研究所・研究センター一覧

名古屋大学宇宙地球環境研究所

Institute for Space–Earth Environmental Research, Nagoya University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
草野 完也
Kusano, Kanya
キーワード
太陽地球系科学、宇宙線、太陽、太陽風、電磁気圏、超高層大気、気象学、海洋学、水循環、地球表層、鉱物学、考古学、年代測定
住所
〒464-8601
愛知県名古屋市千種区不老町
地球・太陽・宇宙をつなぐ国際拠点

本研究所は、名古屋大学に所属していた3つの研究組織(太陽地球環境研究所、地球水循環研究センター、年代測定総合研究センター)を統合して、2015年10月に創設された附置研究所です。全国でただ一つ、宇宙科学と地球科学を結び付ける共同利用・共同研究拠点として活動しています。宇宙地球環境研究所では、地球・太陽・宇宙を一体としたシステムとしてとらえ、そこに生起する多様な現象のメカニズムや相互関係の解明を通して、地球環境問題の解決と宇宙に広がる人類社会の発展に貢献することをミッションに掲げ、室内実験や地上/海洋/人工衛星観測、さらに、これらのデータ解析と理論/モデリングを組み合わせた研究を多角的に展開しています。7つの研究部(総合解析、宇宙線、太陽圏、電磁気圏、気象大気、陸域海洋圏生態、年代測定)からなる基盤研究部門と、国際連携研究センター、統合データサイエンスセンター、飛翔体観測推進センターで構成される体制のもと、全国に附属観測所を配備し、世界の研究機関と学術協定を結んで、国際的な拠点活動を展開しています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


巨大太陽フレアを位置まで正確に予測する物理モデルの開発に成功

巨大太陽フレアは地球で磁気嵐などを引き起こし、人間の宇宙活動のみならず通信・測位・電力・航空など我々の生活を支える社会基盤にも影響を与えます。そうした影響や被害を未然に防ぐために、太陽フレアの発生を事前に予測する必要がありますが、太陽フレアの発生機構は未だ十分に解明されていなかったため、これまでの予測は経験的な方法に頼らざるを得ませんでした。
名古屋大学宇宙地球環境研究所の草野所長が率いる研究グループは、太陽表面で発生する不安定性の理論に基づきフレア発生の条件を導くことで、巨大太陽フレアを予測する新しい物理モデルの開発に成功しました。さらに、人工衛星による太陽フレア観測データより、このモデルによって過去10年間に発生した巨大太陽フレアを少数の例外を除いてその発生位置まで正確に予測できることを実証しました。この研究は、今後の宇宙天気予報の精度向上と宇宙で起きる爆発現象の理解に大きく貢献することが期待されています。
出版文献:Kusano et al., A physics-based method that can predict imminent large solar flare, Science, 2020, DOI: 10.1126/science.aaz2511

2017年9月1日にNASAのSDO衛星が観測した巨大太陽フレアとその予測点。左は極端紫外線で観測した太陽全面画像。中央と右はフレア発生領域の視線方向磁場成分と真空紫外線(1600 Å)で観測した画像。フレア予測点(〇印)が実際のフレアの中心に位置している。

2017年9月1日にNASAのSDO衛星が観測した巨大太陽フレアとその予測点。左は極端紫外線で観測した太陽全面画像。中央と右はフレア発生領域の視線方向磁場成分と真空紫外線(1600 Å)で観測した画像。フレア予測点(〇印)が実際のフレアの中心に位置している。

 

社会との連携


福島第一原発事故に関わる放射能・放射線測定メタデータベース(RADARC311)の公開

2011年に起こった福島第一原発事故に対して、官民学の様々な領域で行われてきた放射線測定データについて、データの所在やその測定量、測定日時・場所などメタデータ情報を収集し、横串検索可能なメタデータベースRADARC311を研究所ホームページから一般へ公開しました(http://radarc311.isee.nagoya-u.ac.jp)。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80