研究所・研究センター一覧

岡山大学資源植物科学研究所

Institute of Plant Science and Resources, Okayama University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
平山 隆志
Hirayama, Takashi
キーワード
環境ストレス、遺伝資源、ゲノム育種、植物生理、植物栄養、植物病理、生物間相互作用
住所
〒710-0046
岡山県倉敷市中央2-20-1

資源植物科学研究所は、基礎科学的な知識の活用による農業生産の改善を目的に1914年に創立された財団法人大原奨農会農業研究所を起源とし、第二次世界大戦後に岡山大学に移管された以降、幾たびかの改組を経ながら農学に関連する教育研究を実施してきました。2010年より「植物遺伝資源・ストレス科学研究」に関する研究を推進する共同利用・共同研究拠点として、植物のストレス応答の基礎研究を進め得られた知見を基盤に遺伝資源を活用し、将来予想される気候に適応できる作物の育種をめざした研究活動を推進しています。地球温暖化による環境の変化がもたらす作物生産の低下と世界人口増加による食糧需要の増加が重なり、近い将来の食糧不足が危ぶまれるなか、当研究所の役割はますます重要性を増していると認識しています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


オオムギパンゲノム情報解読

当研究所の大麦・野生植物研究資源センターは、既に巷では失われた品種も含め、オオムギの多様性に富む東アジア地域の品種を特に多数保有しています。文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクトのオオムギ中核機関として、これら世界的に貴重な遺伝資源の保存と配付により学術界及び産業界にも貢献しています。令和2年度は、オオムギパンゲノム解読国際コンソーシアムに参加し、当研究所保有の品種を含む多様な20品種の解読に貢献しました。その結果、品種間で遺伝子領域の変異が3割以上に及ぶことや、過去の育種過程で起きたと思われる染色体逆位が確認されました。多様な品種の詳細なゲノム情報により、今後オオムギのデザイン育種技術開発が加速すると期待されます。

 

社会との連携


新型コロナ感染症対策のため様々な社会活動が制限される中、以下の様な取り組みを実施しました。
グローバルに活躍する若手人材育成のための植物遺伝資源に関する国際フォーラムをオンラインで開催、アデレード大・名誉教授Langridge博士の基調講演と国内外若手研究者7名の発表を60名近い参加者が聴講し、活発な意見交換が行われました。また、若手研究者による無機元素のイメージング技術や光合成研究に関するワークショップをそれぞれ開催しました。さらに、共同研究の推進と研究者交流のための植物ストレス科学研究シンポジウムをオンラインにて開催しました。
地元高校生を対象に植物科学を紹介する「サマーサイエンススクール」は、例年の夏休みを利用した実験体験はできませんでしたが、最近の研究や実験方法についてオンラインで紹介することで、近隣に限らず全国各地からの参加が可能となり幅広い交流の場を提供できました。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80