研究所・研究センター一覧

大阪大学産業科学研究所

SANKEN (The Institute of Scientific and Industrial Research), Osaka University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
関野 徹
Sekino, Tohru
キーワード
情報科学、量子科学、材料科学、ビーム科学、生体科学、分子科学、ナノテクノロジー、AI
住所
〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘8番1号
新たな時代を切り拓き産業に資する自然科学の基礎研究と応用に関する学際的研究を推進します

産業科学研究所(産研)は、新たな産業創成の源流となる基礎科学を極め、その成果に立脚した応用展開を目的に、材料・ビーム、情報・量子、生体・分子、ナノテクノロジー・ナノサイエンスの4研究領域に加え、これらと融合したAI領域に関する先端研究を推進しています。

また、北大電子研、東北大多元研、東工大研究院化生研、九大先導研と共に5大学附置研究所間アライアンスを構成し、全国に跨がるネットワーク型「物質・デバイス領域共同研究拠点」を形成し、我が国では前例のない新しい共同研究システムを構築し、運用してきました。環境・エネルギー・医療福祉・安全安心に関する諸課題の解決、新たなAI分野の開拓など、新産業に資する独創性・先駆性の高い世界最先端の基盤科学とその応用を研究しています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


最近の研究成果−定例記者会見・プレスリリースより

産研では毎月の定例記者会見を含め様々な研究成果の発信を行っています。以下は2020年度に行われたプレスリリースの一部です。

  • タンパク質自身にくすりをつくらせる革新的手法を開発 ―短時間で新規うつ病治療薬候補化合物の選定に成功―
  • ナノセルロースを自在に配列集積する液相3Dパターニング技術を開発 〜多軸配向による紙・フィルムの高性能化に貢献〜
  • 塗って焼かない ナノ多孔質セラミックス成膜技術を開発
  • 消費電力1/10、性能指標100倍 世界最高性能の半導体スピン伝導素子を実証 – 原子層制御技術が拓く高性能半導体スピンデバイス –
  • 世界初!量子計測とAIによる新手法 神経伝達物質の高速検出・識別に成功 ‐神経疾患の詳細な理解へ期待‐【図(a)】
  • 「未来科学捜査」歩容鑑定世界初、たった1枚の画像からの歩容認証に成功
  • 永久磁石を上手に使って埋もれた鉄筋を診断
  • 「空気を読んで話す」対話システム研究用データセットHazumiを公開
  • テラヘルツ光が姿を変えて水中を伝わる様子の観測に成功-これまでの常識を覆すテラヘルツ光の新たな活用法として期待-
  • AI技術とナノポアセンサでウイルスの複数種識別に成功 一回の検査で複数のウイルス、感染症の原因特定に期待
  • 水をきれいに ナノサイズ海苔様シート吸着材を開発
  • さりげないエレクトロニクス:世界で最透明・最薄の電位センサシートを実現【図(b)】
  • 均等の間隔でねじれた長鎖分子導線を開発 電気伝導特性の高効率化を実現【図(c)】
  • 日本人特有の難病「脊髄小脳失調症31型」の治療へ道開く RNA毒性を緩和する低分子化合物を発見
  • タンパク質中のトリプトファン残基を特異的に水酸化する新しいフラビン酵素の構造と機能を解明
  • リチウムイオン電池の厚いシリコン負極の高容量化と高電流密度化に成功 ―循環型経済に寄与する新技術―

社会との連携


産研をもっと知って下さい、そして、ご利用ください

産研が保有する世界に誇れる先端科学とその応用に関する多様な研究シーズを実際の社会ニーズと結び付けて皆様へと還元するために、研究所内に「Industry on Campus」を実現するためのインキュベーション棟を運営しています。さらに、人と人との繋がりを一層深め、産学・地域交流や研究交流を図るための「Salon de Sanken」をオープンし、多様な方々に活用いただいています。また、定例記者会見やプレスリリースのほか、S N Sなどを通じて研究や活動内容の社会への情報発信を引き続き継続しています。

  • 地域とのつながり
    産研での研究・教育活動の最先端を直接見学・体験していただくため、阪大いちょう祭の機会などに一般公開を実施し、子供から大人まで多くの方々にお越しいただいています。さらに、地方自治体や公共団体、NPOなどとも連携を行い、成果の社会還元を通じた地域活性化などを目指した様々な活動を進めています。
  • 未来を担う子ども・学生とのつながり
    子どもたちに科学を楽しく体験してもらう機会として「ものづくり教室」を開催しています。また、産研所属の学生が、自身の研究内容を同世代の学生や高校生、一般の方に紹介したり、共に考える活動への支援を行うなど、勉強の「科学」だけではなく、様々な角度から科学を考えるきっかけづくりに努めています。
  • 産業とのつながり
    産研と産業界との交流の場として、産研と(一財)大阪大学産業科学研究協会との共催で、定期的な「産研テクノサロン」や時代に即応した話題をテーマとした研究会の開催、SDGs対応研究シーズと社会ニーズマッチングなどを進めるなど、産研における研究成果の発信と産業界との連携を積極的に行っています。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80