研究所・研究センター一覧

大阪大学レーザー科学研究所

Institute of Laser Engineering, Osaka University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
兒玉 了祐
Kodama, Ryosuke
キーワード
レーザー科学、プラズマ科学、高エネルギー密度科学、レーザー核融合科学
住所
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-6

本研究所は、1972年以来レーザー科学を推進し、パワーレーザー開発を始め様々なフォトニクス開拓と学際的な基礎・応用研究を展開しています。自主開発した大型レーザーは100%コミュニティーに開かれた世界最大級のレーザー施設として国際的に高い評価と期待をうけ、プラズマ科学ならびにレーザー科学の共同利用・共同研究拠点として学術の創成と産業イノベーション実現に貢献しています。平成29年度に学内の光量子ビーム科学関連技術と機能を集約した「レーザー科学研究所」に改組し、機能の強化を図りました。研究体制は、光物質材料工学、フォトニクスの開拓を担う「光量子ビーム科学研究部門」、パワーレーザーによる新しい学問領域の開拓を目指した「高エネルギー密度科学研究部門」、核融合エネルギーを最終目標に学術融合の「レーザー核融合科学研究部門」並びに物理インフォマティクスなど学際連携の要となる「理論・計算科学研究部門」です。

平成29年度の研究活動内容及び成果


平成29年度は92件の共同利用・共同研究を実施し、パワーフォトニクス、プラズマフォトニクス、テラヘルツフォトニクスに関する研究開発とともに、これらの基盤技術を用いたレーザー駆動光量子ビーム科学やレーザー宇宙物理学、レーザー地球惑星科学、高エネルギー密度物質材料科学などの高エネルギー密度状態の科学やレーザー核融合科学に関する研究を行い、それぞれの分野でインパクトの高い成果が得られました。
平成28年度の仏国エコールポリテクニクに引き続き、29年度は独国HZDR及び米国ローレンスリバモア研究所と大阪大学との学術交流協定、ルーマニアのELI-NP、ベトナムの科学技術アカデミー物理研究所との部局間協定を締結し、各機関内に国際連携推進オフィスを設置することになり国際的なハブ機能が強化されました。加えて、スペイン・マドリッド工科大学、ロシア原子力大学、フィリピンのマプア大学との部局間協定を締結しました。
さらに新学術創成とイノベーション創出を目的とした次期大型パワーレーザー装置(J-EPoCH:Japan Establishment for a Power-laser Community Harvest)ならびにそれによる研究計画を「コミュニティ会議」で立案するとともに、関連学会における技術調査専門委員会「ハイパワーレーザーによる高エネルギー密度科学」を実施しています。

日本の強みを活かした世界最高性能の大型パワーレーザーシステム

日本の強みを活かした世界最高性能の大型パワーレーザーシステム

社会との連携


●産業とのつながり

科学技術振興機構の未来社会創造事業「粒子加速器の革新的小型化及び高エネルギー化に繋がるレーザープラズマ加速技術」において、当該プロジェクトの要となる高繰り返し高出力レーザー開発を開始、NEDOの「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発プロジェクト」及び「更なる省エネ照明社会の実現に資する IoTステーション」の事業を推進、経済産業省の省エネルギー等国際標準開発「高画質走査型レーザーディスプレイの光学特性及び画質測定方法に関する国際標準化」事業にて新たな国際標準化提案(NP)を達成、更に「岡本光学多層膜共同研究部門」を新たに設置し、産学連携による高耐力な光学素子の開発を開始するなど、国内外のアカデミアおよび企業研究者への研究成果の普及を行っています。また産業界との交流の場として、(公財)レーザー技術総合研究所と連携し、レーザー核融合科学に関するIFEフォーラム」を、(NPO)光科学アライアンスとの連携で「光エレクトロニクスフォーラム」を開催し、研究成果の発信と産業界との意見交換を積極的に行っています。

●学生とのつながり

1992年に大阪大学の 学生有志によって、研究室合同の勉強合宿として開始された「レーザー夏の学校」を支援しています。文部科学省の光拠点事業や産業界との連携により現在では、全国展開しています。レーザー科学に関する単なる座学だけではなく、学生が自ら勉強会や実験を企画・実施し後輩に指導するOJTとして機能しています。

●地域とのつながり

レーザー研の研究・教育活動の具体的な内容を直接見学・体験していただくため、毎年5月に一般公開を実施し、子供から大人まで多くの方々にお越し頂いています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80