疾患プロテオゲノム研究センターを統合するとともに、藤井節郎記念医科学センターと糖尿病臨床・研究開発センターを附属施設として設置されました。生命現象において中心的役割を担う酵素について、生体反応の触媒としての構造・機能を探るこれまでの酵素学を基盤に、オミクスなどの最新技術を用いた包括的解析を推し進め、ゲノムから個体に至る生命情報の本質的・統合的な理解につながる最先端の医科学研究を展開します。先導的な研究成果を世界に向けて発信するとともに次世代を担う研究人材を育成し、健康長寿社会の実現に向けて疾患の病態解明と医療への応用を目指します。

平成29年度の研究活動内容及び成果


「新学術領域研究(研究領域提案型)」の発足

科研費では新たな研究領域を設定して、異分野連携や共同研究、人材育成等を図る大規模なグループ研究を「新学術領域研究(研究領域提案型)」として支援していますが、先端酵素学研究所では、平成29年度には下記の2分野の教授が「新学術領域研究」(生物系)の代表を務め、本事業を推進しています。

  • 「ネオ・セルフの生成・機能・構造」(平成28年度-32年度)(免疫病態学分野)
  • 「性スペクトラム – 連続する表現型としての雌雄」(平成29年度-33年度)(エピゲノム動態学分野)

ネオ・セルフの生成・機能・構造 T細胞 B細胞を活性化する新しい自己

自己免疫疾患やアレルギーの原因を明らかにするため、免疫学研究者だけではなく、構造生物学、生理学、ゲノム科学、イメージング科学、インフォマティクスなど幅広い分野の研究者の英和を結集して問題解決に取り組んでいます。

 性スペクトラム 連続する表現型としての雄雌

本領域では、雄雌は「二項対立的なもの」ではなく「連続する表現型(性スペクトラム)」として捉えるべきであるという考え方のもと、遺伝、内分泌、環境要因による性スペクトラムの成立機構を明らかにすることで、性を再定義することを目指しています。

社会との連携


ゲノムから個体に至る生命情報を統合的に理解する先端的な基礎医学研究成果を社会に還元するために、学内外に開かれたオープンラボに企業を含む学外研究者を迎え入れて、学際融合的なアプローチでイノベーション創出を目指す「オープンイノベーション」システムを始動させました。また、徳島県が克服すべき最重要課題である糖尿病に対し、発症・重症化の阻止による健康寿命の延伸を目指した研究推進を基盤に、人材育成と先進的医療連携基盤による良質の均てん化された糖尿病診療の地域展開を進めています。更に、地域の高校生を研究室に招き入れての遺伝子組換え実験講習会、特定非営利活動法人「ゲノム徳島」との連携による市民公開講座など、地域の市民を直接的な対象とする社会連携活動を実践します。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80