研究所・研究センター一覧

大阪大学微生物病研究所

Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
松浦 善治
Matsuura, Yoshiharu
キーワード
感染症、病原体、免疫、生体防御、基礎生物学、がん、海外拠点
住所
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘3-1

微生物病研究所は感染症・免疫疾患を中心とした難治疾患の克服にむけた研究を行っている3研究部門・18分野を持つ研究所です。1934年の創設以来、感染症の基礎研究とその制圧について研究を進め、新しい病原菌や病原ウイルスの発見、ワクチンや診断薬の開発など感染症、免疫学分野で多大な貢献をしてきました。がんの発生機構の研究にも早くから取り組み、世界に先駆けた培養細胞の発がんの成功、がん遺伝子やがんウイルスの発見など多くの成果を上げ、がん研究の発展に寄与してきました。また、研究所で最初に発見された細胞融合現象は体細胞遺伝学の発展や単クローン抗体の開発などに貢献し、現代の生命科学の基礎を築きました。2005年にはタイ国にタイ感染症共同研究センターを立ち上げ、東京大学医科学研究所との連携事業である感染症国際研究センターを設置するなど世界最高水準の研究拠点を目指し、感染症学と免疫学の研究グループがともに病原体と宿主の相互作用の解析を中心とした研究を進めています。2014年にはBIKEN次世代ワクチン協働研究所を開設しました。

平成27年度の研究活動内容及び成果


トキソプラズマはヒトを含む全ての恒温動物で病気を起こす寄生虫の一種です。トキソプラズマに対してわれわれ宿主はインターフェロン ガンマ(IFN-γ)に依存した免疫反応を起こし対抗しますが、その免疫反応がどのように抑制されているのかについては全く不明でした。
本研究で、①IFN-γによって誘導されるトキソプラズマを破壊する免疫反応が、宿主からRabGDIαを取り除くことによって著しく増強され、その結果、トキソプラズマ原虫数が少なくなること、そして、②高力価トキソプラズマ感染でも、RabGDIα欠損マウスは生存率が高く致死的な脳症の程度が軽いことを示しました。

本研究成果は、RabGDIαの機能を阻害することによってトキソプラズマに対する免疫機能が増強し、トキソプラズマ脳症の重症度が改善されたことから、RabGDIαという新たな分子を標的とした新規治療戦略を提供できるものとして期待できます。

Fig70_01

社会との連携


微生物病研究所では、微生物病研究所での研究成果をもとに、一般財団法人阪大微生物病研究会と連携して、感染症に対するワクチンや癌の治療薬の開発を行っています。

感染症、病原微生物に関する一般向けのセミナーや啓発活動を国内あるいはタイ感染症研究センターを利用して実施し、また医師、研究者に対しては感染症に関する海外研修を実施しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80