研究所・研究センター一覧

北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター

Research Center for Zoonosis Control, Hokkaido University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
鈴木 定彦
Suzuki, Yasuhiko
キーワード
人獣共通感染症、予防・診断・治療法の開発、 グローバルサーベイランス、アジア・アフリカ、One Health
住所
〒001-0020
北海道札幌市北区北20条西10丁目
人獣共通感染症の克服に向けた全地球規模の活動

北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターは平成17年4月に設置されました。以来,人獣共通感染症病原体の自然宿主と伝播経路の解明,宿主域と病原性の分子基盤の解明,出現予測,診断・予防・治療法の開発を目指して,全地球規模で疫学研究活動を展開すると共に,基礎・応用研究を推進しております。教育面では,博士課程リーディングプログラムと連携して,Zoonosis Control Expert (人獣共通感染症対策専門家)の育成に取り組んでいます。

当センターは,平成22年4月に文部科学大臣より共同利用・共同研究拠点として認定され,また,平成23年11月にはWHO よりCollaborating Centre for Zoonoses Controlとして指定されました。人獣共通感染症の対策に向けて,科学的見地に基づき,人獣共通感染症克服のための方策を,国際機関,政府および関連機関に提言し,One World, One Health理念を具現することを目指しております。

平成27年度の研究活動内容及び成果


ザンビア拠点でのエボラ出血熱の診断と対策に貢献

エボラ出血熱(エボラウイルス病)の発生は,コンゴ民主共和国,コンゴ共和国,スーダン,ガボン,ウガンダ,コートジボアール等のアフリカ諸国で散発的に報告され続けています。2014年に西アフリカで発生したエボラ出血熱は過去に例を見ない大きな流行となり,発生地以外の近隣アフリカ諸国にも感染が拡大しました。WHOの緊急事態宣言以降,日本を含め世界各国でウイルスの侵入・拡散防止対策が強化される中,人獣共通感染症リサーチセンターはザンビア政府が設置したエボラウイルス病対策委員会によりザンビア国内唯一の同病の検査診断機関に指定され,感染疑い患者の検体のエボラウイルス遺伝子診断および迅速診断キットの開発を行いました。

結核菌LAMP法により簡便な牛乳のウシ型結核菌汚染検査が可能に

結核菌を特異的に吸着するTBビーズと等温遺伝子増幅法の一つであるLAMP法を組み合わせて安価で迅速かつ簡便な牛乳中のウシ型結核菌の検出を可能にしました。この方法を使う事によって,開発途上国で問題になっているウシ型結核菌によって汚染された牛乳やそれを原料として作られたチーズ等の摂食によって起こるヒトの感染症を減らす事が出来ます。

人獣共通感染症対策専門家の養成

博士課程教育リーディングプログラムと連携して,大学院生および社会人10名を人獣共通感染症対策専門家(Zoonosis Control Expert)として認定しました。

社会との連携


OIE ,WHO, FAOの合同ワークショップを開催

平成27年10月にはOIE ,WHO, FAOの開催協力のもと,北海道大学・人獣共通感染症リサーチセンターにおいて,The 6th Asia-Pacific Workshop on Multi-Sectoral Collaboration for the Prevention and Control of Zoonosesを開催しました。24カ国の14機関より,計79名が参加しました。

大学祭において市民向け展示ブースを出展

北海道大学の大学祭に併せて,平成27年6月6日(土)創成研究機構の一階エントランスホールに「人獣共通感染症の克服を目指して」と題した展示ブースを出展しました。インフルエンザ,エボラウイルス病,アフリカ眠り病などの人獣共通感染症について,パネルを用いて解説しました。顕微鏡2台を持ち込み,インフルエンザウイルスおよびウエストナイルウイルスの感染細胞,ツェツェバエ,ダニ,蚊の顕微鏡観察を行いました。北海道大学の大学祭の期間中であり,一般市民169名が当展示ブースに訪れました。

市民向け展示ブースの様子

市民向け展示ブースの様子

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80