研究所・研究センター一覧

北海道大学触媒科学研究所

Institute for Catalysis, Hokkaido University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
朝倉 清高
Asakura, Kiyotaka
キーワード
触媒、表面化学、電極表面、光触媒、炭素資源変換、有機材料、高分子、触媒理論化学、実用化基盤技術開発
住所
〒001-0021
北海道札幌市北区北21条西10丁目

本研究所は触媒科学に関する研究を行うとともに、この分野の研究に従事するものの利用に供することを目的として平成元年に設置された。現在、技術革新をもたらすための基礎研究と幅広い領域における展開研究を進めている。研究テーマとしては、触媒表面の構造決定、表面分光法による機構解明、電極表面、光触媒、資源高度利用、有機半導体、バイオマス変換、らせん高分子合成、複雑分子系の理論・計算化学、不斉合成、燃料電池、グリーン化学などがあり、それぞれの分野で多くの成果を上げている。平成22年度からは触媒研究拠点として認定され、研究者コミュニティの支援のために公募型の共同利用・共同研究を推進するとともに、日本の優れた触媒研究を海外に情報発信する活動も行っている。さらに、産業界との共同研究強化のため、研究開発部門による活動が行われている。また、Catalyst informatics事業も開始した。

平成27年度の研究活動内容及び成果


超高速X線分光による光触媒の電子移動と構造解明

触媒科学研究所はエネルギー・資源循環に関わる触媒の研究を精力的に行っている。平成27年度の成果として、X線自由電子レーザを用いた超高速X線分光による光触媒の電子移動と構造解明がある。この研究において、100fsという超高速の電子移動過程とそれに伴う光触媒の局所構造変化を追跡することに成功した。これにより、矛盾していた光吸収過程に伴う光触媒の電子構造変化を明らかにするとともに、光触媒の機能解明に必要な新しい手法を開発した。

Fig4_01

社会との連携


研究討論会の開催と触媒体験の機会提供、国際情報発信事業

本研究所では、研究成果の社会還元・情報発信を目的として、毎年、国際シンポジウムを開催している。平成27年度は改組記念行事と併せて10月13~15日に北海道大学において実施され、200名近くの参加があった。またマドリードにおいて情報発信型シンポジウムを行い、日本の有機触媒化学の最先端研究を紹介し100名の参加者があった。加えて、12月24日には東京で理化学研究所・環境資源科学研究センター、産業技術総合研究所・触媒化学融合研究センターとの連携の下「キャタリストインフォマティクス」をコンセプトとした合同シンポジウムを開催し、165名の参加があった。

この他に、高校生を対象として研究を紹介する「ACADEMIC FANTASISTA 2015 夏休み特別講義」、化学連合や触媒学会などとともに触媒を体験できる機会(対象者は小学生から一般市民)や1日体験入学(高校生)、高度実践研修プログラム(企業研究員、高校教員)を実施している。

Fig4_02

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80