研究所・研究センター一覧

広島大学原爆放射線医科学研究所

Research Institute for Radiation Biology and Medicine, Hiroshima University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
田代 聡
Tashiro, Satoshi
キーワード
原爆被爆者、放射線障害、被ばく医療、放射線発癌、ゲノム損傷修復、再生医学、医療放射線被ばく
住所
〒734-8553
広島県広島市南区霞1-2-3
放射線障害医学の国際研究拠点:基礎研究から臨床展開まで

本研究所は、原爆などによる放射線障害の解明とその治療法の開発を目的に1961年に設立されました。放射線は、細胞死による臓器の機能不全から急性障害を、ゲノム損傷による遺伝情報の改変からがんや白血病など晩発障害を誘導します。本研究所では、放射線によるゲノム損傷の修復メカニズムの解明、発がんにつながる分子機序の解明などの基礎研究から、白血病やがんの新しい治療法の開発と臨床展開、急性放射線障害に対する再生医学的治療法の開発などの臨床研究まで多角的な放射線医学・生物学研究を推進しています。さらに、原爆被爆者データベースを整備して、ゲノム障害情報の解析に基づく疫学的研究を進めるとともに、個々人の放射線影響を的確に把握できるリスク評価法の確立を目指すことで、包括的な放射線障害の研究を行っています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


最先端研究手法で低線量放射線の生物影響を解明する

福島原発事故により、低線量放射線の健康影響に対する国民の不安が根強いことが浮き彫りになりましたが、CT検査など低線量放射線被ばくの人体影響がどの程度なのかは明確になっていません。
本研究所では、PNA-FISH法を用いたハイスループット生物学的線量評価法を構築して医療放射線被ばくの影響評価に取り組んできました。その結果、CT検査による低線量放射線被ばくでは、染色体異常の増加に個人差があることが明らかになりました。さらに現在、放射線感受性の個人差を規定する遺伝的素因の同定や、放射線によるゲノムDNAの変異を高感度に定量するマウスの開発が進められています。本研究所では、これらの研究を低線量から高線量までをカバーする放射線照射装置を用いた精密な放射線照射実験のノウハウと最先端研究手法を組み合わせることで推進しています。

CT検査による染色体異常の増加

CT検査による染色体異常の増加

高線量及び低線量放射線研究に使用する放射線照射装置

高線量及び低線量放射線研究に使用する放射線照射装置

 

社会との連携


放射線災害・医科学研究拠点を中心に福島復興を支援

福島原発事故では、低線量放射線による一般住民の健康影響が懸念されており、福島県立医科大学(福島医大)を中心に、長期の県民健康調査や健康管理プログラムが実施されています。本研究所は、福島医大と連携して、福島県民に対する支援を行っています。

平成28年度から、長崎大学原爆後障害医療研究所及び福島県立医科大学ふくしま国際医療科学センターと共に大学の枠を越えたネットワーク型共同利用・共同研究拠点「放射線災害・医科学研究拠点」を設置して、放射線災害・医科学研究の学術基盤の確立とその成果の国民への還元、国際社会への発信を目指しています。

さらに、原子爆弾や放射線の被災に関する情報を調査し、それに関する資料の収集、整理、保存と解析を行い、これらの情報や関連する医学研究を社会へ発信しています。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80