研究所・研究センター一覧

岡山大学資源植物科学研究所

Institute of Plant Science and Resources, Okayama University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
前川 雅彦
Maekawa, Masahiko
キーワード
植物遺伝資源、植物ストレス、分子育種
住所
〒710-0046
岡山県倉敷市中央2-20-1

本研究所は、大正3年(1914年)に創立された財団法人大原奨農会農業研究所を前身として、戦後岡山大学に移管され、平成26年(2014年)には創立100周年を迎えました。創立以来の使命は一貫して、農学における最先端の基礎研究の実施と応用研究です。平成22年度からは「植物遺伝資源・ストレス科学」の共同利用・共同研究拠点として多数の共同研究を推進し着実に成果を上げてきています。平成28年度から2期目の拠点活動を開始して、地球規模での気候変動や爆発的な人口増加に伴う食糧課題解決のために、劣悪環境下での食糧生産を可能にする植物ストレス科学を国際連携のもと、より進展させるとともに、クロス・アポイントメント制度活用による特任教員の配置により新たな視点での作物デザイン研究を行っています。また、国内外の若手研究者を対象の国際トレーニングコースを実施し、最先端の研究経験の機会を提供し、国際交流をより拡大してきています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


人口増加にともなう食糧需要拡大の一方、地球規模の温暖化に伴う耕作環境の変化による将来の食糧供給の低下が危ぶまれている。この問題に対し、作物の環境ストレス耐性を高める技術が必要となっている。我々は、主に分子遺伝学的手法により、細胞内小器官のミトコンドリアが環境ストレス応答で重要な役割を担うことを見出した。さらに陸上植物は、特有のミトコンドリア転写後発現調節機構を持つことを明らかにし、植物独自の環境応答機構解明の糸口を提示した。これらの基礎研究を行う一方、将来にわたり作物生産性を維持するには、圃場環境に最適な作物をデザインする技術が必要と考え、作物の遺伝要因と圃場の環境要因の相互作用およびその履歴の重要性に着目し、圃場作物の経時的かつ網羅的生育情報の収集とデータ駆動型アプローチによる任意の環境に最適な遺伝要因を予測する技術基盤の構築を目指している。

社会との連携


津波被災地へのオオムギ栽培による復興支援

東日本大震災による津波被災地でも栽培可能なオオムギを開発するため、資源植物科学研究所ではオオムギ遺伝資源を活用して、塩害および湿害環境を実験的に再現し、現地で栽培可能な優良品種に耐塩性および耐湿性を高める遺伝子を導入した新系統を開発している。平成27年からは宮城県東松島市の津波被災地において、宮城県、東松島みらいとし機構などとの協力によってビール醸造用の原料生産を実施している。平成28年度この生産物で岡山市の酒造会社がビールを醸造・販売を開始し、好評を博している。なお、持続的な原料生産と復興支援を可能とするため、このビール価格には募金が含まれており、次年度のオオムギ栽培に使用される。

東松島市野蒜地区旧海浜公園敷地に設置したオオムギの試験圃場

東松島市野蒜地区旧海浜公園敷地に設置したオオムギの試験圃場

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80