研究所・研究センター一覧

北海道大学人獣共通感染症国際共同研究所

International Institute for Zoonosis Control
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
鈴木 定彦
Suzuki, Yasuhiko
キーワード
人獣共通感染症、予防・診断・治療法の開発、グローバルサーベイランス、アジア・アフリカ、One Health
住所
〒001-0020
北海道札幌市北区北20条西10丁目

平成17年4月人獣共通感染症リサーチセンターとして活動を開始して以来、人獣共通感染症病原体の自然宿主と伝播経路の解明、宿主域と病原性の分子基盤の解明、出現予測、診断・予防・治療法の開発を目指して、地球規模で疫学研究活動を展開すると共に、基礎・応用研究を推進しています。また、人獣共通感染症の対策に向けて、科学的見地に基づき、人獣共通感染症克服のための方策を、国際機関、政府および関連機関に提言しています。教育面では、北海道大学One Healthフロンティア卓越大学院プログラムと連携して、人獣共通感染症対策専門家の育成に取り組んでいます。令和3年4月よりは、人獣共通感染症リサーチセンターを基盤として組織を充実させた3ユニットから成る人獣共通感染症国際共同研究所としてスタートしました。

令和2年度の研究活動内容及び成果


新型コロナウイルス感染症対策に関わる研究開発

産業創出部門「シオノギ 抗ウイルス薬研究部門」において新型コロナウイルス感染症に対する治療薬開発に特化した産学共同研究を推し進めています。また、日本医療研究開発機構の令和2年度 「新興・再興感染症研究基盤創生事業(海外拠点活用研究領域)新型コロナウイルス感染症に関する研究」において「アフリカにおける新型コロナウイルス感染症対策の確立に向けた研究」が採択になり、ザンビアでの新型コロナウイルス感染症研究を推進しています。

クライオ電子顕微鏡の導入

生の病原体と低分子化合物や抗体等の蛋白質の相互作用を詳細に観察することを目的として、バイオセーフティー・レベル3 実験室への最新型クライオ電子顕微鏡の導入を完了しました。

社会との連携


新型コロナウイルス感染症対策に関わる情報発信

東京大学医科学研究所、大阪大学微生物病研究所、並びに長崎大学熱帯医学研究所と構築している感染症研究教育拠点連合における新型コロナウイルス 感染症への対応に関する情報を共有するためのウエブサイトを開設した。http://www.biken.osakau.ac.jp/jupitre/

国際連携の推進

国際機関である世界保健機関(WHO)、国際獣疫事務局(OIE)、国連食糧農業機関(FAO)をはじめとして、海外の30以上の機関とウイルス、細菌および原虫感染症の基礎および診断・予防の研究において様々な共同研究を展開するなど、人獣共通感染症における世界的拠点としての機能を果たしています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80