研究所・研究センター一覧

名古屋大学宇宙地球環境研究所

Institute for Space–Earth Environmental Research, Nagoya University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
草野 完也
Kusano, Kanya
キーワード
太陽地球系科学、宇宙線、太陽、太陽風、電磁気圏、超高層大気、気象学、海洋学、水循環、地球表層、鉱物学、考古学、年代測定
住所
〒464-8601
愛知県名古屋市千種区不老町
地球・太陽・宇宙をつなぐ国際拠点

本研究所は、名古屋大学に所属していた3つの研究組織(太陽地球環境研究所、地球水循環研究センター、年代測定総合研究センター)を統合して、2015年10月に創設された附置研究所です。全国でただ一つ、宇宙科学と地球科学を結び付ける共同利用・共同研究拠点として活動しています。宇宙地球環境研究所では、地球・太陽・宇宙を一体としたシステムとしてとらえ、そこに生起する多様な現象のメカニズムや相互関係の解明を通して、地球環境問題の解決と宇宙に広がる人類社会の発展に貢献することをミッションに掲げ、室内実験や地上/海洋/人工衛星観測、さらに、これらのデータと理論/モデリング手法を組み合わせた研究を多角的に展開しています。7つの研究部(総合解析、宇宙線、太陽圏、電磁気圏、気象大気、陸域海洋圏生態、年代測定)からなる基盤研究部門と、国際連携研究センター、統合データサイエンスセンター、飛翔体観測推進センターで構成される体制のもと、全国に附属観測所を配備し、世界の研究機関と学術協定を結んで、国際的な拠点活動を展開しています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


世界の太陽フレア予報を定量比較した国際共同研究

太陽系最大の爆発現象である太陽フレアは人工衛星や宇宙飛行士、電力・通信・航空などの社会基盤にも大きな影響を与えるため、その正確な予報は社会的にも重要な課題となっています。各国の宇宙天気予報機関は毎日、太陽フレアの予報に取り組んでいますが、それらを統一的な基準で定量的に比較する取り組みはこれまで行われていませんでした。宇宙地球環境研究所では国際ワークショップ「太陽フレア予報の国際ベンチマーク」を開催し、日本、米国、欧州、英国、韓国、オーストラリア、アイルランド、ベルギーで行われている16 種類の太陽フレア予報運用システムの国際比較研究を各国と協力して初めて実施した結果を3編の論文(Leka, et al. 2019a & 2019b, Park 2020)として発表しました。これにより、現在運用されている太陽フレア予報の課題を明確にすることができました。この成果は、今後、各国の宇宙天気予報の改善に重要な役割を果たすものです。

国際ワークショップ「太陽フレア予報の国際ベンチマーク」の参加者

国際ワークショップ「太陽フレア予報の国際ベンチマーク」の参加者

 

社会との連携


北海道から鹿児島まで、全国の自治体と協力した社会連携事業を展開しています

宇宙地球環境研究所は、北海道から鹿児島まで全国に観測所・観測施設を有しています。このネットワークを利用して、地域の科学文化振興を目的とした社会連携事業を観測所・観測施設が所在する各自治体と協力して毎年実施しています。令和元年度は、陸別観測所のある北海道陸別町で、例年どおり小中学校における出前授業を実施するとともに、陸別宇宙地球科学館「銀河の森天文台」と協力して「驚き!おもしろ科学実験2019」を11月9日に開催しました。長野県上松町では木曽観測施設の一般公開を東京大学木曽観測所と共催し、惑星間空間シンチレーション(IPS)観測装置の公開を行いました。また、小学生向け夏休み体験学習「名古屋周辺の地震・活断層を学ぼう-地域の自然を理解しよう-」など多数のイベントを実施しました。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80