研究所・研究センター一覧

富山大学和漢医薬学総合研究所

Institute of Natural Medicine, University of Toyama
  • 第2部会

研究所・センターの概要


所長
松本 欣三
Kinzo, Matsumoto
キーワード
漢方医学、伝統医学、複合薬剤、天然薬物、病態薬効解析、生薬成分分析、データベース
住所
〒930-0194
富山市杉谷2630
和漢医薬学に特化した国内唯一の附置研究所

本研究所は,「くすりの富山」の伝統と歴史を背景に設立され,和漢薬の学理とその臨床応用を研究する和漢医薬学に特化した附置研究所です。本研究所は,和漢薬の基となる生薬の資源開発から和漢薬による病態制御や臨床科学まで網羅する一連の組織体制を構築し,我が国の伝統医薬学の発展に貢献しています。現代の最先端科学技術を駆使して“複雑系を特徴とする和漢薬”と“漢方医学”を科学的かつ異分野学際的に研究することにより東西医薬学の融合を図り,新しい医薬学体系の構築と全人的医療の確立をめざしています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


和漢医薬学研究を異分野融合的に推進する東西医薬学研究センターの設置

本研究所は、1)和漢薬の有する複雑系の解析と2)薬用植物栽培技術に関するプロジェクトを立ち上げ、学内異分野の教員と協力してそれらのプロジェクト研究を推進する「東西医薬学研究センター」を設置しました。「和漢薬の有する複雑系の解析」には、漢方医学の重要な概念である「未病」を医薬学と複雑系数理学から解明する「予防医学(未病)プロジェクト」研究や、漢方薬の認知症予防効果の解明とその成果を地域活性化に結びつける「高齢者疾患対策プロジェクト」研究等があります。ここに挙げた2つのプロジェクトは富山大学の第3期中期計画期間中に推進する戦略的研究としても位置付けられており、本研究所教員を中心に部局横断的に実施しているプロジェクトです。また東西医薬学研究センターでの研究プロジェクトに参加する若手研究者を中心に、「東西医薬学融合」をテーマとする東西医薬学交流セミナーを隔週で開催しています。このセミナーを通じて異分野若手研究者と研究所若手研究者との学術情報交換を行うと共に、和漢医薬学研究との融合型研究を推進できる人材の育成を図っています。

 

社会との連携


和漢医薬学研究の理解のために

■ 研究所公式行事(夏期セミナー・特別セミナー・国際伝統医薬シンポジウム)

本研究所は,他の大学や研究機関との学術交流や連携研究の推進を目的に,専門研究者を対象としてセミナー・シンポジウムを開催しているほか,和漢医薬学に関心を寄せる全国の医薬系大学生及び医療系社会人を対象に,和漢医薬学・初級コースとして体験実習付きの夏期セミナーを企画・開催しています。平成28年度は第21回夏期セミナー「和漢薬ってどうやってきくの?」を平成28年8月9-10日に開催し,漢方医学の基本や和漢薬調剤の留意点から和漢薬作用の特徴まで,初心者向けの講義と実習を行いました。また,第37回特別セミナーでは「こころの発達と障害:その理解と予防治療に向けた研究最前線」を12月2日に開催し,発達障害の現状,病態,和漢薬による実験的予防治療に関する情報交換と討論を行いました。

■ 民族薬物資料館

和漢医薬学総合研究所の民族薬物資料館では,漢方医学,中国医学,アーユルヴェーダなど,伝統医学で使用されている数多くの民族薬物(主に生薬)を研究材料として蒐集しています。これらは展示物として一般公開しているほか,定期的に発行しているニュースレターを通して広く紹介しています。また日本学術振興会事業「ひらめき☆ときめきサイエンス」では中高生向けに,収蔵する生薬標本や,生薬製剤,チベットやインドなどの伝統薬物や本草書など貴重な資料を分かり易く解説し,科研費で得られた研究成果を社会還元・普及させることにも取り組んでいます。平成28年度は「和漢薬ってこんな身近にあったんだ!:五感を使って和漢薬体験」を実施しました。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80