研究所・研究センター一覧

大阪大学接合科学研究所

Joining and Welding Research Institute, Osaka University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
田中 学
Tanaka, Manabu
キーワード
溶接・接合技術、国際研究連携、ものづくり基盤技術、産学連携事業、共同利用・共同研究
住所
〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘11-1
溶接・接合技術に関する我が国唯一の拠点研究機関

大阪大学接合科学研究所は1972年に設立された「溶接工学研究所」を起点とし、以来、我が国唯一の溶接技術に関する国内研究拠点として全国共同利用研究所の役割を果たすとともに、世界屈指の溶接研究拠点として研究活動を展開してきました。

1996年には当該研究領域におけるさらなる研究の深化と新たなる研究分野へ幅広く展開を図ることを目的に「接合科学研究所」として改組・改称され、さらに2010年には「接合科学共同利用・共同研究拠点」として認定され、今日に至っています。溶接・接合技術なくしてものづくりは実現しません。本研究所では電子デバイスにおけるナノスケールの微細構造体から東京スカイツリーなどの巨大構造物まで、幅広い製品の製造技術の中核をなす溶接・接合技術を基礎学理的かつ包括的に取り扱い、さらに産業界との密接な連携のもとに、溶接・接合技術のイノベーション創出を通して、健全で豊かな人類社会に貢献することを目指しています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


溶接・接合分野における圧倒的な強みを生かした研究教育活動

本研究所では、溶接・接合分野における圧倒的な強みをさらに伸ばし、グローバル化の大きな潮流の中で変革する社会の要望と期待に応えるため、平成28年4月に改組を行いました。種々の機能を持つエネルギーの発生・変換・輸送と材料との相互作用に関する学理を究明し、各材料プロセスに応じた特性を有するエネルギー源を探求する「接合プロセス研究部門」、高機能接合体や複合材料の機械的、物理的、化学的性質を調べ、溶接・接合機構の解明を行う「接合機構研究部門」、大型構造物から微細接合体を対象とした信頼性の高い総合機能評価システムを構築する「接合評価研究部門」の3研究部門と、接合科学の未来を探り、次世代ものづくりに貢献する附属施設「スマートプロセス研究センター」による有機的な連繋により、研究開発を推進します。また、接合科学共同利用・共同研究拠点の国際共同研究員制度(JWRI International Joint Research Collaborator [JIJReC] Program)を開始し、拠点のグローバル化を推進しました。さらに、文部科学省特別経費による「広域アジアものづくり技術・人材高度化拠点形成事業」プロジェクトを本学言語文化研究科・工学研究科と連携して推進しました。共同利用・共同研究拠点の強力な国際ネットワークを活用して、広域アジア地域の日系企業と連携を図りながら、本年度は8か国8機関でカップリング・インターンシップを実施し、実践型グローバル人材の育成にも努めました。

Fig74_02

社会との連携


製造産業を支える溶接・接合技術のイノベーション創出

■オープンイノベーションの展開

ものづくり産業を支える基盤技術の一つである溶接・接合技術に関する国際研究拠点として、本研究所から生まれる革新的な技術シーズを産業展開するため、国内のみならず海外企業との産学連携強化を図り、新たな社会的価値創出に繋がるイノベーションを目指しています。そのための予算措置として、産官学連携に関する公的大型研究事業の獲得に努め、また技術シーズを産学連携シンポジウムで発信しています。

■研究成果等の公開・社会への発信

研究所紀要やニュースレターの発行と共に、接合研HPに公開しています。また東京セミナーの開催を通じて時流に沿った研究トピックスを一般向けに分かりやすく紹介しています。さらに高校生を対象に「ときめきサイエンス@JWRI」を開始しています。

Fig74_03

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80