研究所・研究センター一覧

名古屋大学未来材料・システム研究所

Institute of Materials and Systems for Sustainability, Nagoya University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
興戸 正純
Okido, Masazumi
キーワード
革新的省エネルギー技術、高度計測技術、先端的な材料・デバイス、社会実装のためのシステム技術
住所
〒464-8603
名古屋市千種区不老町

「未来材料・システム研究所」は、材料からシステムまでの幅広い多様な研究課題に対して、理工学的見地から、国内外の産官学の研究者と共同研究を行います。

「未来エレクトロニクス集積研究センター」では、GaN次世代パワーデバイス開発からシステム応用までを視野に入れた研究を行います。「高度計測技術実践センター」では、電子顕微鏡、素粒子、X線、ナノ加工などを駆使して、基礎学術面から計測に関する研究と人材養成を実践します。

一方、「材料創製部門」では、高性能な断熱材料、熱電・発電・エネルギー変換デバイスなど先端ナノ材料に関する研究を推進します。また、システム技術の観点から、「システム創成部門」を中心に情報・通信技術の更なる発展に立脚した様々な要素技術がネットワーク化された将来のユビキタス社会におけるエネルギーシステム技術の開発に関する研究を行います。このような教育・研究を通して、人間と自然が調和する豊かな未来の環境調和型持続可能社会の実現に貢献していきます。

平成27年度の研究活動内容及び成果


  1. Nature Communications 5巻 (2014)に”Quantitative characterisation of nanoscale polycrystalline magnets with electron magnetic circular dichroism“を発表した。電子磁気円二色性によるナノ領域磁気角運動量測定に世界で初めて結び付けた。鉄のナノ結晶体の定量測定に成功した。鉛フリーで高温に耐える強誘電体材料を開発し車への応用を図っている。
  2. 独自の原子核看板を用いたミュー粒子ラジオグラフィー技術の開発の応用を進めている。事故原子炉のデブリ位置同定などX線などの既存の透視検査技術では透視できないような分厚い物体の内部を透視するための技術として役立っている。
  3. 非線形光学効果を応用したスピン偏極量子ビーム源の開発を行った。ERL用電子銃の実用化に向けた新技術開発を目指したものであり、新手法として高く評価されている。研究所内の超高圧電顕技術をさらに発展させるために極めて重要な研究成果から生まれた技術である。
  4. 2014年に出版した解説論文Structural features of epitaxial graphene on SiC {0001}(J. Phys.D: Appl. Phys., 47, 094017)が、2015年以同誌のthe 30 most downloaded 2014 articlesに選ばれた。また、解説論文Growth of graphene from SiC {0001} surfaces and its mechanisms(Semiconductor Science and Technology, 29, 4009)も、2015年になって、同誌の年度Article Highlightsに選ばれるなど注目を集めている。
  5. Ge1−xSnx関連半導体材料の薄膜結晶成長、その結晶および界面物性の制御技術と本材料の電子・光電子デバイスへの応用について研究を行い、成果を出している。
  6. 6大学により構成される「特異金属および高機能材料開発プロジェクト」を推進し成果を挙げた。平成28年からは新たなプロジェクトが本研究所主幹で新たに実施される。

社会との連携


  1. 2014年度にノーベル物理学賞を受賞した天野浩特別教授は、研究所へ配置換え後も精力的に講演を行い、次世代を担う小中高校生や一般人に、ものつくりの意義を啓蒙し社会活動として大きな貢献を行っている。
  2. 宇宙線ミュー粒子を利用した透視技術の開発をしている。「2号機も溶融裏付け、福島第一炉内燃料を名大解析」中日新聞朝刊(2015年3月22日)など多く取り上げられ、一般向けにも宇宙線についてのセミナーを開いて公開している。
  3. 愛知県および名古屋市の各々と名古屋大学との間で結ばれている「環境調和型・持続可能社会の構築にむけた連携実施協定」の中心として、知的クラスター創成事業(文部科学省)等を通し地域連携研究活動を行っている。
  4. 中部電力株式会社の寄附により、エネルギーシステム(中部電力)寄附研究部門を設置し、材料、機器技術からシステム評価に亘る広い視点に立って機器とシステムの協調を図りつつ、持続的発展社会に向けた電気エネルギーシステムの構築をめざしている。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80