研究所・研究センター一覧

千葉大学真菌医学研究センター

Medical Mycology Research Center, Chiba University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
笹川 千尋
Sasakawa, Chihiro
キーワード
病原真菌・放線菌、臨床感染症、免疫、病原真菌・放線菌バイオリソース
住所
〒260-8673
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
病原真菌などによる感染症制圧を目指して

真菌医学研究センターは、昭和21年に設立された腐敗研究所を起源とし、平成9年に国内で唯一の病原真菌とそれによる感染症研究に特化した公的研究センターとして発足しました。病原真菌による感染症は、高齢者や白血病・免疫不全疾患などの免疫抵抗力の弱い患者に起こる日和見感染症や、海外からの高度病原性真菌による輸入感染症などが知られ、超高齢化・国際化が進む近年の日本において大きな社会問題になっています。当センターでは、病原真菌を中心とした病原体研究、それらによる感染症の臨床研究、宿主免疫応答研究などを行うことにより、感染症征圧を目指した研究活動を推進しています。また、共同利用・共同研究拠点として国内外の研究機関との共同研究を積極的に行うと共に、ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)「病原真核微生物」の中核機関として国内外の関連研究の推進に貢献しています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


病原微生物のゲノム解析

病原真菌を含む病原微生物のゲノム解析を精力的に展開しています。その一環として、皮膚におけるアレルギー性の慢性炎症性疾患の増悪因子である黄色ブドウ球菌268株の全ゲノム解析を進めました。アトピー性皮膚炎は、先進国では15-30%の子供が罹患しています。90%以上のアトピー性皮膚炎患者から、黄色ブドウ球菌が検出される一方で、健常人皮膚からはほとんど検出されていません。本研究では、千葉大学医学部小児科、皮膚科、米国ミシガン大と共同で、出生コホート研究で採取された乳児期に長期間生着し続けるクローンの解析により、アトピー性皮膚炎児での黄色ブドウ球菌の皮膚生着機構として、Agrクオラムセンシングシステムの機能を介して皮膚生着に寄与することを見出しました。さらに、健常皮膚の乳児では、Agrクオラムセンシングシステム領域に機能喪失型の変異が生じ、黄色ブドウ球菌が排除されることが示唆されました。本研究成果は、2020年に国際誌であるScience Translational Medicine (IF: 16.30)に掲載されました。

社会との連携


■地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)「薬剤耐性真菌検出のための新規検査法の開発とブラジルにおける疫学調査等への応用」の推進により、現地の医療発展への貢献を行っています。

■「長崎大学熱帯医学研究拠点特定領域共同研究」において、ケニアなどの熱帯地域での病原真菌・放線菌の地域特異性を解析することにより、現地の医療発展への貢献を行っています。

■全国の医療機関から真菌症の診断・治療に関する相談や検査の依頼を受け付け、我が国唯一の真菌症リファレンスセンターとしての役割を担っています。また、P3実験室を有し、高度病原菌にも対応可能な体制を整備しています。

■感染症研究グローバルネットワークフォーラム」を年1回開催し、国内外の感染症研究者のネットワーク形成を目指した活動を行っています。しかし、2021年度は、新型コロナウイルス感染症への対応のため中止となりました。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80