研究所・研究センター一覧

大阪大学産業科学研究所

The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
中谷 和彦
Kazuhiko, Nakatani
キーワード
情報科学、量子科学、材料科学、ビーム科学、 生体科学、分子科学、ナノテクノロジー
住所
〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘8番1号
新しい時代を切り開く、材料・情報・生体に関する総合的研究を推進します

産業科学研究所(産研)は、新たな産業創成の源流となる基礎科学を極め、その成果に立脚して応用科学を展開することを目的に、材料、情報、生体の3 領域の研究とナノテクノロジー・ナノサイエンス分野の研究を推進しています。

また、北大電子研、東北大多元研、東工大化生研、阪大産研、九大先導研の5 大学附置研による全国縦断型「物質・デバイス領域共同研究拠点」を形成し、我が国では前例のない、新しい共同研究システムを構築してきました。環境・エネルギー・医療福祉・安全安心に関する諸課題の解決など、新産業に資する独創性の高い世界最先端の基盤科学とその利用を研究しています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


産研の活動をおしらせする定例記者会見     
  • 「歩き方」から個人がわかる体験型常設展示「アルクダケ 一歩で進歩」~部分的な歩容から全身の歩容を再生する技術も新たに紹介~ 
  • 薬剤耐性菌の判別時間に革命!菌血症治療で従来より2日早く、最適な抗菌薬治療が可能に
  • 製造時間は従来の1/10以下~世界トップクラスの性能を持つガスセンサ素子を開発~
  • 耐熱温度300℃を達成!電気自動車に必須のSiC パワー半導体の実用に近づく成果
  • 難病のキャッスルマン病患者に朗報!~吉崎グループが研究班と患者会を立ち上げる~
  • 脳もインターネットに接続!~シート型脳波センサーにより、手軽に睡眠の質を計測可能に!~
  • 誰でも全国の自治体広報を分析!~横断的な検索・分析システムを開発~
  • 1個レベルで細菌を検出・識別できる新システムを実演 感染症診断の迅速化に期待
  • 空気中のウイルス・細菌を不活性化する新カテキン技術を開発! 
  • ウイルスよりも小さい金属酸化物の創製に成功!-超高速動作・低消費電力駆動を実現するSteep Slopeデバイス開発に弾み-
  • 紙を用いて化成品を“高効率”に合成~グリーン・サステイナブルケミストリーの実現に貢献~
  • 人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス」に基づく、新しいスタイルの実践的共同研究プログラム~長期滞在型共同研究の「COREラボ」とは~
  • 新プロセス開発:EUVリソグラフィによる半導体製造の生産性向上に期待
  • 次世代パワー半導体の3d配線が低コストで可能な技術を開発
  • ビッグデータ時代の物質・材料研究 -マテリアルズ・インフォマティクスの幕開け-NIMSとの連携研究およびNIMSサテライトオフィスの紹介 
  • AI技術により音から睡眠個性を視覚化、快適な眠りのパーソナル化に期待

社会との連携


産研をもっと知って下さい、そして、ご利用ください

産業科学研究所(産研)は、2016年3月に、社会のニーズと産研のシーズをより効率的に結び付けるための交流スペースとして、研究所内に「Salon de Sanken」をオープンし、社会との連携のより一層の強化を図っています。また、定例記者会見を通じた研究内容の社会への情報発信を引き続き継続しています。

●地域とのつながり
産研の研究・教育活動の具体的な内容を直接見学・体験していただくため、毎年5月に一般公開を実施し、子供から大人まで多くの方々にお越し頂いています。
●未来を担う子ども・学生とのつながり
子どもたちに科学を楽しく体験してもらう機会として「ものづくり教室」を開催しています。また、産研所属の学生が、自身の研究内容を、同世代の学生や一般の方に紹介する「サイエンスカフェ」を開催しており、勉強の「科学」だけではなく、様々な角度から科学を考えるきっかけづくりに努めています。
●産業とのつながり
産研と産業界との交流の場として、産研と(一財)大阪大学産業科学研究協会との共催で、「産研テクノサロン」を開催し、産研における研究成果の発信と産業界との意見交換を積極的に行っています。

 Fig71_01 Fig71_02

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80