研究所・研究センター一覧

広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所

Research Institute for Nanodevice and Bio Systems
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
吉川 公麿
Kikkawa, Takamaro
キーワード
ナノ集積科学、集積システム科学、分子生命情報科学、集積医科学
住所
〒739-8527
広島県東広島市鏡山1-4-2
ナノエレクトロニクス・バイオメディカル融合技術の研究と人材育成

ナノデバイス・バイオ融合科学研究所は1986年に省令により設立された「集積化システム研究センター」を前身として、1996年に省令で設立された「ナノデバイス・システム研究センター」を2008年に改組しました。本研究所ではスーパークリーンルームを活用する半導体微細加工技術や回路システムを研究する半導体ナノエレクトロニクスとバイオテクノロジーやメディカルサイエンスを研究する分子生命情報科学と集積医科学を融合した研究を推進しています。社会に貢献する新しい技術の研究開発と時代の要求に応える人材を育成するために、国内外の大学や企業と共同研究を推進しています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


半導体集積回路技術とバイオメディカル技術の融合研究
  • 半導体集積回路とアンテナ・電波伝送による乳がん検出レーダー技術開発を行っています。インパルス超広帯域CMOS送信回路、デジタルサンプリング回路、スイッチングマトリクス回路を開発し、乳がんファントムの三次元イメージングに成功しました。
  • 高感度の差動型Siリング光共振器バイオセンサーを開発しました。MEMS技術により流路を付加し、血液中の前立腺がん特異抗原の実用的な感度を達成しました。
  • Si単 一電子トランジスタ(SET)を 用いたバイオセンサーによって、前立腺特異抗原(PSA)の 検出 に成功しました。
  • 3軸結晶制御poly-Si TFTを連続発振レーザ結晶化技術で作製し、極めて高い電子電界効果移動度を達成しました。
  • 大腸内視鏡画像診断支援のための特徴量抽出処理、識別特徴ベクトル変換処理、3タイプ識別器による病理判定処理を実現するLSIアーキテクチャを開発しました。
  • 認識システムのために最近傍ユークリッド距離の並列検索を実現する方法論を開発し、CMOSテストチップにより実証しました。
図1 「アンテナアレーで検出した乳がんファントムイメージング」 (a) 断面イメージ. (b) 三次元イメージ.

図1 「アンテナアレーで検出した乳がんファントムイメージング」
(a) 断面イメージ. (b) 三次元イメージ.

社会との連携


産業界や海外の大学と連携した学生・研究員の交流

ナノデバイス・バイオ融合科学研究所は我が国の産業界からの研究員を受け入れてスーパークリーンルームを活用した半導体微細加工技術の共同研究を推進するとともに、米国、欧州、アジアの大学との部局間交流協定により、半導体技術、集積回路、無線通信、バイオテクノロジー、メディカルサイエンスの分野で学生の留学や研究員および教員の滞在を通し、連携して先進技術の融合研究を推進しています。

 

「ナノデバイス・バイオ融合科学研究所スーパークリーンルーム」

ナノデバイス・バイオ融合科学研究所
スーパークリーンルーム

「インドネシアバンドン工科大学インターンシップ」

インドネシアバンドン工科大学
インターンシップ

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80