研究所・研究センター一覧

帯広畜産大学原虫病研究センター

National Research Center for Protozoan Diseases, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
河津 信一郎
Kawazu, Shin-ichiro
キーワード
原虫病、ベクター、OIEコラボレーティングセンター、アジア・アフリカ、獣医科学、先端研究、国際協力、人材育成
住所
〒080-8555
北海道帯広市稲田町西2線13番地
地球規模での原虫病の監視制御を目指して

帯広畜産大学原虫病研究センターは1990年に学内共同利用施設として設置され、2000年には全国共同利用施設として、また2009年には共同利用・共同研究拠点「原虫病制圧に向けた国際的共同研究拠点」として文部科学省に認定されました。一方、2008年には、原虫病分野では世界初の国際獣疫事務局(OIE)コラボレーティングセンターに認定されました。原虫病研究センターは、原虫病に特化した研究拠点として、国内外の最先端原虫病研究の先導役(先端研究)、地球規模での原虫病の監視制御の司令塔役(国際協力)、ならびに国内外の原虫病専門家の育成役(人材育成)を三大ミッションとしています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


1.マラリア原虫の感染を食い止める新規薬剤ターゲット分子の発見

マラリアの年間死者数は数十万人と推定され、制圧への期待値が最も高い寄生虫病かつ蚊媒介性の感染症です。有効なワクチンは研究段階であり、治療薬が存在するものの死者数をゼロに近づけることは未だ困難です。したがって、新たな観点から感染を防ぐ薬剤の開発が強く望まれます。マラリア原虫は蚊から感染すると肝臓で爆発的に増殖します。この増殖はある意味、がん細胞の分裂にも似通った側面があります。私たちは、マラリア原虫の肝臓での増殖には、がん細胞と同様にグリオキシラーゼ(glo)と呼ばれる分子が重要な役割を担うことを発見しました。逆遺伝学的手法によりgloII遺伝子などの三重変異体原虫を作製、解析を行いました。その結果、マラリア原虫細胞質gloIIとアピコプラスト標的型gloIIの二重欠損により肝臓期増殖が90%抑制されました。この結果はマラリア原虫感染を肝臓段階で食い止める新たな薬剤開発のターゲットになることが期待されます。

2.先天性トキソプラズマ症の免疫病態の解明

トキソプラズマは世界人口の3分の1に感染していると試算されており、世界で最も感染者数が多い原虫です。日本においても約20%の国民に絶えず感染し、年間数百人の先天性疾患を引き起こしていると推測されています。先天性トキソプラズマ症の症状は胚死・吸収から不顕性感染まで多岐に渡りますが、発症機序は不明です。私達は先天性トキソプラズマ症の免疫病態を理解するために、実験マウスモデルの構築を行ってきました。これまでに、妊娠期のトキソプラズマ感染による先天性トキソプラズマ症の再現に成功しており、ケモカイン受容体CCR5やCXCR3が妊娠期の感染免疫病態に関与することを明らかにしています。本実験マウスモデルを活用した免疫病態の解析研究により、創薬やワクチン開発研究の加速が期待できます。

 

3.ウシの致死的な脳性バベシア症に関わる分子を発見

家畜のピロプラズマ病のうち、ウシに最も高い病原性を示すバベシア・ボビスでは原虫感染赤血球がウシの脳毛細血管に栓塞することで神経症状を引き起こし、致死的な「脳性バベシア症」という特徴的な症状が知られていますが、その分子機構については謎に包まれています。本研究では、バベシア・ボビス感染赤血球のタンパク質解析を行うことで、2種類のバベシア・ボビス新規赤血球改変分子を発見しました。そのうちの1つVEAPは、脳性バベシア症に繋がる、原虫感染赤血球の血管内皮細胞接着に関与することが明らかとなり、バベシア・ボビス感染による重症化を防ぐ方法を開発することが期待されます。また、もう1つの分子は感染赤血球表面に存在し、原虫の栄養取り込みに関わることが推定され、同分子を標的としたピロプラズマ病治療薬の開発が期待されます。

社会との連携


国際ネットワークの強化

当センターは、1995年から10ヶ月間のJICA課題別・国別研修コース(文科省-JICA合同事業)を実施しており、現在までアジア、アフリカ、中南米の39ヶ国から約200名の研修員を輩出しました。また、センター設置当初(1990年)から約150名の海外からの大学院・研究生修了者が世界中に分布しています。これら海外OB・OGから構築された国際ネットワークは、今や当センターの日常教育研究活動を支えるインフラとなっています。この国際ネットワークをさらに強化する目的で、海外OB・OGを対象とした再教育プログラムも実施しています。このプログラムでは、毎年3-6名のOB・OG研究者を3-12ヶ月の期間で招聘し、現場での課題解決に焦点を当てた実践的国際共同研究を実施しています。また、当センターの教員が毎年海外に赴き、定期的にOB・OG研究集会を開催しています。令和2年度はフィリピンのOB・OGを対象にオンラインでの研究集会を開催いたしました。

2021年3月にフィリピンのOB・OGを対象にオンラインで開催された研究集会

2021年3月にフィリピンのOB・OGを対象にオンラインで開催された研究集会

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80