研究所・研究センター一覧

帯広畜産大学原虫病研究センター

National Research Center for Protozoan Diseases, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
玄 学南
XUAN, Xuenan
キーワード
原虫病、ベクター、OIEコラボレーティングセンター、国際協力、獣医学、診断、予防、治療
住所
〒080-8555
北海道帯広市稲田町西2線13番地
国際的な原虫病研究を通じた研究者養成と国際貢献

帯広畜産大学における原虫研究の歴史は長く、本センターの前身は1986年に獣医学科家畜生理学講座に併設された「原虫病細胞免疫研究室」です。本センターでは、黎明期より継続実施してきた原虫病基礎研究をさらに発展させ、これまで実施困難とされてきた自然宿主や媒介節足動物を用いた実験系の開発を行っています。自然宿主と媒介節足動物を用いた原虫病研究が実施できる研究施設は世界的にも貴重な存在です。このような特色を生かした国内外研究機関との共同研究を積極的に実施し、将来世界基準として活用され得る「診断・予防・治療」創出を先導することを目指しています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


1.我が国の畜産業への貢献とリスク分析

拠点機能の向上と社会貢献および政策提言への寄与を促進するため、社会の需要を勘案した重点課題テーマを設定し、研究分野の枠を越えた統合的な活動を展開しています。その結果、我が国の動物の原虫感染による下痢症・貧血症・繁殖障害の実態とリスク因子が明らかになりつつあり、得られた成果は現場で実施可能かつ有効な原虫病予防対策として社会還元しています。

2.原虫感染による宿主動物の行動変化のしくみを解明

近年、トキソプラズマ感染がさまざまな精神疾患の発症リスクとなることや、感染により動物の行動が変化することが報告されていますが、そのメカニズムは解明されていません。今回、トキソプラズマ感染マウスを使った実験により、感染マウスにおける恐怖記憶の障害(図1)、恐怖記憶に重要な脳領域の組織障害、記憶に不可欠な神経伝達物質量の異常(図2)が認められました。本研究により、トキソプラズマ感染による宿主動物の行動変化の新たなしくみが明らかとなりました。

   

3.マクロファージによる抗マラリア機構の解明

マラリアは世界三大感染症の一つに数えられ、毎年50万近くの人命が奪われています。今回、抗マラリア効果を持つペプチド分子としてβディフェンシンの同定に成功し、マクロファージがマラリア感染赤血球を貪食する際に、βディフェンシンの発現が上昇することを明らかにしました。本研究の成果は、マラリアの予防薬、治療薬の開発を進めるうえでの免疫学的な知見を提供するとともに、βディフェンシンやこれと同様の活性を持つ化合物を人工的に合成することができれば、有効な治療薬のシーズとなることが期待されます。

4.トリパノソーマ分離培養法の開発

媾疫(こうえき)は媾疫トリパノソーマによって引き起こされるウマ属家畜の性病で、流行国の農業生産に大きな被害を与えていますが、研究室内で使用可能な培養馴化株がほとんど樹立されていないため詳細な研究がなされていません。今回、媾疫流行国であるモンゴル国においてモンゴル国立生命科学大学獣医学研究所と共同で、媾疫感染ウマ生殖器からの媾疫トリパノソーマの効率的な分離・培養馴化法を確立し、これまでに6株の媾疫トリパノソーマ株の樹立に成功しました。実際にモンゴル国で流行している媾疫トリパノソーマを用いて研究室で薬剤感受性試験等を行うことで、よりモンゴル国の現状に即した対策の確立が期待されます。(AMED/JICA SATREPS事業による)

全身症状を示す感染馬

全身症状を示す感染馬

生殖器症状を示す感染馬

生殖器症状を示す感染馬

トリパノソーマ分離株

トリパノソーマ分離株

社会との連携


原虫病制圧を目指して
学術国際貢献

本センターは平成19年度に3種類の重要な原虫病に関する国際獣疫事務局(OIE)レファレンスラボラトリーに認定され、翌年「動物原虫病の監視と制圧に関する研究拠点」としてアジア初のOIEコラボレーティングセンター認定を受けました。また、平成28年度には、3つのOIEレファレンスラボラトリーが国際規格ISO/IEC17025:2005認定を取得しました。今後、世界唯一の動物原虫病OIEコラボレーティングセンターとして、国際基準となる診断・予防・治療技術開発拠点としての役割を強化し、学術面での国際貢献を図ります。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80