研究所・研究センター一覧

千葉大学真菌医学研究センター

Medical Mycology Research Center, Chiba University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
笹川 千尋
Sasakawa, Chihiro
キーワード
病原真菌・放線菌、臨床感染症、免疫、病原真菌・放線菌バイオリソース
住所
〒260-8673
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
病原真菌などによる感染症制圧を目指して

真菌医学研究センターは、昭和21年に設立された腐敗研究所を起源とし、平成9年に国内で唯一の病原真菌とそれによる感染症研究に特化した公的研究センターとして発足しました。病原真菌による感染症は、高齢者や白血病・免疫不全疾患などの免疫抵抗力の弱い患者に起こる日和見感染症や、海外からの高度病原性真菌による輸入感染症などが知られ、超高齢化・国際化が進む近年の日本において大きな社会問題になっています。当センターでは、病原真菌を中心とした病原体研究、それらによる感染症の臨床研究、宿主免疫応答研究などを行うことにより、感染症征圧を目指した研究活動を推進しています。また、共同利用・共同研究拠点として国内外の研究機関との共同研究を積極的に行うと共に、ナショナルバイオリソースプロジェクト病原真核微生物の中核機関として国内外の関連研究の推進に貢献しています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


国内の新生児深在性真菌感染症の現状と対策

日本では、毎年約100万人の新生児が誕生しますが、その約5%が早産低出生児です。これらの新生児は免疫系が未発達であり、深在性真菌感染症のハイリスク患者となります。従って、真菌感染症に対する効果的な治療法や予防法の策定は、少子化社会において重要な課題です。当センター「感染症制御分野」の石和田准教授らのグループは、我が国で初めて新生児深在性真菌感染症に関する全国調査を日本新生児成育医学会との共同で実施し、国内の現状を明らかにしました。その結果、新生児の深在性真菌感染症罹患率は他の先進国と同程度でしたが、死亡率は高く、また施設間での真菌感染症の治療・予防法が大きく異なっていました。ハイリスク新生児の予後改善のため、新生児真菌感染症診療指針の策定を目指しています。

社会との連携


■本センターでは、医師・臨床検査技師・研究者などを対象として、病原真菌および放線菌の基礎的な知識と取り扱いについての技術を習得するための「病原真菌講習会」を年1回開催し、国内の病原真菌・放線菌研究者の人材育成を目指した取組みを行っています。

■「長崎大学熱帯医学研究拠点特定領域共同研究」において、ケニアなどの熱帯地域での病原真菌・放線菌の地域特異性を解析することにより、現地の医療発展への貢献を行っています。

■地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)「薬剤耐性真菌検出のための新規検査法の開発とブラジルにおける疫学調査等への応用」の推進により、現地の医療発展への貢献を行っています。

■全国の医療機関から真菌症の診断・治療に関する相談や検査の依頼を受け付け、我が国唯一の真菌症リファレンスセンターとしての役割を担っています。

■「感染症研究グローバルネットワークフォーラム」を年1回開催し、国内外の感染症研究者のネットワーク形成を目指した活動を行っています。平成30年度は、『真菌症・真菌免疫・真菌マイクロバイオーム』をメインテーマにして、国内外の著名な研究者を招聘して11月30日〜12月1日に開催します。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80