研究所・研究センター一覧

徳島大学先端酵素学研究所

Institute of Advanced Medical Sciences, Tokushima University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
片桐 豊雅
Katagiri, Toyomasa
キーワード
医科学、免疫学、酵素、慢性炎症、糖尿病、ゲノム、プロテオーム、ゲノム編集、オープンイノベーション
住所
〒770-8503
徳島県徳島市蔵本町3-18-15

本研究所は、2016年度に疾患酵素学研究センターと疾患プロテオゲノム研究センターを統合し、藤井節郎記念医科学センターと糖尿病臨床・研究開発センターを附属施設として発足しました。2020年度より所内を3部門に再編し、我が国唯一の酵素学研究拠点としての先導的成果を基盤に病態解明と医療応用を目指す「基幹研究部門」、糖尿病・がん・免疫疾患等を“慢性炎症”という共通基盤病態で捉え新たな学術領域の創出と牽引を目指す「重点研究部門」、個々の研究活動と拠点形成を強力にサポートする「技術開発支援部門」にて、次世代を担う人材育成と健康長寿社会の実現を目指し、最先端の医科学研究を展開していきます。

令和2年度の研究活動内容及び成果


近接依存性ビオチン標識法による生細胞での相互作用タンパク質の大規模同定法の改良

近接依存性ビオチン標識(BioID)法は、生きた細胞内で不安定なタンパク質間相互作用を大規模に検出できる画期的な方法です。本研究では、ビオチンとの可逆的結合能を有する新規アビジン様タンパク質Tamavidin 2-REVを利用し、ビオチン標識後の細胞消化物からビオチン化ペプチドを簡便かつ高効率に精製する技術を開発しました。この技術を用いることで非ビオチン化タンパク質の混入を排除し、自然免疫分子STINGと相互作用するタンパク質候補を質量分析によって多数同定することに成功しました。また、本研究所内に「徳島大学プロテオミクス・メタボロミクスファシリティ」を設置して4台のOrbitrap型高性能質量分析計を効率的に運用する体制を確立し、学内外の多数の研究室からの年間2,300以上のサンプルの質量分析を行っています。

新規の糖尿病性筋障害ダイナペニアに関する研究

糖尿病患者における加齢性筋障害は、筋委縮による量的異常であるサルコペニアとして捉えられてきましたが、筋委縮を伴わない質的異常であるダイナペニアも糖尿病患者に好発し、非糖尿病者では殆ど認められない疾患特異的病態であることを多施設共同iDIAMOND研究から初めて明らかにしました。

社会との連携


研究成果の公表・還元活動

研究活動を通じて蓄積された膨大なデータを地域医療に役立てるため、徳島県が克服すべき最重要課題である糖尿病研究やがん・免疫疾患研究に関する一般市民向けのセミナー・フォーラムを開催するなど、人材育成・普及啓発に大きく貢献しています。毎年2日間にわたり開催する「高校生向け遺伝子組換え実験講習会」は参加申し込みが殺到する好評企画です。

戦略的な産学連携活動

研究所では実用化が見込める研究者に対して集中的に支援を行う体制を構築しています。藤井節郎記念医科学センター内には、基盤機器・消耗品利用システムを完備した「オープンラボ」を設置し、ベンチャー企業や若手研究者がいつでも研究を開始できるように充実させています。また全分野が産学連携の共同研究を展開しており、その成果として大学発ベンチャー企業が精力的な活動を続けています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80