研究所・研究センター一覧

千葉大学環境リモートセンシング研究センター

Center for Environmental Remote Sensing, Chiba University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
安岡 善文
Yasuoka, Yoshifumi
キーワード
リモートセンシング、地理情報、大気環境、陸域環境、気候変動、モデル統合
住所
〒263-8522
千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33
リモートセンシング研究のアジアのハブとして

衛星によるリモートセンシングは、広域の地球環境を同時に、かつ繰り返して観測できるため、地球環境のモニタリングにおいて必須の技術となっています。環境リモートセンシング研究センター(CEReS:セレス)は、1995年に設立され、次の三つのミッションを持って研究活動を行っています。

  1. リモートセンシングに関する先端的な研究を行うこと
  2. リモートセンシングデータを用いて地球表層環境変動研究を発展させること
  3. リモートセンシングを社会に役立てる研究を行うこと

CEReSは他の研究機関と積極的に連携して共同研究を行い、衛星データ・地上観測データ・地理空間データを公開・共有することを通じてリモートセンシング研究の発展に貢献しています。また、アジア諸国との共同研究ならびにリモートセンシング研究者の育成にも力を注いでいます。

平成28年度の研究活動内容及び成果


小型衛星搭載用円偏波合成開口レーダの開発

小型で軽量の円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)を搭載した小型衛星の2年後打ち上げを目標として準備中です。この一環として、小型衛星管制用地上局(図1)を設置し、大型無人機と航空機にCP-SARを搭載した実験(図2)も行いました。国内外の研究機関や企業とも協力し、メッシュアンテナや送受信機を製作し、同時に衛星に搭載する電子密度電子温度プローブとともに性能試験を進めています。

その他の研究活動の例を以下に示します。

  • エアロゾル・雲・放射の国際地上リモートセンシング観測ネットワーク (SKYNET)の枠組みを活用し、他の国際ネットワーク(AERONET, GAW-PFR)を含めた国際連携を進めるとともに、ひまわり8号データに関する全天日射量・エアロゾル・雲プロダクトの検証研究にも着手しました。
  • 東南アジアにおける気候変動に適応した食料安全保障と食料生産基盤の向上を目指し、衛星リモートセンシングデータを活用した農業保険の構築に関するプログラムをSATREPSの枠組みで開始しました。

図1:小型衛星管制用地上局

図1:小型衛星管制用地上局

円偏波合成開口レーダ搭載の大型無人機の実験

円偏波合成開口レーダ搭載の大型無人機の実験

社会との連携


静止気象衛星ひまわり8号のデータアーカイブ・公開

天気予報に使われる“ひまわり8号”は、7号までの静止気象衛星に比べ、品質が格段に向上したデータを提供します。CEReSでは、ひまわり8号の精密幾何補正済みデータを研究者はもとより一般の方にも自由に使えるアーカイブシステムとして構築し、公開しています。
(http://www.cr.chiba-u.jp/japanese/database.html)

図3: ひまわり8号データの精密幾何補正

図3: ひまわり8号データの精密幾何補正

気候変動に関するバーチャルラボラトリー(VL)講習会

当センターが東大・東北大・名古屋大のセンターと共同して実施している気候変動に関するVL活動の一環として、講習会「日本の地球観測衛星を知ろう」を千葉大学で開催しました。地球気候系に関心のある学部学生や大学院生が多数参加し、講演及び講習が行われました(図4)。

図4:気候変動に関するVL講習会の様子(平成28年9月、千葉大学)

図4:気候変動に関するVL講習会の様子(平成28年9月、千葉大学)

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80