研究所・研究センター一覧

名古屋大学未来材料・システム研究所

Institute of Materials and Systems for Sustainability, Nagoya University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
成瀬 一郎
NARUSE, Ichiro
キーワード
革新的省エネルギー技術、次世代半導体材料・デバイス、高度計測技術、持続発展可能な社会のための材料創製とシステム創成
住所
〒464-8601
名古屋市千種区不老町

未来材料・システム研究所は、環境と調和させながら持続発展可能な社会を実現するための材料・デバイスからシステムに至る幅広い領域の研究課題に取り組んでおります。未来エレクトロニクス集積センターでは、窒化ガリウム等のポストシリコン材料を用いたデバイスに代表される先端的エレクトロニクス研究を推進しており、未来のエレクトロニクス産業の基盤の創成を目指しております。高度計測技術実践センターでは、電子顕微鏡観察をはじめとする先端的な計測技術の開発と人材育成を行っております。材料創製部門では、省エネルギー、創エネルギーや環境保全に貢献する新規材料の研究に取り組んでおり、また、システム創成部門では、環境調和型のエネルギー変換システム、電力や交通のネットワーク、物質循環・リサイクルシステム等に関して研究を進めております。

令和元年度の研究活動内容及び成果


学内外・国内外の研究者との共同利用・共同研究推進による研究成果

天野浩教授らの研究グループは、旭化成(株)との共同開発で「電流注入による世界最短波長の深紫外レーザー発振に成功」しました。UV-C波長帯の半導体レーザーが実現できれば、ガス分析などセンシングへの応用、局所殺菌、DNAや微粒子などの計測・解析といった、ヘルスケア・医療分野への応用が期待されます。

UV-Cレーザー素子の断面構造とレーザー特性

UV-Cレーザー素子の断面構造とレーザー特性

神戸大学の研究グループらと武藤俊介教授は、安全・安価・安定な光触媒材料であるヘマタイト(赤錆)を用いて、水と太陽光から水素を高効率に生成できる光触媒電極の開発に成功しました。太陽光を利用した水素製造への応用は、古くから期待されてきましたが、今回開発した「ヘマタイトメソ結晶光触媒電極」は、従来の性能をはるかに超えるもので、太陽光水素構造システム実用化の新たな一歩です。

メソ結晶光触媒電極における階層構造と光水分解反応

メソ結晶光触媒電極における階層構造と光水分解反応

 

社会との連携


国際シンポジウムICMaSS2019を開催

持続可能社会の構築に向けて、2年ごとに国際シンポジウムを開催しています。今回は、シンガポール国立大学のMarcelo ANG Jr.准教授、(ノーベル化学賞受賞が決定した直後の)旭化成(株)吉野彰氏らの基調講演を始め、12か国から、合計481名の参加者、合計415件の発表を得て「ICMaSS2019」は成功裏に終えました。

ノーベル化学賞受賞が発表されたばかりの吉野彰氏の基調講演

ノーベル化学賞受賞が発表されたばかりの吉野彰氏の基調講演

シンガポール国立大学 CHEN副学長

シンガポール国立大学 CHEN副学長

にぎやかなポスターセッションの様子

にぎやかなポスターセッションの様子

「さいえねカフェ」を開催

学生・若手研究者から一般市民を対象に、再生可能エネルギーへの関心や理解を深めることを目的に、今年度からの新企画「さいえねカフェ」第1回、第2回を開催しました。
第1回は「風のエキスパートがみなさんのギモンに答えます! ~風力発電 これまでとこれから~」、第2回は「温泉で発電できるって知ってますか? ~長崎県小浜温泉街の新たな挑戦」。入門的な話に加え、再生可能エネルギーによる地域経済やコミュニティづくりの可能性など、くつろいだ雰囲気の中で活発に質問が飛び交いました。

さいえねカフェの参加者

さいえねカフェの参加者

第2回 講師 山東晃大氏

第2回 講師 山東晃大氏

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80