研究所・研究センター一覧

北海道大学遺伝子病制御研究所

Institute for Genetic Medicine, Hokkaido University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
村上 正晃
Murakami, Masaaki
キーワード
感染癌、免疫学、微生物病、腫瘍、炎症、基礎医学、生命科学
住所
〒060-0815
北海道札幌市北区北15条西7丁目
北海道から世界へ―感染癌と周辺領域研究を通じて生命医科学に新しいコンセプトを切り拓くために

北海道大学遺伝子病制御研究所は、歴史的に結核研究所(後の免疫科学研究所)と医学部附属癌免疫病理研究施設が融合して、「遺伝子の異常が関わるヒト疾患の病因、病態解明およびその予防・治療法の開発」を共通の目標として掲げ、2000年に設置された。病因、病態、疾患制御の3大研究部門に渡る11の研究分野と動物実験施設、感染癌研究センターの2附属施設、さらに1つの寄附研究部門とフロンティア研究ユニット2つを加えた計16の研究室ユニットから構成される。2010年からは「細菌やウイルスの持続性感染により発生する感染癌の先端的研究拠点」として文部科学省「共同利用・共同研究拠点」の1つに認定された。そのため、本研究所では、感染癌とその周辺領域研究(微生物病や免疫・炎症、腫瘍の病因や病態など)の基礎医学研究を通じて、これら疾患の予防、治療へつながる新規の遺伝子、分子基盤を見出すことを目標に研究活動を実施している。これらの研究を通じて、北海道から世界へ―国際的に活躍できる若手研究者の育成に積極的に取り組み、北海道大学独自のフロンティア精神をもって立ち止まることなく、真に独創的な切り口で、生命医科学に新しいコンセプトを切り拓くことを目指している。

平成29年度の研究活動内容及び成果


「病は気から」の分子メカニズムの解明

私たちの研究所では、寝不足や心地悪い環境によって生じるストレスで神経が活性化されることで、脳内の2箇所の特定血管に免疫細胞が侵入し、微少炎症が発生する新しい「ゲートウェイ反射」を発見しました。この血管部の微少炎症は、ATPの産生を介して、通常は非活性型の神経回路を活性化し、消化管や心臓の機能不全を引き起こすことで、病気や突然死を発生させます。この発見は、ストレスが臓器の機能不全を引き起こす理由を示す世界で初めてのものであり、「病は気から」の分子メカニズムの一端を明らかにするものです。今後は、ヒトにて、脳内に微少炎症を引き起こす免疫細胞:「病原性CD4+T細胞」の有無を調べることで、ストレス性疾患や突然死のなりやすさを予測したり、発症原因が不明で治療法のない中枢神経系の病気の発症メカニズムの解明に繋がることを期待します。

ストレスゲートウェイ反射

ストレスゲートウェイ反射

 

社会との連携


広い世代を対象とする研究コミュニケーションの場を提供する研究所を目指して

本研究所では、その歴史的な背景を踏まえ、感染癌とその周辺領域の「免疫、癌、感染、炎症など」の研究に主眼を置いた基礎医学的な研究成果を通じて、感染癌を含む疾患の予防法、治療法を社会に還元することが大きな目標です。具体的には、感染癌の発生機序、各種微生物感染症、免疫異常や炎症性疾患、がんなどの難治性疾患の基礎医学研究を推進しています。
本研究所の具体的な研究活動を学生や市民の皆さんに詳しく知っていただくため、平成29年度は、大学祭に併せて所内一般公開を実施し、生命科学の実験・観察体験やサイエンストークなどを行い、数百人の一般来場者がありました。また、近隣の高校生はもとより、海外の高校生を対象とした所内見学会、小学生やその保護者を対象とした「北大こども研究所2018」の開催、さらに幼稚園への出張授業など、研究所で実施している研究を広く社会に対して発信しました。
このように社会との連携において“幼稚園児から年長者まで”非常に広い世代を対象とする研究コミュニケーションの場を提供しており、北海道唯一の基礎医学研究を志向する研究所であり続けています。

一般公開時のサイエンストークの一例

一般公開時のサイエンストークの一例

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80