研究所・研究センター一覧

徳島大学先端酵素学研究所

Institute of Advanced Medical Sciences, Tokushima University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
事務取扱
佐々木 卓也
Sasaki, Takuya
キーワード
基礎医学、分子生物学、免疫学、酵素、ゲノム、プロテオーム、糖尿病、オープンイノベーション
住所
〒770-8503
徳島県徳島市蔵本町3-18-15

徳島大学先端酵素学研究所は、2016年、既設の疾患酵素学研究センターと疾患プロテオゲノム研究センターを統合するとともに、藤井節郎記念医科学センターと糖尿病臨床・研究開発センターを附属施設として設置されました。生命現象において中心的役割を担う酵素について、生体反応の触媒としての構造・機能を探るこれまでの酵素学を基盤に、オミクス、ゲノム編集などの最新技術を用いた包括的解析を推し進め、ゲノムから個体に至る生命情報の本質的・統合的な理解につながる最先端の医科学研究を展開します。先導的な研究成果を世界に向けて発信するとともに次世代を担う研究人材を育成し、健康長寿社会の実現に向けて疾患の病態解明と医療への応用を目指します。

平成30年度の研究活動内容及び成果


慢性炎症研究領域を重点化領域に

平成30年度は研究担当理事を研究所長に置き、大学全体の方針として第4期に向けて研究所の特徴を鮮明に示し、今後も「大学の顔」となるべく、これまで注目すべき研究成果を収めてきた免疫研究や徳島地域の懸案事項でもある糖尿病研究に共通する基礎医学として「慢性炎症研究」を重点化領域とすることにしました。特に、免疫関連は、研究所のメンバーが、最近の2つの免疫関連の新学術領域研究の領域代表を務めていますが(「免疫4次元ダイナミクス」(代表:髙濱洋介、平成24−28年度)「ネオ・セルフの生成・機能・構造」(代表:松本満、平成28-令和2年度))、さらに研究力強化・先鋭化のために、医歯薬学研究部より2名の免疫分野の教授(安友康二、石丸直澄)を併任としました。また、慢性炎症の一つとして捉えられるがん研究においても、片桐豊雅教授の乳がんの基礎研究の成果を創薬に繋げるトランスレーショナル研究の成果が評価され、平成30年度の次世代がん医療創生研究事業の来年度に向けてのステージアップだけでなく、革新的がん医療実現化研究事業も採択されています。

社会との連携


ゲノムから個体に至る生命情報を統合的に理解する先端的な基礎医学研究成果を社会に還元するために、学内外に開かれたオープンラボに企業を含む学外研究者を迎え入れて、学際融合的なアプローチでイノベーション創出を目指すために始動させた「オープンイノベーション」システムが順調に稼働しております。また、徳島県が克服すべき最重要課題である糖尿病に対し、発症・重症化の阻止による健康寿命の延伸を目指した研究推進を基盤に、人材育成と先進的医療連携基盤「阿波あいネット」による均てん化された良質な糖尿病診療の地域展開を進めています。更に、地域の高校生を研究室に招き入れての遺伝子組換え実験講習会、がん患者会での講演など、地域の市民を直接的な対象とする社会連携活動を実践します。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80