研究所・研究センター一覧

千葉大学環境リモートセンシング研究センター

Center for Environmental Remote Sensing, Chiba University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
安岡 善文
Yasuoka, Yoshifumi
キーワード
リモートセンシング、地理情報、大気環境、陸域環境、食糧生産、気候変動
住所
〒263-8522
千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33
リモートセンシング研究のアジアのハブとして

衛星によるリモートセンシングは、広域の地球環境を同時に、かつ繰り返して観測できるため、地球環境のモニタリングにおいて必須の技術となっています。環境リモートセンシング研究センター(CEReS:セレス)は、1995年に設立され、次の三つのミッションを持って研究活動を行っています。

  1. リモートセンシングに関する先端的な研究を行うこと
  2. リモートセンシングデータを用いて地球表層環境変動研究を発展させること
  3. リモートセンシングを社会に役立てる研究を行うこと

CEReSは他の研究機関と積極的に連携して共同研究を行い、衛星データ・地上観測データ・地理空間データを公開・共有することを通じてリモートセンシング研究の発展に貢献しています。また、アジア諸国との共同研究ならびにリモートセンシング研究者の育成にも力を注いでいます。

平成27年度の研究活動内容及び成果


小型衛星搭載用円偏波合成開口レーダの開発

小型で軽量の円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)の開発を完了し、このセンサを搭載した小型衛星の2年後打ち上げを目標として準備中です。この一環として、小型衛星管制用地上局(図1)を設置しました。また、大型無人機と航空機にCP-SARを搭載した実験(図2)も行っています。

その他の研究活動の例を以下に示します。

  • 衛星観測・地上観測を融合利用し、2015年12月までの東アジアにおける大気汚染物質(エアロゾル、窒素酸化物)の大気中濃度等の長期変動傾向を定量化するとともに、その要因を考察しました。
  • エアロゾル・雲・放射の国際地上リモートセンシング観測ネットワーク (SKYNET)の枠組みを活用し、SKYNETおよび他の国際ネットワーク(AERONET, GAW-PFR)の主力機材による同時連続観測を開始する等、国際連携を強化しました。
  • 日本が打ち上げる次期地球観測衛星GCOM-C1で植生を観測するための地上検証システムを開発し、この衛星プロジェクトにかかわる若手人材育成のフレームワーク構築を進めています。
図1:小型衛星管制用地上局

図1:小型衛星管制用地上局

図2:円偏波合成開口レーダ搭載の大型無人機の実験

図2:円偏波合成開口レーダ搭載の大型無人機の実験

社会との連携


ひまわり8号データのアーカイブ・公開

天気予報に使われる“ひまわり8号”は、7号までの静止気象衛星に比べ、品質が格段に向上したデータを提供します。CEReSではこのデータを研究者はもとより一般の方にも自由に使えるアーカイブシステムを構築し、公開しています。
(http://www.cr.chiba-u.jp/japanese/database.html)。

Fig20_08

高校生・小学生への研究紹介

高校生や小学生向けに最先端のリモートセンシング研究をわかり易く紹介するイベントを行っています。

図3:高校生向けの研究紹介

図3:高校生向けの研究紹介

図4:小学生向けの研究紹介

図4:小学生向けの研究紹介

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80