研究所・研究センター一覧

北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター

Research Center for Zoonosis Control, Hokkaido University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
鈴木 定彦
Suzuki, Yasuhiko
キーワード
人獣共通感染症、予防・診断・治療法の開発、グローバルサーベイランス、アジア・アフリカ、One Health
住所
〒001-0020
北海道札幌市北区北20条西10丁目
人獣共通感染症の克服に向けた全地球規模の活動

当センターは、平成17年4月の設置以来、人獣共通感染症病原体の自然宿主と伝播経路の解明、宿主域と病原性の分子基盤の解明、出現予測、診断・予防・治療法の開発を目指して、全地球規模で疫学研究活動を展開すると共に、基礎・応用研究を推進しております。また、人獣共通感染症の対策に向けて、科学的見地に基づき、人獣共通感染症克服のための方策を、国際機関、政府および関連機関に提言しています。教育面では、北海道大学One Healthフロンティア卓越大学院プログラムと連携して、人獣共通感染症対策専門家の育成に取り組んでいます。

当センターは、平成22年4月に文部科学大臣より共同利用・共同研究拠点として認定され、また、平成23年11月には世界保健機関(WHO)よりコラボレーティングセンターとして指定され、その活動も推進しています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


新規病原体を発見

ザンビア共和国において初めて回帰熱患者を発見し,その患者の血液から,新種のボレリアを発見しました。これに加えて,患者が感染したとみられる地域のコウモリ,並びにダニより当該ボレリアを高頻度に発見したことから,コウモリが自然宿主であり,ダニが媒介昆虫となっている可能性を示しました。

全国規模で院内感染を引き起こしている菌株を同定

通常は下痢・嘔吐を伴う比較的軽い食中毒を引き起こすのみのセレウス菌の中に院内感染により重篤な腸管外感染症を引き起こすものを見出し,その全遺伝子解析により,日本全国に広がって院内感染を引き起こしている事を明らかにしました。

感染症を数理生物学的に解析

大阪で発生したノロウイルスのアウトブレイクを数理生物学的に解析して,ウイルス株が次々と入れ替わっているためにアウトブレイクが起こっている事を明らかにしました。

 

社会との連携


ザンビア共和国政府機関との包括的な覚書を締結

当センターは,ザンビア共和国における人獣共通感染症対策を強力に推し進めるため,保健省管轄国立公衆衛生局、結核・ハンセン病対策プログラム、観光・芸術省管轄国立公園野生動物局、漁業・畜産省管轄中央獣医研究所、Africa Centre of Excellence for Infectious Diseases of Humans and Animals (ACEIDHA)、並びにザンビア大学と人獣共通感染症対策に資する共同活動に関する包括的な覚書を締結しました。本覚書締結により、当センターとザンビア共和国との人獣共通感染症対策における協力関係が一層強固なものになりました。

 

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80