研究所・研究センター一覧

名古屋大学宇宙地球環境研究所

Institute for Space–Earth Environmental Research, Nagoya University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
草野 完也
Kusano, Kanya
キーワード
太陽地球系科学、宇宙線、太陽、太陽風、電磁気圏、超高層大気、気象学、海洋学、水循環、地球表層、鉱物学、考古学、年代測定
住所
〒464-8601
愛知県名古屋市千種区不老町
地球・太陽・宇宙をつなぐ国際拠点

本研究所は、学内で3つの組織(太陽地球環境研究所、地球水循環研究センター、年代測定総合研究センター)が統合して、2015年10月に創設された宇宙科学と地球科学を結び付ける全国でただ一つの共同利用・共同研究拠点です。われわれは、地球・太陽・宇宙を一体化したシステムとしてとらえ、そこに生起する多様な現象のメカニズムや相互関係の解明を通して、地球環境問題の解決と宇宙に広がる人類社会の発展に貢献することをミッションに掲げ、室内実験や地上/海洋/人工衛星観測、さらに、これらのデータと理論/モデリング手法を組み合わせることにより、研究を展開しています。7の研究部(総合解析、宇宙線、太陽圏、電磁気圏、気象大気、陸域海洋圏生態、年代測定)からなる基盤研究部門と、国際連携研究センター、統合データサイエンスセンター、飛翔体観測推進センターで構成される体制のもと、全国に附属観測所を配備し、世界の研究機関と学術協定を結んで、国際的な拠点活動を展開しています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


航空機を用いた台風の直接観測に成功

台風による災害の軽減や適切な大規模避難の実施のためには、台風の強度を正確に推定し予測することが不可欠です。しかしながら、台風の強度については、その予測だけでなく推定値にも大きな不確定性が含まれているのが現実です。こうした問題を解決するため名古屋大学宇宙地球環境研究所附属飛翔体観測推進センターでは、航空機を用いた台風の直接観測を開始しました。航空機から「ドロップゾンデ」と呼ばれる温度、湿度、気圧、風向・風速を測定する装置を投下し、台風周辺の大気構造を観測するとともに強度の直接測定をします。これを宇宙地球環境研究所で開発している数値予報モデルと組み合わせることで、台風の進路だけでなく強度を精度良く予測するなど、台風予測の高精度化を目指します。当研究所の坪木和久(つぼき かずひさ)教授らは、その第1回フライト観測を平成29年10月に日本列島を通過した台風21号に対して実施し、同21日に沖縄の南の海上にあった台風21号の雲を突き抜け、台風の眼に入って直接観測を行うことに我が国で初めて成功しました。

超大型で非常に強い台風21号の眼に入った航空機から撮影された眼の壁雲とメソ渦(2017年10月21日午後3時ごろ撮影)。

超大型で非常に強い台風21号の眼に入った航空機から撮影された眼の壁雲とメソ渦(2017年10月21日午後3時ごろ撮影)。

社会との連携


北海道から鹿児島まで、全国の自治体と協力した社会連携事業を展開しています

宇宙地球環境研究所は北海道から鹿児島まで全国に観測所・観測施設を有していますが、このネットワークを利用し、地域の科学文化振興を目的として観測所・観測施設が所在する自治体と協力した社会連携事業を毎年実施しています。平成29年度は、陸別観測所のある北海道陸別町では、例年どおり小中学校における出前授業を実施するとともに、陸別宇宙地球科学館「銀河の森天文台」と協力して「驚き!おもしろ科学実験2017」を11月11日に開催しました。長野県上松町では、木曽観測施設の一般公開を東京大学木曽観測所と共催し、惑星間空間シンチレーション(IPS)観測装置の公開を行いました。また、愛知県豊川市では、太陽風観測装置の見学会を、鹿児島観測所のある鹿児島県垂水市では、「青少年のための科学の祭典in 垂水2017」での実験展示をそれぞれ行いました。さらに、名古屋市では、研究所一般公開、公開講演会「地球を観る(平成29年12月2日)」、研究室公開などを例年積極的に実施しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80