研究所・研究センター一覧

北海道大学北極域研究センター

Arctic Research Center、 Hokkaido University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
深町 康
Fukamachi, Yasushi
キーワード
北極域、大気圏・水圏、陸圏、雪氷圏、環境工学、人文社会科学、衛星観測・モデリング
住所
〒001-0021
北海道札幌市北区北21条西11丁目
北極域の持続可能な開発・利用・保全の推進

北極圏とその周辺域(北極域と呼びます)は、地球温暖化の影響をもっとも顕著に受ける地域の一つと言われています。事実、過去35年間で夏季の海氷面積が3分の2程度に減少する海氷後退が観察されています。こういった現象は、北極域の気候や生態系に影響を及ぼすだけではなく、水や大気の循環を通じて地球規模の変異を起こす可能性があります。一方で、資源開発の活発化や北極海の航路としての活用など、北極域の環境変動は、新たな利権を生み出す側面も持っています。したがって、北極域は、環境問題にとどまらず、政治や経済面での数多くの問題に直面している地域と言えます。
センターのビジョンは、北極域の持続可能な開発・利用・保全の推進に寄与することで、次の3つのミッションを掲げています。
①北大の特色を生かした北極域のフィールド研究の推進と国際ネットワークの拡大
②異分野連携による超学際的北極域研究の創出
③社会・産業構造変革を創造するための産学官プラットフォームの構築

令和元年度の研究活動内容及び成果


気候変動による魚種の消失に対するガバナンスの課題

従来の漁業管理では適切な管理の下では漁業資源が永久に再生可能であるとみなされていましたが、永続的な漁業資源の行方は多くの国々にとって将来的に共通の問題で、海洋ガバナンスと境界を越えた資源管理についての新たな課題となっています。本研究では、排他的経済水域における商業的な魚種の気候変動による将来予測を行い、その結果を、現在の国際的な合意と気候変動ポリシーの観点から論じました(Nature Sustainabilityに掲載)。

気候変動により2100年までに各国の経済水域から消失する魚種数の予測。IPCCによる中位安定シナリオ(上)と最大排出量に対応するシナリオ(下)の場合。

気候変動により2100年までに各国の経済水域から消失する魚種数の予測。IPCCによる中位安定シナリオ(上)と最大排出量に対応するシナリオ(下)の場合。

 

音響学的手法による氷河中の融解水の流動パターンの解明

グリーンランド北西部の氷河における観測において、氷河研究に音響学的手法を用いることのポテンシャルを示し、氷河中の融解水の異なる流動パターンを音響シグナルから明らかにしました(Geophysical Research Lettersに掲載)。この研究はアメリカ地球物理学連合のニュースレターEOSでもハイライトされ、この手法が未知の部分が多い氷河中のプロセスについての理解を大きく進めるものだと評されました。

氷河の三つの主要な音源の写真:クレバス(左)、氷河上に融解水が溜まった池(右上)、氷河中の管状の穴(右下)。

氷河の三つの主要な音源の写真:クレバス(左)、氷河上に融解水が溜まった池(右上)、氷河中の管状の穴(右下)。

 

社会との連携


「これからの日本の北極政策の展望」(研究者による政策決定者向けの報告書)を刊行

本報告書は、平成27年度から令和1年度まで実施された文部科学省補助金事業「北極域研究推進プロジェクト (ArCS)」における人文社会学系の研究成果について、北極域の持続的な発展に資する知見を政策決定者向けに発信することを目的としてまとめられた。

報告書の表紙

報告書の表紙

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80