研究所・研究センター一覧

千葉大学真菌医学研究センター

Medical Mycology Research Center, Chiba University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
笹川 千尋
Sasakawa, Chihiro
キーワード
病原真菌・放線菌、臨床感染症、免疫、病原真菌・放線菌バイオリソース
住所
〒260-8673
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
病原真菌・放線菌による感染症の制圧を目指して

真菌医学研究センターは、昭和21年に設立された腐敗研究所を起源とし、生物活性研究所、真菌微生物研究センターを経て、平成9年に国内で唯一の病原真菌とそれによる感染症研究に特化した公的研究センターとして発足しました。病原真菌は、高齢者や白血病・免疫不全疾患などの免疫抵抗力の弱い患者に起こる日和見真菌感染症や、外来性の高度病原性真菌による輸入感染症などを引き起こし、超高齢化・国際化が進む近年の日本において大きな社会問題になっています。当センターでは、病原真菌および形態学・病態学的な類似性から慣例的に医真菌分野で扱われてきた病原放線菌の基礎研究、それらによる感染症の成因や宿主免疫応答などの研究を行うことにより、感染症征圧を目指した研究活動を行っています。また、共同利用・共同研究拠点として他の研究機関との共同研究を積極的に行うと共に、ナショナルバイオリソースプロジェクト病原微生物の中核機関として、我が国随一の病原真菌・放線菌リソースの収集・保管・分譲を行うことで、国内外の関連研究の推進に貢献しています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


当センターが附属病院に診療部門を新設

当センターでは平成26年10月より附属病院の感染症内科において日本初となる深在性真菌症の専門外来を開設しました。超高齢社会を迎えたわが国では、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの慢性の肺疾患をもつ人が多くみられますが、このような人たちは内臓にカビが感染する「深在性真菌症」にかかりやすく、患者は明らかに増加しています。また医療の高度化に伴い抵抗力の低下した人が多くなり、肺以外でもさまざまな臓器で真菌症が増加を続けています。深在性真菌症は治療が難しく致死率が高いものが多いのですが、 近年はこれに加えて抗真菌薬に耐性を持つ真菌が増加しており、これらの耐性真菌の増加により、真菌症は今後ますます難治化してゆくことが予想されます。私どもの専門外来では、当センターのもつ最新鋭の検査診断機器を駆使するとともに基礎研究の成果を最大限に活用し、一般診療の枠を超えた最高レベルの診療を行っています。平成27年4月からは一般の微生物検査室では取り扱うことができない高病原性(バイオセーフティレベル3)の真菌も検査が可能な特殊実験室も稼動し、わが国における真菌症診療のリファレンスセンターとして、あらゆる真菌について対応が可能となっています。このような臨床と基礎研究との密なコラボレーションは、当センターだけが行える大きな特色であり、わが国における深在性真菌症の拠点として、 難治感染症である深在性真菌症の診断、治療の一層の向上を目指して活動を続けています。

Fig19_03

外来受付

 

社会との連携


■本センターでは、医師・臨床検査技師・研究者などを対象として、病原真菌および放線菌の基礎的な知識と取り扱いについての技術を習得するための「病原真菌講習会」を年1回開催し、国内の病原真菌・放線菌研究者の人材育成を目指した取組みを行っています。

■「長崎大学熱帯医学研究拠点特定領域共同研究」において、ケニアなどの熱帯地域での病原真菌・放線菌の地域特異性を解析することにより、現地の医療発展への貢献を行っています。

■「感染症研究グローバルネットワークフォーラム」を年1回開催し、国内外の感染症研究者のネットワーク形成を目指した活動を行っています。平成28年度も、昨年に引き続き「国際フォーラム」として11月12日に開催します。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80