研究所・研究センター一覧

岡山大学資源植物科学研究所

Institute of Plant Science and Resources, Okayama University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
前川 雅彦
Maekawa, Masahiko
キーワード
植物遺伝資源、植物ストレス、分子育種
住所
〒710-0046
岡山県倉敷市中央2-20-1

本研究所は、大正3年(1914年)に創立された財団法人大原奨農会農業研究所を前身として、戦後岡山大学に移管され、現在、創立から104周年を迎えています。創立以来の使命は一貫して、農学における最先端の基礎研究の実施と応用研究です。平成22年度から5つの研究ユニットを中心とした研究体制をとり「植物遺伝資源・ストレス科学共同研究拠点」として広く植物科学に関する基盤研究を行っています。平成29年度は、地球規模での気候変動や爆発的な人口増加に伴う食糧課題解決のために、劣悪環境下での食糧生産を可能にする植物ストレス科学を国際連携のもと、より進展させるとともに、所内横断的に若手研究者を中心にした2つの研究チームを編成しフィールドを基盤としたフィールド適応統合科学を推進する体制を整備しました。

平成29年度の研究活動内容及び成果


国内外若手研究者の育成を推進するため、2017 IPSR International Forum on Plant Stress Science for Young Researchersと題した国際若手研究者フォーラムを開催しました。
大気環境研究ユニットでは、植物の光合成や葉緑体機能の維持に必須となる因子の同定とそれらの利用を目指した研究を進めています。植物の成長を支える光合成は、約30億年前に出現した光合成細菌(シアノバクテリア)が起源で、細胞内共生により取り込まれ葉緑体となり植物が陸上に進出し、現在の大気環境を形作っています。地球温暖化や気象変動が憂慮される今日、光合成や葉緑体機能の効率化による作物生産性の向上だけでなく、二酸化炭素を資源化してバイオエネルギーやバイオマテリアルへ利用する研究が求められつつあります。本ユニットでは、光合成の明反応で律速段階となる光化学系IIの光阻害について研究を進め、光化学系IIの迅速な修復を担うプロテアーゼの制御作用を明らかにしています。また、葉緑体の光阻害は膜の傷害を引き起こすので、それらの維持も重要な保護作用の1つです。葉緑体膜の維持に重要なVIPP1タンパク質の機能を明らかにしました。

国際若手研究者フォーラム

国際若手研究者フォーラム

光合成と葉緑体の環境機能の解明とストレス耐性の向上

光合成と葉緑体の環境機能の解明とストレス耐性の向上

社会との連携


一般市民向け公開講座として「世界のオオムギと私たちの食卓」「植物のストレス克服法〜ミネラルストレスと戦う植物の戦略〜」の2講座を開講し、高校生からお年寄りまで多くの市民が参加しました。オオムギの私たちの生活との関わりや研究所のオオムギコレクションを使った研究、土壌中の栄養素の過不足や有害金属などによるストレスを植物がどのように克服しているか、などについて紹介しました。

東アジアの一部のオオムギ品種は酸性土壌のアルミニウムストレスに耐性を獲得した

東アジアの一部のオオムギ品種は酸性土壌のアルミニウムストレスに耐性を獲得した

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80