研究所・研究センター一覧

富山大学和漢医薬学総合研究所

Institute of Natural Medicine, University of Toyama
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
門脇 真
Kadowaki, Makoto
キーワード
漢方医学、伝統医学、データベース、病態薬効解析、生薬成分分析
住所
〒930-0194
富山市杉谷2630
和漢医薬学に特化した国内唯一の附置研究所

本研究所は、「くすりの富山」の伝統の中で、和漢薬の学理とその臨床応用を研究する為、和漢医薬学研究に特化した本邦唯一の附置研究所として設立され、和漢薬の資源開発研究から病態制御研究、臨床科学研究までを網羅する世界的にも類を見ない有機的研究システムを構築し、東西医薬学の発展に貢献しています。本研究所では、現代の最先端科学技術を駆使することにより和漢医薬学を科学的に研究し、以て和漢医薬学と西洋医薬学との融合を図り、新しい医薬学体系の構築と全人的医療の確立に貢献することを目的としています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


世界で唯一の伝統医薬学に関する統合データベースを目指して

本研究所は、その特徴を活かし、伝統医薬学に関する資源科学的、情報科学的、生命科学的及び臨床医学的なエビデンスを統合・整理した和漢薬データベースを構築し、国内外に公開しています。さらに、自然科学や生命科学の研究者コミュニティに和漢薬情報を提供し、広範な研究者による利用の拡大を図るため、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構が運営する統合データベースプロジェクトと提携し、和漢薬データベースのコンテンツを統合データベースプロジェクト内から検索できるようにしました。さらに、本邦の様々な化学系及び生物系のデータベースともリンクを持たせることにより、和漢医薬学領域のみならず異分野領域の研究者が本データベースを活用して和漢医薬学研究に参画し、生命科学分野や創薬科学分野で異分野が融合した新たな研究を開拓・展開することに貢献しています。平成27年度だけでも、本データベースには10万件を超えるアクセスがあり、幅広く活用されています。

社会との連携


和漢医薬学研究の理解のために

■ 研究所公式行事(国際伝統医薬シンポジウム・特別セミナー・夏期セミナー)

本研究所は他の大学や研究機関の多くの研究者と密接な連携をして活動しています。専門研究者を対象として国際伝統医薬シンポジウム、特別セミナーはそれぞれ、20及び35年以上継続して開催しています。また、和漢医薬学に関心を寄せる全国の学生及び若い医療系の社会人を対象とした合宿形式の夏期セミナーは今年で21回目を数え、和漢医薬学の基礎あるいは臨床的な講義から、最先端の研究紹介、様々な体験実習など、多彩で充実した内容を企画しています。

■ 民族薬物資料館

和漢医薬学総合研究所の民族薬物資料館では約50年にわたり、漢方医学や中国医学、アーユルヴェーダなどの伝統医学で使用されている民族薬物(主に生薬)約28,000点を蒐集して研究し、展示も行っています。一般公開行事や中高生を対象とした日本学術振興会による研究成果の社会還元・普及事業「ひらめき☆ときめきサイエンス」では、展示室に収蔵される生薬標本のほか、生薬製剤、チベットやインドなどの東洋伝統薬物、本草書など多数の貴重な保管資料を詳しくかつ分かり易く解説し、興味と理解を深めていただけるよう取り組んでいます。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80