研究所・研究センター一覧

大阪大学レーザー科学研究所

Institute of Laser Engineering, Osaka University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
兒玉 了祐
Kodama, Ryosuke
キーワード
レーザー科学、プラズマ科学、高エネルギー密度科学、レーザー核融合科学
住所
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-6

本研究所は、1972年以来レーザー科学を推進し、パワーレーザーの研究開発を始め、様々なフォトニクス領域に開拓と学際的な基礎・応用研究を展開しています。世界のユーザーの要望に応え、100%オープンな施設としては、世界最大のパワーレーザー施設を有し、幅広い分野の研究に利用しています。プラズマ科学ならびにレーザー科学の共同利用・共同研究拠点として学際的な学術分野の開拓と産業イノベーション実現に貢献しています。
研究体制は、光物質材料工学、フォトニクスの開拓を担う「光量子ビーム科学研究部門」、パワーレーザーによる新しい学問領域の開拓を目指した「高エネルギー密度科学研究部門」、核融合エネルギーを最終目標に学術融合の「レーザー核融合科学研究部門」並びに物理インフォマティクスなど学際連携の要となる「理論・計算科学研究部門」です。

令和元年度の研究活動内容及び成果


部局間協定を締結している海外33機関とともに、研究所が運営する5つの海外連携オフィス(フランス、米国、ドイツ、ルーマニア、ベトナム)を活用し、国際的なハブ機関として人材交流や国際共同研究を推進しています。特に、米国とは2019年1月に締結した日米政府間科学技術協力における新たな枠組みである「高エネルギー密度科学」に関する文科省‐米国エネルギー省(DOE)間の事業協定のもとで、幹事機関として日米合同委員会を2019年度には設置し、当該分野の国際共同研究を発展させる日米の協力体制を構築しました。また同年度より、JSPS研究拠点形成事業「アジアレーザー宇宙物理学国際研究教育拠点」の日本拠点機関(大阪大学)として、4カ国28機関と国際連携を推進しています。さらに、本学のASEANキャンパス構想とも関係し、東南アジア地域との連携活動も進展させています。
国内においては、関連学会並びに利用者からなる1000人規模のコミュニティの議論をもとに、当研究所と量研機構関西研が中心機関となり、新分野創成を目的に国際競争力ある世界最大平均出力の次世代ハイパワーレーザー施設(J-EPoCH)構想を日本学術会議「マスタープラン2020」ならびに文部科学省の「学術研究の大型プロジェクトに関するロードマップ」に提案しています。また本装置開発・建設を目的に国内外の企業との連携が進められています。さらに、本施設と米国の世界最大出力のレーザー施設ならびに欧州の世界最大ピーク強度のレーザー施設との施設連携の合意がなされ、3機関による世界一連携が進められています。

多様な関連科学技術分野を開拓できる3種類(平均出力、ピーク出力、パルスエネルギー)の世界一ハイパワーレーザー施設連携:日本のJPoCH、欧州のELI-NP、米国のNIF

多様な関連科学技術分野を開拓できる3種類(平均出力、ピーク出力、パルスエネルギー)の世界一ハイパワーレーザー施設連携:日本のJPoCH、欧州のELI-NP、米国のNIF

社会との連携


●産業とのつながり

光エレクトロニクス・パワーレーザー・慣性核融合 (延べ174社参加)の3つのフォーラムによって、所内の研究活動全体を広くカバーできる仕組みを整えています。所内に整備した「レーザーオープンイノベーションプラットフォーム」を活用し、企業との共同研究を推進しています。その活動成果として、インダストリーオンキャンパスの共同研究部門は、2019年度、外国資本企業2社を新たに加わえ計4部門となりました。また、文部科学省、JST、NEDO等の産学連携に係る事業の研究代表として国内企業をまとめています。

●学生とのつながり

研究所では、学内外の学部生・大学院生が120名程度います。学内11協力講座(理学部(3講座)、工学部(8講座))を通して、講義ならびに研究指導を行っています。レーザー科学に関する単なる座学だけではなく、国内外の国際競争力ある共同研究を通した実践教育を行っています。また、1992年に大阪大学の 学生有志によって、研究室合同の勉強合宿として開始された「レーザー夏の学校」も支援しています。

●地域とのつながり

毎年5月に一般公開を実施し、子供から大人まで多くの方々を対象としたアウトリーチ活動を行っています。特に2019年度は、大阪で開催した国際会議に併設して産学連携のシンポジウムや文科省・国内研究機関・地方の塾とも連携し未来の人材となる小学生を対象とした500名以上のアウトリーチ活動を行いました。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80