研究所・研究センター一覧

徳島大学先端酵素学研究所

Institute of Advanced Medical Sciences
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
髙濵 洋介
Takahama, Yousuke
キーワード
基礎医学、分子生物学、免疫学、酵素、ゲノム、プロテオーム、糖尿病、オープンイノベーション
住所
〒770-8503
徳島県徳島市蔵本町3-18-15

徳島大学先端酵素学研究所は、2016年、既設の疾患酵素学研究センターと疾患プロテオゲノム研究センターを統合するとともに、藤井節郎記念医科学センターと糖尿病臨床・研究開発センターを附属施設として設置されました。先端酵素学研究所は、酵素をはじめとするタンパク質の分子機能研究を基盤に、ゲノムから個体に至る生命情報を統合的に理解する先端的な基礎医学研究を推進し、国際的に先導的な成果を発信していくことで、健康長寿社会の実現に向けた難治性疾患および慢性疾患、とりわけ免疫難病と糖尿病、の根本的理解と治療法の開発を目指しています。また、国際的視野を有する意欲的な若手研究者の育成に寄与することを目指しています。

社会との連携


ゲノムから個体に至る生命情報を統合的に理解する先端的な基礎医学研究成果を社会に還元するために、学内外に開かれたオープンラボに企業を含む学外研究者を迎え入れて、学際融合的なアプローチでイノベーション創出を目指す「オープンイノベーション」システムを始動させました。また、徳島県が克服すべき最重要課題である糖尿病に対し、発症・重症化の阻止による健康寿命の延伸を目指した研究推進を基盤に、人材育成と先進的医療連携基盤による良質の均てん化された糖尿病診療の地域展開を進めています。更に、地域の高校生を研究室に招き入れての遺伝子組換え実験講習会、特定非営利活動法人「ゲノム徳島」との連携による市民公開講座など、地域の市民を直接的な対象とする社会連携活動を実践します。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80