研究所・研究センター一覧

千葉大学真菌医学研究センター

Medical Mycology Research Center, Chiba University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
笹川 千尋
Sasakawa, Chihiro
キーワード
病原真菌・放線菌、臨床感染症、免疫、病原真菌・放線菌バイオリソース
住所
〒260-8673
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
病原真菌などによる感染症の制圧を目指して

真菌医学研究センターは、昭和21年に設立された腐敗研究所を起源とし、平成9年に国内で唯一の病原真菌とそれによる感染症研究に特化した公的研究センターとして発足しました。病原真菌は、高齢者や白血病・免疫不全疾患などの免疫抵抗力の弱い患者に起こる日和見真菌感染症や、外来性の高度病原性真菌による輸入感染症などを引き起こし、超高齢化・国際化が進む近年の日本において大きな社会問題になっています。当センターでは、病原真菌を中心とした病原体研究、それらによる感染症の臨床研究、宿主免疫応答研究などを行うことにより、感染症征圧を目指した研究活動を推進しています。また、共同利用・共同研究拠点として国内外の研究機関との共同研究を積極的に行うと共に、ナショナルバイオリソースプロジェクト病原真核微生物の中核機関として国内外の関連研究の推進に貢献しています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


病原真菌の薬剤耐性機構に重要な制御因子の発見

深在性真菌症の治療に有効な抗真菌薬は限られており、早期診断の困難さと相まって、真菌症は難治性の感染症と考えられています。また近年では、薬剤耐性を示す病原真菌が分離されるケースが散見されるようになり、薬剤耐性菌への対応は真菌感染症治療における喫緊の課題となっています。当センターでは、病原真菌がどのようなメカニズムで抗真菌薬に耐性を示すかについて、遺伝子レベルでメカニズムを解明し、効果的な治療薬の開発につなげることを目指して研究を進めています。
深在性真菌症であるアスペルギルス症に対する治療の第一選択薬はアゾール系抗真菌薬です。その主要な原因菌であるAspergillus fumigatusでは、アゾール系抗真菌薬の薬剤標的分子Cyp51Aに生じるアミノ酸変異がアゾール耐性化につながることが知られています。私たちの研究により、このCyp51Aの遺伝子発現を直接制御する新たな転写因子AtrRを発見し、その遺伝子破壊株はアゾール薬に超感受性を示すことが分かりました。また、臨床分離されたアゾール薬耐性株に対しても、この転写制御因子の遺伝子を破壊することによって感性化できることを実証しました。アゾール薬の標的分子(Cyp51A)を直接制御する因子に対する阻害剤が開発できれば、薬剤耐性問題を回避した新たな治療法を確立できる可能性が期待されます。このような基礎研究を通じて、重篤な深在性真菌症に対する治療の選択肢を拡げることを目指しています。

社会との連携


■本センターでは、医師・臨床検査技師・研究者などを対象として、病原真菌および放線菌の基礎的な知識と取り扱いについての技術を習得するための「病原真菌講習会」を年1回開催し、国内の病原真菌・放線菌研究者の人材育成を目指した取組みを行っています。

■「長崎大学熱帯医学研究拠点特定領域共同研究」において、ケニアなどの熱帯地域での病原真菌・放線菌の地域特異性を解析することにより、現地の医療発展への貢献を行っています。

■地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)「薬剤耐性真菌検出のため新規検査法の開発とブラジルにおける疫学調査等への応用」の推進により、現地の医療発展への貢献を行っています。

■真菌症のリファレンスセンターとして全国の医療機関から診断・治療に関する相談や検査の依頼を受け付けており、平成28年度は年間500件あまりに達しています。

■「感染症研究グローバルネットワークフォーラム」を年1回開催し、国内外の感染症研究者のネットワーク形成を目指した活動を行っています。平成29年度も「国際フォーラム」として10月28日に開催します。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80