研究所・研究センター一覧

大阪大学微生物病研究所

Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
岡田 雅人
Okada, Masato
キーワード
感染症、病原体、免疫、生体防御、基礎生物学、がん、海外拠点
住所
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘3-1

微生物病研究所は感染症・免疫疾患を中心とした難治疾患の克服にむけた研究を行っている3研究部門・18分野を持つ研究所です。1934年の創設以来、感染症の基礎研究とその制圧について研究を進め、新しい病原菌や病原ウイルスの発見、ワクチンや診断薬の開発など感染症、免疫学分野で多大な貢献をしてきました。がんの発生機構の研究にも早くから取り組み、世界に先駆けた培養細胞の発がんの成功、がん遺伝子やがんウイルスの発見など多くの成果を上げ、がん研究の発展に寄与してきました。また、研究所で最初に発見された細胞融合現象は体細胞遺伝学の発展や単クローン抗体の開発などに貢献し、現代の生命科学の基礎を築きました。2005年にはタイ国にタイ感染症共同研究センターを立ち上げ、東京大学医科学研究所との連携事業である感染症国際研究センターを設置するなど世界最高水準の研究拠点を目指し、感染症学と免疫学の研究グループがともに病原体と宿主の相互作用の解析を中心とした研究を進めています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


令和元年度は「微生物病共同研究拠点」として国内における多数の共同研究を実施するとともに、日本・タイ感染症共同研究センターなどの海外拠点や谷口海外奨学生制度による国際的な研究・教育を推進しました。

微生物病研究所としては、学術論文188件(IF10.0以上の論文28件含む)を発表しました。主な研究成果は下記のとおりです。

  • 次世代ラッサウイルス弱毒生ワクチン候補株を開発(岩﨑研がmBioに発表)
  • 百日咳菌の壊死毒素が神経毒性を示すことを発見(堀口研がmBioに発表)
  • 血管内皮幹細胞の分離法を確立(高倉研がNature Protocolsに発表)
  • GPIアンカー生合成系とスフィンゴ糖脂質生合成系および小胞体関連分解系のクロストークを発見(木下研がNat. Commun.誌に発表)
  • 組織・臓器の発生プロセスのエラー回避機構を発見(石谷研がNat. Commun.誌に発表)
  • 国際宇宙ステーション「きぼう」でのマウス飼育 により宇宙滞在が精子受精能力に及ぼす影響を解析(伊川研がSci. Rep.に発表)
  • PIGTを責任遺伝子とする発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の発症メカニズム解明(木下研がJCIに発表)
  • ゲノム編集技術により精子の受精能力を制御する 遺伝子ファミリーを発見(伊川研がPNASに発表)
  • 非結核性抗酸菌症に対する迅速・正確な病原体同定手法を開発(中村研がEmerging Microbes & Infections誌に発表)
  • 新しい先天性GPI欠損症「PIGB 欠損症」を発見(木下研がAJHG誌に発表)
  • マラリア原虫の分化の引き金となる宿主因子を同定(山本研がJEM誌に発表)
  • 細胞融合性タンパク質FASTによる新規ウイルス複製メカニズムの解明(小林研がPlos Pathogens誌に発表)
(A)宇宙に滞在したマウス(宇宙マウス)の精子 (B)体外受精で得られた次世代マウス

(A)宇宙に滞在したマウス(宇宙マウス)の精子 (B)体外受精で得られた次世代マウス

社会との連携


日本を代表する感染症研究拠点である、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター、東京大学医科学研究所、長崎大学熱帯医学研究所と感染症教育研究拠点として連携し、本研究所が主催となりアウトリーチイベント「高校生のためのWinterschool 2019@微研」を開催しました。

また、研究所ウエブサイト内に一般向けコンテンツ(バーチャルフォトツアー、研究者インタビュー)を新たに設置し、微生物病研究所の研究活動のより広範への情報発信に努めました。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80