研究所・研究センター一覧

千葉大学真菌医学研究センター

Medical Mycology Research Center, Chiba University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
笹川 千尋
Sasakawa, Chihiro
キーワード
病原真菌・放線菌、臨床感染症、免疫、病原真菌・放線菌バイオリソース
住所
〒260-8673
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
病原真菌などによる感染症制圧を目指して

真菌医学研究センターは、昭和21年に設立された腐敗研究所を起源とし、平成9年に国内で唯一の病原真菌とそれによる感染症研究に特化した公的研究センターとして発足しました。病原真菌による感染症は、高齢者や白血病・免疫不全疾患などの免疫抵抗力の弱い患者に起こる日和見感染症や、海外からの高度病原性真菌による輸入感染症などが知られ、超高齢化・国際化が進む近年の日本において大きな社会問題になっています。当センターでは、病原真菌を中心とした病原体研究、それらによる感染症の臨床研究、宿主免疫応答研究などを行うことにより、感染症征圧を目指した研究活動を推進しています。また、共同利用・共同研究拠点として国内外の研究機関との共同研究を積極的に行うと共に、ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)「病原真核微生物」の中核機関として国内外の関連研究の推進に貢献しています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


病原真菌・放線菌の収集、保存、分譲-いかなる感染症にも備えて

NBRP「病原真核微生物」では、 今後いかなる真菌感染症が起ってもそれに対応できる病原株コレクションを目指しています。そのために (1) 基準株(あるいは標準株)の充実、(2) クラス 2、3 の高度病原菌、 (3) これまで感染例の報告のある全ての菌種、さらには、(4) 感染症の動向調査や薬剤開発のために必要となる新鮮な臨床分離株等を収集・保存・提供、また、個々の菌株においては、質的向上を図るために、(5) 重要な菌株の遺伝子配列を決定し、最新の菌学的性状、分離株の臨床情報等をデータベースとして整備、公開しています。
上記目的達成のため、臨床情報が付加された直近の5年間に臨床検体から分離された菌株を医療機関と連携して重点的に収集しています。これらの菌株は新規薬剤の評価、真菌症の動向調査などを目的として、利用価値が非常に高いものです。また、医療機関との連携の一環として、病原真菌・放線菌の基礎技術の実習を中心とした講習会を年1回開催しています。加えて医療機関に対する真菌症起因菌の同定、薬剤感受性の測定、症例報告のサポートなどを実施することにより、臨床分離株を収集できる良好な関係の構築を心掛けています。特にアスペルギルス症起因菌として最重要なAspergillus fumigatus のアゾール耐性菌株の収集は継続的に行っています。
最近の新たな取り組みとして、遺伝子組換え体の受け入れ体制を整備し、注目される論文で使用された組換え株の保存、分譲を始めました。さらに、近年欧州でテルビナフィン耐性の白癬菌が問題となっていますが、それらの菌株を入手するとともに、国内の白癬菌の耐性について調査を開始しました。
これらの菌株は、新規薬剤の評価、真菌感染のメカニズムの解明などに利用されています。

社会との連携


■地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)「薬剤耐性真菌検出のための新規検査法の開発とブラジルにおける疫学調査等への応用」の推進により、現地の医療発展への貢献を行っています。

■「長崎大学熱帯医学研究拠点特定領域共同研究」において、ケニアなどの熱帯地域での病原真菌・放線菌の地域特異性を解析することにより、現地の医療発展への貢献を行っています。

■全国の医療機関から真菌症の診断・治療に関する相談や検査の依頼を受け付け、我が国唯一の真菌症リファレンスセンターとしての役割を担っています。また、P3実験室を有し、高度病原菌にも対応可能な体制を整備しています。

■感染症研究グローバルネットワークフォーラム」を年1回開催し、国内外の感染症研究者のネットワーク形成を目指した活動を行っています。2020年度は、『真菌感染症研究とマイクロバイオーム研究』をメインテーマにして、国内外の著名な研究者を招聘して2021年1月8日〜1月9日に開催します。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80