研究所・研究センター一覧

大阪大学接合科学研究所

Joining and Welding Research Institute, Osaka University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
南 二三吉
Minami, Fumiyoshi
キーワード
溶接・接合技術、国際研究連携、ものづくり基盤技術、産学共創事業、共同利用・共同研究
住所
〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘11-1
溶接・接合技術に関する我が国唯一の拠点研究機関

大阪大学接合科学研究所は、「ものづくり」に欠かせぬ溶接・接合技術を科学的視点から捉え、革新的ものづくり技術創出のためのイノベーションを目指す、我が国で唯一、世界屈指の溶接・接合科学に関する総合研究所です。起点は1972年に設立された「溶接工学研究所」で、1996年にものづくり技術の高度化・多様化に応えるべく、「接合科学研究所」に改組・改称しました。2009年には文部科学省から「接合科学共同利用・共同研究拠点」として認定され、国内外の大学・中立機関と質の高い共同研究、拠点間連携研究を推進するとともに、「地域に生き世界に伸びる」を旗幟とした産学共創事業を展開しています。このような強みを活かし、研究者コミュニティに開かれた中核拠点としての役割を果たしつつ、国際社会で活躍できるグローバル人材の育成を図っています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


拠点間連携・産学共創研究の推進と世界に通じるグローバル人材育成

溶接・接合研究のメッカとしての求心力に磨きをかけるべく、2016年4月1日に改組を行い、溶接・接合を科学的視点から捉えた基盤研究を担う「接合プロセス研究部門」、「接合機構研究部門」、「接合評価研究部門」の3研究部門と、ナノ・メゾの視点で材料加工の未来を切り開く「スマートプロセス研究センター」からなる研究所として、それぞれの役割を明確にしました。平成28年度の特筆した取組として、6大学6研究所の連携による「学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト」をスタートさせ、共同利用・共同研究拠点を含む全国的な拠点間連携による学際融合・異分野融合研究を推進しました。また、広島大学大学院工学研究院と拠点間連携を結び、溶接・接合を含む「ものづくり科学」の発展に資する産学官共同研究を実施しました。産学共創では、新たに「高度ジョイント生産システム構築」共同研究部門を設置し、既設の2つの共同研究部門とのスパイラルによる応用・実用化研究を展開しました。国際協働では、ハノイ工科大学にJWRIオフィスを設置し、女性常勤職員を駐在させてASEAN諸国のネットワーク強化を図ると共に、文部科学省特別経費による「広域アジアものづくり技術・人材高度化拠点形成事業」を推進し、現地日系企業と連携を図りながら、5ヶ国5機関でカップリングインターンシップ(CIS)による実践型グローバル人材の育成に努めました。

接合研活動図

接合研活動図

社会との連携


ものづくり産業を支える溶接・接合技術のイノベーション創出

■オープンイノベーションの展開

「ものづくり」の基盤となる溶接・接合技術の学理を極める国際研究拠点としての強みを活かし、共同研究及び拠点間連携研究から生まれる革新的な技術シーズの産業展開を図るため、産官学等の戦略的連携・共創を強化し、新たな価値創出に繋がるイノベーションを展開しています。技術シーズは産学連携シンポジウムで発表するとともに、学問知と技術知の協奏・循環を活発化させるため、地域経済団体等との多様な連携、及び海外機関との国際連携を推進しています。

■研究成果等の公開・社会への発信

研究所紀要やニュースレターを発行するとともに、接合研HPで研究成果を公開しています。また、東京セミナーを開催して、時流に沿った研究トピックスを一般向けに分かりやすく紹介しています。高校生を対象とした「ときめきサイエンス@JWRI」も行い好評を博しています。

高校生アウトリーチ例

高校生アウトリーチ例

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80