研究所・研究センター一覧

大阪大学蛋白質研究所

Institute for Protein Research, Osaka University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
中川 敦史
Nakagawa, Atsushi
キーワード
蛋白質科学、ライフサイエンス、構造・機能生物学、プロテインデータバンク
住所
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘3-2
理学、医学、情報科学にまたがる構造生命科学研究の実施と蛋白質研究共同利用・共同研究の拠点活動の推進

蛋白質研究所は、蛋白質の基礎研究を通じて生命活動の原理を明らかにすることを使命として、1958年に大阪大学の理学部と医学部が母体となって創設されました。以来、多様な研究者が集まって研究が進められてきました。また、現在では蛋白質研究共同利用・共同研究拠点として文部科学省から認定を受けて、SPring-8の放射光ビームライン、超高磁場核磁気共鳴(NMR)装置群、超高感度クライオ電子顕微鏡等の共同利用や蛋白質構造データバンク(Protein Data Bank; PDB)の構築と公開等、共同研究員制度や蛋白研セミナーなど国内外の蛋白質研究のコミュニティーに広く貢献できる仕組みを作り活動しております。広く海外からも共同利用・共同研究を募り、多くの国際共同研究や国際シンポジウムを実施しています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


蛋白質解析の先端技術開発と国内外との共同研究の実施

平成30年度には、69課題213名の国内共同研究員、15課題47名の国際共同研究員、18件の公開蛋白質研究所セミナー(内7件が国際シンポジウム)が行われました。また、部局間学術交流協定を結んでいる16件の海外の大学・研究所とは、相手側の研究者を本研究所へ招待したり、現地へ本研究所の教員・研究者を派遣したりして交流を進めています。その一環として、イギリス・リーズ大学、上海国立蛋白質科学センター、アメリカ・ラトガース大学との国際シンポジウム、韓国ソウル大学とのジョイントシンポジウムを合同で主催しました。また、60周年記念国際シンポジウム「Pioneer the Future of Protein Research」を開催し、ノーベル賞受賞者2名の講演を始め、蛋白質科学研究の将来展望に関する活発な議論が行われました。一方、超高磁場NMR装置やSPring-8の生体超分子複合体専用ビームライン、クライオ電子顕微鏡の共同利用も多数行われました。研究資料提供としては、国際組織wwPDBと協力し「日本蛋白質構造データバンク:PDBj」を運営し、平成30年度には3,287件(世界全体の24%)の新規構造の登録処理を行い、PDBjからの当該期間の構造データのダウンロード数は6,973万件でした。

これらの国内外との共同利用・共同研究を通して、ナノシート上への遺伝子回路の集積化に成功、葉緑体に蛋白質を運び入れる輸送モーター蛋白質複合体の単離・同定、神経ペプチドがインフルエンザの重症化に関わっていることを解明、iPS細胞から様々な目の細胞を選択的に誘導することに成功、細菌の前進・後退を決める蛋白質の構造決定、光合成電子リレーで電子を再利用する仕組みの解明、配偶子の異性体形成を押さえる仕組みの解明、二重殻ウイルスの粒子形成機構の解明、緑膿菌の内膜と外膜を貫く巨大な膜蛋白質の構造決定、遺伝子の入れ替えをコントロールするメカニズムの解明など、多くの成果が得られています。

社会との連携


先端的研究施設の共用促進と医療・産業利用を目指した研究

先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業、創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)などの事業を推進し、国内外のアカデミアおよび企業研究者への研究成果の普及を行っています。また、平成28年4月より(株)ニッピによる寄附研究部門「マトリクソーム科学(ニッピ)」寄附研究部門を設立し、産学連携を深めています。

また、「生命をささえるタンパク質の「かたち」」をテーマにした「サイエンスアゴラ」への出展や、蛋白質の重要性をわかりやく解説した本「どうして心臓は動き続けるの? −生命をささえるタンパク質のなぞにせまる−」を出版するなど、様々なアウトリーチ活動を行いました。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80