研究所・研究センター一覧

大阪大学微生物病研究所

Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
松浦 善治
Matsuura, Yoshiharu
キーワード
感染症、病原体、免疫、生体防御、基礎生物学、がん、海外拠点
住所
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘3-1

微生物病研究所は感染症・免疫疾患を中心とした難治疾患の克服にむけた研究を行っている3研究部門・18分野を持つ研究所です。1934年の創設以来、感染症の基礎研究とその制圧について研究を進め、新しい病原菌や病原ウイルスの発見、ワクチンや診断薬の開発など感染症、免疫学分野で多大な貢献をしてきました。がんの発生機構の研究にも早くから取り組み、世界に先駆けた培養細胞の発がんの成功、がん遺伝子やがんウイルスの発見など多くの成果を上げ、がん研究の発展に寄与してきました。また、研究所で最初に発見された細胞融合現象は体細胞遺伝学の発展や単クローン抗体の開発などに貢献し、現代の生命科学の基礎を築きました。2005年にはタイ国にタイ感染症共同研究センターを立ち上げ、東京大学医科学研究所との連携事業である感染症国際研究センターを設置するなど世界最高水準の研究拠点を目指し、感染症学と免疫学の研究グループがともに病原体と宿主の相互作用の解析を中心とした研究を進めています。2014年にはBIKEN次世代ワクチン協働研究所を開設しました。

平成30年度の研究活動内容及び成果


平成30年度は「微生物病共同研究拠点」として国内における多数の共同研究を実施するとともに、日本・タイ感染症共同研究センターなどの海外拠点や谷口海外奨学生制度による国際的な研究・教育を推進しました。

微生物病研究所としては、学術論文173件(IF10.0以上の論文25件含む)を発表しました。主な研究成果は下記のとおりです。

  • デングウイルスに対する安全で効果的なアミノ酸改変ワクチンを開発(Scienceに発表)
  • 白血病の発症に関わる新たな分子機構を発見(Nature Communicationsに発表)
  • 食中毒菌・腸炎ビブリオの新たな下痢誘導メカニズムを解明(Nat Microbiol誌に発表)
  • 血管内皮細胞の自己防御機構を解明( Cell誌に発表)
  • iPS細胞株由来の腸管上皮細胞でヒトノロウイルス増殖法を確立(CMGH誌に発表)
  • 劇症型溶血性レンサ球菌が免疫を回避する機構を解明(PNAS誌に発表)
  • 寄生虫感染により産生誘導される一酸化窒素が 宿主免疫に悪影響(mBioに発表)
  • フラビウイルス感染細胞の生存にはBCLXLが必須である(PLoS Pathogensに発表)
  • 病原性大腸菌が腸管に付着する仕組みを解明(PNASに発表)

上段:ヒトノロウイルスの電子顕微鏡写真。下段:ヒトiPS細胞から作製した腸管上皮細胞

上段:ヒトノロウイルスの電子顕微鏡写真。下段:ヒトiPS細胞から作製した腸管上皮細胞

 

社会との連携


日本を代表する感染症研究拠点である、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター、東京大学医科学研究所、長崎大学熱帯医学研究所と感染症教育研究拠点として連携し、本研究所が主催となりアウトリーチイベント「高校教職員のためのWinterschool 2018@微研」を開催しました。

また、研究所ウエブサイト内に一般向けコンテンツ(バーチャルフォトツアー、研究者インタビュー)を新たに設置し、微生物病研究所の研究活動のより広範への情報発信につとめました。

高校教職員のためのWinterschool2018@微研

高校教職員のためのWinterschool2018@微研

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80