研究所・研究センター一覧

富山大学和漢医薬学総合研究所

Institute of Natural Medicine, University of Toyama
  • 第2部会

研究所・センターの概要


所長
小松 かつ子
Komatsu, Katsuko
キーワード
漢方医学、伝統医学、病態薬効解析、生薬・天然物分析、データベース
住所
〒930-0194
富山市杉谷2630
新生・和漢医薬学総合研究所の発足に向けて

「くすりの富山」の伝統を背景に設立された本研究所は、近年著しく発展した先端科学技術を駆使することにより、伝統医学・伝統薬物を科学的に研究し、東洋医学と西洋医学の融合を図り、新しい医薬学体系の構築と自然環境の保全を含めた全人的医療の確立に貢献することを使命としています。近年、世界的に問題になっている高齢化の進行、多因子性疾患の増加、及び天然資源の枯渇に鑑み、新たに3重点研究プロジェクト(高齢者疾患対策研究、未病・予防先制医療研究、資源開発研究)を定め、推進し、その成果を社会実装するための組織へと2020年4月に改組しました。新体制は3部門5分野、1センター、1資料館からなり、これらが互いに連携し、東西医薬学の融合を基盤とした次世代型医療科学を創生して、健康長寿社会の形成に貢献することを目指します。

令和元年度の研究活動内容及び成果


アルツハイマー病治療戦略の開発に向けた和漢薬研究からの挑戦

有効な抗認知症薬がない現状打破のため、本研究所の東田千尋教授のグループでは、新しい創薬コンセプトの根本的治療薬として“神経回路網再構築薬”の開発を和漢薬研究によって目指しています。山薬成分のジオスゲニンによる、アルツハイマー病マウスでの軸索修復、記憶改善を初めて見出し特許化しました。ジオスゲニンにより活性化されるシグナルパスウェイ、さらにはジオスゲニンによって脳内の軸索が方向性をもって伸展し神経回路が正しく修復される仕組みについても明らかにしました。さらに、ジオスゲニン高濃度含有山芋エキスによるヒトの認知機能亢進効果を臨床研究で証明し、2019年には機能性表示食品の届出が受理され「健常な中高年の加齢に伴い低下する認知機能を維持する機能があります」との機能の表示のもと販売に至っています。

社会との連携


SDGsの達成に向けた取組

本研究所ではSDGsの達成に向け「3.すべての人に健康と福祉を」、「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」、「12.つくる責任つかう責任」に関連する様々な取組を行っています。12では薬用となる天然資源と天然化合物を、医薬品や保健機能食品または創薬資源として持続的に利用することを目標とした研究を行っています。和漢薬の永続的利用研究の1つとして、園芸用シャクヤクの中から漢方薬原料の「芍薬」として相応しい品種を遺伝子多型・成分組成・生物活性の解析により選抜し、さらに最適な加工調製法を開発しました。その成果を富山県と共有し、現在県内で栽培拡充が図られています。また、有用化合物を効率的に生産する研究として、生薬「呉茱萸」の生理活性化合物の生合成酵素とその機能を解明しました。これらは、日本学術会議の重点大型研究計画「生薬・薬用植物の安定供給と開発のための基盤ネットワーク拠点の構築」の一環として行い、マスタープラン2020でも継続します。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80