研究所・研究センター一覧

北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター

Research Center for Zoonosis Control, Hokkaido University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
鈴木 定彦
Suzuki, Yasuhiko
キーワード
人獣共通感染症、予防・診断・治療法の開発、グローバルサーベイランス、アジア・アフリカ、One Health
住所
〒001-0020
北海道札幌市北区北20条西10丁目
人獣共通感染症の克服に向けた全地球規模の活動

北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターは平成17年4月に設置されました。以来、人獣共通感染症病原体の自然宿主と伝播経路の解明、宿主域と病原性の分子基盤の解明、出現予測、診断・予防・治療法の開発を目指して、全地球規模で疫学研究活動を展開すると共に、基礎・応用研究を推進しております。教育面では、博士課程リーディングプログラムと連携して、Zoonosis Control Expert (人獣共通感染症対策専門家)の育成に取り組んでいます。

当センターは、平成22年4月に文部科学大臣より共同利用・共同研究拠点として認定され、また、平成23年11月には世界保健機関(WHO)よりCollaborating Centre for Zoonoses Controlとして指定されました。人獣共通感染症の対策に向けて、科学的見地に基づき、人獣共通感染症克服のための方策を、国際機関、政府および関連機関に提言し、One World, One Health理念を具現することを目指しています。

平成29年度の研究活動内容及び成果


狂犬病ウイルスの細胞内侵入機構の解明

狂犬病ウイルス(RABV)は、狂犬病に罹患した動物の咬傷により体内に侵入し、中枢神経系に到達すると致死的な神経症状を惹起します。狂犬病発症患者に対する有効な治療法は確立しておらず、またRABVの細胞内侵入機構は不明な点が多く残されています。
当センターでは、これまで不明であったRABVの吸着因子の一つがヘパラン硫酸であることを明らかにしました。本研究で得られた成果を応用することで、RABVの細胞内侵入を阻害する新たな狂犬病治療薬の開発が期待できます。

エボラ出血熱の迅速診断法の開発と実用化

ザイールエボラウイルスの核蛋白質NPに対するモノクローナル抗体を用いて、企業と共同でエボラ出血熱の迅速診断キットを開発しました。本キットは、コンゴ民主共和国の国立生物医学研究所(INRB)で、エボラ出血熱疑い患者の診断に補助的に用いられ、2017年5月にコンゴ民で実際にエボラ出血熱が発生した際には、流行初期の患者5例に試験的に使用され、2例の陽性例を検出しました。

検査や診断の技術能力を証明する国際規格の認定

当センターは2004年より国際獣疫事務局(OIE)の鳥インフルエンザレファレンスラボラトリーに指定されており、OIEおよび国際連合食糧農業機関(FAO)の活動を通じ、鳥インフルエンザの制圧に向けて、アジア地域のみならず全世界的に貢献しています。具体的には、1) OIEとFAOが協働して設立した動物インフルエンザ制圧のための作業部会(OFFLU)への参画およびプロジェクトの推進、2)アジア地域における鳥インフルエンザ診断およびワークショップを通じた技術向上支援、3)ウイルス株および遺伝子情報の提供、4)国内外からの若手研究者および技術員の積極受け入れによる人材教育の実施、などが挙げられます。平成29年度には、OIEリファレンスラボラトリーとしての要件を満たすために、鳥インフルエンザ診断に関するISO17025を2017年に取得しました。

人獣共通感染症対策専門家の養成

博士課程教育リーディングプログラムと連携して、人獣共通感染症の予防・制圧に向けた研究遂行能力に加え、国内外の行政機関に対して、科学的見地から人獣共通感染症対策の助言と指導にあたるとともに、人獣共通感染症の発生現場に赴き、その流行予防・制圧対策の立案と実施の指揮を執る、人獣共通感染症対策専門家 (Zoonosis Control Expert; ZCE)を育成しています。平成29年度は、外国人6名を含む、計10名をZCEとして認定しました。

狂犬病ウイルスの細胞内侵入機構を解明エボラ出血熱の迅速診断法の開発と実用化鳥インフルエンザ診断に関するISO17025を取得

社会との連携


情報発信・広報活動等

北海道大学の大学祭に併せて、平成28年6月3日(土)創成研究機構の一階エントランスホールに「人獣共通感染症の克服を目指して」と題した展示ブースを出展しました。インフルエンザ、エボラウイルス病、アフリカ眠り病などの人獣共通感染症について、パネルを用いて解説しました。顕微鏡2台を持ち込み、インフルエンザウイルスおよびウエストナイルウイルスの感染細胞、ツェツェバエ、ダニ、蚊の顕微鏡観察を行いました。北海道大学の大学祭の期間中であり、一般市民236名が当展示ブースに訪れました。また、平成30年1月20日(土)に北海道大学農学部講堂において「感染症の克服に向けて」と題した市民公開講座を、感染症研究教育拠点連合、東京大学医科学研究所、大阪大学微生物病研究所、長崎大学熱帯医学研究所と共催で開催しました。東京大学から 一戸猛志准教授、大阪大学から飯田哲也教授、長崎大学から長谷部太教授、北海道大学から鈴木定彦教授が感染症に関する最新の知見を解説しました。市民公開講座には、一般市民93名が参加しました。その他、高校生の見学ツアーを開催すると共に、道民カレッジ連携講座において講演感染症について講演しました。

重要会議の誘致・主催

世界保健機構が主催している薬剤耐性菌監視プロジェクト参加国を一堂に集めて、「Global workshop to strengthen the integrated surveillance of AMR in the food chain through AGISAR pilot projects by taking a One Health approach」を開催し、各国における薬剤耐性菌の現状と対策について議論しました。また、アジア地域における鳥インフルエンザの制御および対策強化のための地域会議「OIE Regional Expert Group Meeting for the Control of Avian Influenza in Asia」を共催しました。

情報発信・広報活動等重要会議の誘致・主催

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80